悪女か?淑女か? 人気声優・高垣彩陽が舞台「元カレ」でミステリアスな花嫁役に挑む! | GirlsNews

悪女か?淑女か? 人気声優・高垣彩陽が舞台「元カレ」でミステリアスな花嫁役に挑む!

舞台 探偵シリーズ「元カレ」
舞台 探偵シリーズ「元カレ」
  • 高垣彩陽
  • 舞台 探偵シリーズ「元カレ」ゲネプロより
  • 舞台 探偵シリーズ「元カレ」ゲネプロより
  • 舞台 探偵シリーズ「元カレ」ゲネプロより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

6月4日、女優で声優として人気の高垣彩陽が出演する舞台「元カレ」が品川区・六行会ホールで公演初日を迎え、開演前にキャストの和田琢磨、秋元龍太郎、安川純平、友常勇気、飛麿、岩崎祐也、田中大地、瀬尾拓也とともに会見を行なった。

本作は、テレビドラマ「相棒」や、「警視庁捜査一課9係」などの人気シリーズで活躍する脚本家・徳永富彦氏による初の舞台描きおろしの原作を、「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」を始め、多くの作品で演出などを手がけている岡本貴也氏が斬新な手法で舞台にした。

なんと、投票によって犯人が決まるという前代未聞のマルチエンディング・ミステリーで、5月中にインターネットで行われた投票結果を元に3パターンの結末が用意されているという。それぞれがパラレルな内容でありながら、お互いを補完しあって物語をより深く掘り下げる作品となっており、全ての結末が気にならずにはいられない。実際には上演されなかった幻のパターンもあるはずだが、それも容疑者の誰が犯人になってもおかしくない緻密なディテールへと結びついている。

結婚式当日に殺されてしまう花嫁・カンナを演じる高垣彩陽さんは、「“元カレ”という誰もが冷やっとするインパクトのあるタイトルですが、皆さんの運命の女として彼らの思い出の中で様々なカンナを演じさせていただきました。千秋楽まで一回一回のカンナとしての人生を大事に生き抜いていきたい。」と挨拶した。

今回の自身の役柄について、「私の演じたカンナは様々なシチュエーションで一人の女性を演じているわけですが、少しやり過ぎじゃないかというくらい声質から変えて思い切り人物を変えて演じました。誰かにとって見たいカンナをそれぞれ演じて、本当のカンナってどんな女だったんだろうというのは、新郎とのやりとりや、マルチエンディングを通して近づけるところがあると思う。」と見どころをアピールした。

純白のウエディングドレスの高垣彩陽さんの隣にタキシードで並んだ秋元龍太郎さんは、新郎のユーキ役を演じてみて、「自分は年上が好きだなと改めて思いました。」と少し同様した様子を見せながら笑った。そして、「サスペンスなので周りの人物がウソで塗り固めた心理戦を演じている中で、僕はストレートな感情をぶつけていくことを心がけました。」と作品へのアプローチを語った。

高垣彩陽さんはさらに、カンナを演じる上で気にかけたこととして、「カンナの生き様は“風が吹くと桶屋が儲かる”というか、“バタフライ・エフェクト”みたいな、小さな出来事が巡り巡って大きな変化をもたらしていくドラマだと感じた。劇中の5年の流れの中で彼女に何が起きてこのように変わっていったのか、この物語のサスペンスの軸とラブストーリーの軸で、カンナの過去がそれぞれを繋ぎあわせていている。最初は戸惑うこともあったが、それぞれのシーンの違いを見せてこそ、幸せを常に求めている一人の女性を浮かび上がらせることが出来て、最後にユーキと出会えたときのカンナに繋がっている。幸せの正体を求めている一人の女性に変わりはない。」と話した。

頭はキレるが性格が悪い探偵・一ノ瀬成を演じる和田琢磨さんは、「探偵というとクールで格好いいイメージがありますが、ちょっとポンコツ具合を出して、新しい探偵像を意識しました。周りの共演者と協力して、掛け合いを工夫して一緒に作り上げていくのが楽しかったです。」と役作りについて振り返った。

和田琢磨さんは最後に、「マルチエンディングは僕達にとっても新しい挑戦。一味も二味も違う作品を見せられると思う。高垣さんの言うとおり、僕達の言ったことや、やったことが広がって変化して、より良い作品になっていくはず!」と意気込んでいた。

<ストーリー>
山の上の教会で、花嫁が殺害された。式場に居合わせたのは、新郎と不自然な招待状で呼ばれた5人の男性。
ミュージシャン、公務員、政治家の息子、商社マン、整形外科医。
忘れられない運命の女性について、新婦の元カレが口を開く。
現場に居合わせた、私立探偵。そしてその助手。性格の屈折した切れ者探偵と、天真爛漫な助手のやり取りから、事件は紐解かれていくが……!

探偵シリーズ『元カレ』

原作・徳永富彦
演出・岡本貴也
脚本・保木本真也
■日程
2015年6月4日(木)~12日(金)
■会場
六行会ホール
■料金
6800円(全席指定・税込)
■タイムテーブル
6/4(木) 19:00
6/5(金) 19:00(アフタートーク有)
6/6(土) 13:30/18:00
6/7(日) 13:30/18:00
6/8(月) 19:00(アフタートーク有)
6/9(火) 19:00(アフタートーク有)
6/10(水) 14:30(アフタートーク有)/19:00
6/11(木) 14:30/19:00
6/12(金) 15:00

■出演者
和田拓磨
秋元龍太朗
安川純平
高垣彩陽
友常勇気
岩崎祐也
飛磨
瀬尾卓也
田中大地

斎藤健二
西郷豊
井関友香
秋山直太朗
石山蓮華

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

「元カレ」 公式HP
「元カレ」 公式twitter

関連商品

高垣彩陽 3rdコンサートツアー2016 “individual" [Blu-ray] / 高垣彩陽

/ Blu-ray アニプレックス(2017-01-18)

定価:¥ 8,200

Languages