玉城ティナ、神木隆之介と松村北斗の仲のよさに「笑みがこぼれました」

玉城ティナ
玉城ティナ

人気マンガ原作の映画『ホリック xxxHOLiC』(29日公開)の大ヒット祈願イベントが14日、東京・神田明神にて行われ、神木隆之介、松村北斗、玉城ティナの出演者が取材会に出席した。

蜷川実花監督によるCLAMP作品“初”実写映画化となる本作は、人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視える孤独な高校生「四月一日君尋」を神木さんが演じ、祓う者「百目鬼静」を松村さんが、憑かれる者「九軒ひまわり」を玉城さんが演じる。

お互い同級生を演じた3人は、初日から神木さんが松村さんを「まっちゃん」、玉城さんを「ティー」と、親しく呼びかけたことですぐに絆を深めて撮影に臨めたという。玉城さんは、「親がティーちゃんと呼ぶくらいで、ティーと呼び捨ては新しいですね」と神木さんのフレンドリーさに感心しつつ、「同世代の女の子が少なかったので、場の雰囲気を作ってくださる二人にすごく助けられました。撮影中もそうですし、撮影以外の二人の仲のよさに笑みがこぼれました」と振り返った。

神木さんと松村さんは、遠方で撮影があった際に「次の日も早いし、一緒に泊まろうか」という話になり、2人でホテルに泊まったエピソードを披露。神木さんが、「せっかくだからスイートルームにしたら、めちゃくちゃ広くて」と室内を探検して回ったことを興奮気味に話すと、松村さんも、「二人ともスイートデビューだったんですよ」と大きくうなずいた。玉城さんは、「翌日すごいルンルンで二人が撮影現場にきたので、よかったですねって感じでした」と笑っていた。

『ホリック xxxHOLiC』は、4月29日(金・祝)全国ロードショー
(C)2022 映画「ホリック」製作委員会 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社