Kalafina 弦楽四重奏のクリスマスライブでファンを魅了 | GirlsNews

Kalafina 弦楽四重奏のクリスマスライブでファンを魅了

Kalafina
Kalafina
  • Kalafina
  • Kalafina
  • Kalafina
  • Kalafina
  • Kalafina
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hikaru・Keiko・Wakanaの人気女性ボーカルユニット Kalafinaが、「X’mas Premium LIVE 2012 『Kalafina with Strings』」と題したクリスマスライブを行い、12月19日の東京公演、21日の大阪公演、22日の東京公演の3日間でのべ4000人のファンを動員した。

 このライブでは弦楽四重奏とピアノでのアレンジで、讃美歌やクリスマスソングを始め、10月にリリースされた「ひかりふる」など22曲を熱唱。

 いつもと違ったアレンジで、Kalafinaの3人による美しいハーモニーにファンが酔いしれる。

 クリスマスツリーが点灯するステージに、Wakana、Keiko、Hikaruの3人は白いロングドレスで登場すると、クリスマスライブらしく賛美歌を歌う。

 3人が中央で“コの字”に向かい合い、ストリングカルテットとピアノのみでしっとりと『もろびとこぞりて』を熱唱。冒頭をアカペラで歌いKalafinaの歌声が会場内に響き渡る。

 今回のライブではシーズンにふさわしい曲から、スローバラードな曲、ロック調の『sprinter』をストリングだけでアレンジするなど、しっとりと聞かせる曲からパワフルな楽曲を歌い上げ、最後はスタンディングオベーションで3人に温かい拍手が送られた。

 今回のストリングスライブを終えて、Hikaruさんは「グランドピアノとカルテットという弦の四重奏の演奏に乗せて原曲とはまた違った歌い方で、皆さんに曲をお届けできて、新鮮な形で皆さんとまた音楽を楽しめて本当に幸せな3日間でした。」

 Keikoさんは「初めての形っていうのもあるし、一個一個作り上げた感があったライブだったので、3日間を通してどの曲もそれぞれ違った味が出たなと。年に一度と言わず、イベントとかでもやっていきたいしこれからも続けていきたい」

 Wakanaさんは「私たちのプロデューサーである梶浦由記さんのつくる楽曲は弦とかピアノが歌声のように奏でている感じがしていて、その響きを私たち自身も生で聞きながら歌うことができるということは、うれしいことでした。来てくれた皆様、お客様みなさん原曲を聞いてくれる皆様にとっては、こんなアレンジがあるんだなとか、こういった音楽があるんだと思ってもらえてらすごくうれしいです」とそれぞれコメントを寄せた。

2013年もKalafinaの活動に注目です。

 

Kalafina X’mas Premium LIVE 2012 『Kalafina with Strings』 セットリスト

M1.荒野の果てに「賛美歌106番」
M2.storia
<MC>
M3.seventh heaven
M4.neverending
M5.intermezzo
M6.Lacrimosa
<MC>
M7.Eden
M8.うつくしさ
M9.red moon
<MC>
M10.もろびとこぞりて
M11.fairytaile
M12君が光に変えていく
M13.満天
<MC>
M14.Gloria
M15.輝く空の静寂には
<MC>
M16.屋根の向こうに
M17.snow falling
M18.symphonia
<MC>
M19.ひかりふる
~Encore~
M20.sprinter
<MC>
M21.未来
M22.Have Yourself A Merry Little Christmas

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Kalafinaの動画を観る

関連リンク

Kalafina OFFICIAL WEBSITE

関連商品

Languages