WHY@DOLL(ホワイドール) ワンマンライブで“絶対にメジャーデビューしたい”と決意! | GirlsNews

WHY@DOLL(ホワイドール) ワンマンライブで“絶対にメジャーデビューしたい”と決意!

WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • WHY@DOLL(ホワイドール)ワンマンライブより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

1月21日、WHY@DOLL(ホワイドール)のワンマンライブ「サンライズ~君がくれた希望!~」リリース!&青木千春生誕記念単独公演が渋谷club asiaで行われた。

開演すると、WHY@DOLLの青木千春さんと浦谷はるなさんが登場し、この日発売の4thシングル「サンライズ!~君がくれた希望~」を披露。会場が満員になるほど集まったファンを前に満面の笑みでパフォーマンスし、開始早々からライブは大盛り上がり!そのWHY@DOLL2人のパフォーマンスをファンは白いサイリウムを手にして応援し、客席フロアは白い光で埋め尽くされた。

浦谷はるなさんと青木千春さんは「凄い!サイリウム綺麗!」「白だよ!」と感動。青木千春さんが「今回のCDは三種類あって、通常盤とちはるん盤とはーちゃん盤の3つがあります!3つ持っているよって方!」と聞くと、多くのファンが「はーい!」と手を上げた。浦谷はるなさんによると「初回限定盤のちはるん盤とはーちゃん盤はボーナストラックがありまして、トラック5番目にそれぞれのサンライズのセリフのフルをソロで喋ってる」とのことなので、まだ持ってない方は是非CDを入手してチェックしてみよう!

そして、浦谷はるなさんが「いよいよリリースを迎えたんですけども、この日を迎えることをできたのは、本当に今ここに来てくれている皆さんと、そしてここには駆けつけれなかった皆さんもいると思うんですけども、WHY@DOLLに出会ってくれた皆さんのおかげでこうやってこの大切な日を迎えることができました。今日はちはるんの誕生日もありますし、リリースの素敵な日になると思うので、最後まで皆さんと素敵な思い出を作りたいと思います。楽しんでいってください。」とファンに向けてメッセージを贈り「ユメミルツバサ」を披露。続く「青春チャイム」では会場中のファンがジャンプするなど物凄い盛り上がりになった。

青木千春さんが「楽しい!WHY@DOLLにとってこんな大きな箱で単独やるのは今日が初めてなので緊張したんですけど、みんなが楽しんでくれているので緊張がほぐれました。」とコメントした後、ゲストの紹介。

今回のゲストは青SHUN学園とANNA☆S(アンナッツ)だが、この2組にゲストとして来てもらったことについて、浦谷はるなさんは「(青SHUN学園の)SHUNさんは今回の新曲を出すにあたって呼ばないわけにはいかない。こんなに素敵な曲(サンライズ!~君がくれた希望~と初恋☆キラーチューン)を書いて頂いて、書いて頂く前に私たちにインタビューしてくれて、そのままの私たちの気持ち等身大を書いて頂いて、本当に素敵な曲が完成しました。SHUNさん本当にありがとうございます!」とコメント。

また、青木千春さんは「ANNA☆SさんのBOSSでもある西田プロジェクトの皆さんが今回の新曲『サンライズ~君がくれた希望!~』の振り付けをしてくれたのと3rdシングル『ふわふわ♪Party』の振り付けを付けて頂いたということでANNA☆Sも呼ぶしかないと!」とゲストとしてANNA☆Sに来てもらった理由を説明した。

まずは、スペシャルゲストの1組目ANNA☆Sとコラボして「ふわふわ♪Party」を披露。WHY@DOLLの2人が歌ってパフォーマンスし、ANNA☆Sがダンサーとして踊り、ANNA☆Sの杏奈さん得意の煽りで会場を盛り上げ、賑やかなステージとなった。

