AKB48劇場新公演は久保怜音と小栗有以のWセンター 「次世代の前田敦子と大島優子」と期待される二人 | GirlsNews

AKB48劇場新公演は久保怜音と小栗有以のWセンター 「次世代の前田敦子と大島優子」と期待される二人

AKB48グループ アイドルユニット/グループ ニュース 音楽
あおきープロデュース『世界は夢に満ちている』ゲネプロより
あおきープロデュース『世界は夢に満ちている』ゲネプロより

AKB48劇場の新公演『世界は夢に満ちている』が16日に初日を迎え、公開ゲネプロのあとに行われた囲み取材に、山内瑞葵、村山彩希、久保怜音、小栗有以、谷口めぐ、長久玲奈、そして、この公演をプロデュースした青木宏行氏が出席した。

同公演は、『FLASHスペシャル』(光文社)の編集長を務める青木氏が、AKB48の次世代となる若手メンバーを中心にプロデュースした新公演。16期生を含む平均年齢16歳のフレッシュな顔ぶれとなっている。「愛と夢」をテーマにしたセットリストは青木氏が“神曲”と愛する『LOVE修行』を始め、SKE48や、チーム8からの曲も含む幅広い楽曲で構成されている。

劇場公演では初となるWセンターに久保怜音と小栗有以を推した青木氏は二人を「次世代の前田敦子と大島優子」とアピールした。公演で唯一、ソロ曲を与えられている小栗さんは「この公演でもっともっと成長して、先輩方を超えられるように自信と実力をつけたい」と意気込んだ。

公演のキャプテンを務める村山彩希は、「公演を観たファンの方に“やっぱりAKBってスゴイね”って言ってもらえたら。またAKBで東京ドームに立てるような力になって、AKBの未来をつなげていきたい」と公演への抱負を語った。

さらに先輩のチーム4キャプテン峯岸みなみについて触れ、「みいちゃんの存在が当たり前すぎて、今になってみいちゃんの存在がすごかったって気づいた。自分のことより周りのことを気にしてくれていたので、私も今回は常に周りを見るようにしている」と村山さんは語り、「素敵なキャプテンになりたいので理想のキャプテンはみいちゃん」と目標を掲げていた。

    関連商品