その後しばらくは、ANNA☆Sの小池杏奈さん、小池優奈さん、田沢涼夏さん三人のステージ。

「春風LOVER SONG」を披露した後のMCでは「WHY@DOLLさんニューシングル発売日&ちはるん生誕ということで、本当に本当におめでとうございます!」とANNA☆S全員でWHY@DOLLをお祝い。また、杏奈さんは「『だってLOVE ME DO』のシングルを出した時に、本当に沢山の方に応援して頂いて、ANNA☆Sファミリーももちろんそうなんですけど、WHY@DOLLさんも一緒にリリースのイベントをやってくれたりとか、やねPさんとかが凄い助けてくれて、WHY@DOLLのファンの方にも本当に本当にお世話になったんですね、皆さん本当に本当にありがとうございました!」と感謝の気持を語った。

次の曲「だって LOVE ME DO」で盛り上げ、続く「恋の自由形決勝」では客席フロアに降りて水鉄砲をタンクが空になるまで撃ちまくるなどANNA☆Sらしいパフォーマンスを披露した。

ANNA☆Sの出番が終わると、生誕祭の主役である青木千春さんがソロで「初恋サイダー」を歌い、会場のファンのテンションも最高潮!

生誕祭のセレモニーでは、青木千春さんが「本日は「サンライズ~君がくれた希望!~」リリース!&青木千春生誕記念単独公演にお越し頂きありがとうございます。私、青木千春今日で21歳になりました!」とコメントすると、ファンからは盛大な拍手が沸き起こった。

青木千春さんに対して、花束の贈呈や、21をかたどったケーキのプレゼントがあり、また、浦谷はるなさんと集まったファンでハッピバースデートゥーユーを歌い誕生日をお祝い。集まったファンと記念撮影をしたり、ファンや他のアイドルさんからのメッセージが入ったアルバムや生誕Tシャツのプレゼントなどもあった。

そして、浦谷はるなさんから青木千春さんへは次のような内容の手紙が読みあげられた。


Dear ちはるん

ちはるん21歳の誕生日おめでとう。いつも年上に見られなくてふわふわしているちはるん。ふわっとしてるけど何だかんだ頼りにしてます。今日はリリース日。2ヶ月間ちはるんとファンの方と一緒に走り続けられて本当に良かったなって思います。今日はダブルでおめでたい日ということでちはるんに私からあいうえお作文をプレゼントしたいと思います。

あ 青木さん
い いい感じに
う 浮かれてるはるなを
え ええ感じに
お 怒ってね

こんな相方だけど、これからもずっとおばあちゃんになってもステージに立って輝き続けていて下さい。素敵な21歳になって下さい。お誕生日おめでとう。


手紙を読み終えると、青木千春さんと浦谷はるなさんは抱擁。浦谷はるなさんは「ちはるんめっちゃ好きなんですよ私。」と愛の告白。青木千春さんも「凄い感動した。はーちゃんらしい手紙だなと思って。でも嬉しいです。」と涙を流しながら感動していた。

そして、札幌で青木千春さんと同じ1期生として活躍しているSnow*Dropの杉山千秋さんからの手紙も浦谷はるなさんによって読みあげられた。


To ちはるん

ちはるんお誕生日おめでとう。

ちはるんとは1期生としてずっと一緒にいたよね。初めて見た時は貞子かと思ったけど、活動を続けていくとどんどん可愛くなっていくちはるんに心奪われました。

ちはるんは本当に優しくて、セカンドだった頃から凄いうちのことも考えてくれてて、そんなちはるんにいつも元気をもらってました。WHY@DOLLが東京に行くようになって、話したりする時間も減って凄く寂しく感じた時期もあったけど、札幌に帰った時はいつもと変わらず接してくれて本当に嬉しかったよ。

デートしたときも沢山相談に乗ってくれて今までどおりの優しいちはるんで、そんなちはるんが大好きです。東京での武者修行の様子、ブログやツイッターでしか分からないけど、凄く心配です。正直ちはるんもはーちゃんも料理ができるイメージないし、ちゃんと栄養あるご飯食べてるのかな、ちゃんと寝てるかな、体調崩してないかな、そんなことばかり考えています。

どんな時も弱音を吐かないで頑張るちはるんは私のあこがれです。いっぱい大変なこともあると思うけど、体調に気をつけて頑張ってね。この一年がちはるんにとって幸せな一年になりますように。ちはるんお誕生日おめでとう。大好き。

Snow*Drop 杉山千秋


その他、青木千春さんの父からも手紙があった。

また、21歳の抱負について青木千春さんは「20歳の目標は成人になったので中身も外見も大人になるって決めたんですけど、この1年間大人っぽくなったねって言われることがあんまり無かったので、21歳はそれも達成したいし、お父さんとかお母さんとか皆さんが応援してくれてるから絶対にメジャーデビューしたいなっていう目標もあるし、はーちゃんにも『ちょっとしっかりしてくださいよ』って言われることが多いのでしっかり出来るようにもなりたいし、笑顔で過ごせる一年になれたらいいなって思います。なので皆さん21歳の青木千春もよろしくお願いします。」と語った。

セレモニーを終えると青木千春さんは、様々な思いの詰まった1stシングル「旅立ち」をソロで披露した。この曲ではファンが青いサイリウムをかざし会場中が青に染まった。曲の最中には、感動した青木千春さんが涙ぐんで声がつまる場面もあるなど素敵なステージとなった。

歌い終えた青木千春さんは「去年の11月に東京に来て本当に最初は凄く不安で、東京に来てスタッフさんとも札幌のメンバーとも家族とも離れてはーちゃんと2人で暮らして、最初は不安だったんですけど、皆さんがこのリリースイベントを通して出会ってくれて、WHY@DOLLのライブにも足を運んできてくれて本当にその支えがあったから諦めないでここまでこれたと思います。(中略)皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。2014年はWHY@DOLLにとっても一生に一度のチャンスの年だと思っていますので絶対にメジャーデビューして、皆さんにこの一年間色々な愛情や優しさをもらったんですけど、それを恩返しできるようにこれからも頑張っていきたいと思います。」と意気込みを語った。

続いて、第二弾のスペシャルゲスト青SHUN学園が登場!

ステージに登場した青SHUN学園のSHUNさんは「誕生日そしてリリースおめでとうございます!」と青木千春さんの誕生日とWHY@DOLLの新曲リリースをお祝い。そして、青SHUN学園の原田真帆さんとWHY@DOLLの二人から、夏にWHY@DOLLの家が水没して、青SHUN学園の合宿所にお邪魔したときのエピソードが披露された。

ライブの出番となった青SHUN学園はまず、WHY@DOLLにセンターポジションに立ってもらい「生まれてくれてありがとう」を披露して青木千春さんの誕生日をお祝い。曲中では、浦谷はるなさんが青木千春さんにひと言「ちはるんについてきて本当に良かったです。これからもよろしくね。」とメッセージを贈り、WHY@DOLLの二人が抱き合う場面も。このシーンに感動したファンが多かったのではないだろうか。

続いて、青SHUN学園の原田真帆さん、濱崎愛華さん、佐藤彩さん、渡辺菜友さんの4人で「君がくれた想い」を披露すると、最後はSHUNさんを加えて「力の限り!!!」で大暴れ!SHUNさんはステージを降りて肩車に乗り、客席フロアの中央で懇親の力を込めてパフォーマンス。最後は「俺を胴上げしろ―!」と叫び、胴上げされながらの力強いパフォーマンスを披露した。

さらに、WHY@DOLLが再び登場すると、WHY@DOLLと青SHUN学園が「初恋☆キラーチューン」でコラボ。WHY@DOLLの二人がメインで歌い、SHUNさんはコーラスで参加。他の青SHUN学園メンバーはダンスを披露。見事なコラボで会場は熱狂的な盛り上がりを見せた。

アンコール前最後にはWHY@DOLLが1stシングルから「Fight!」を披露して、熱くなった会場をさらに、これでもかと熱く盛り上げた!

アンコールはこの日誕生日の千春コール!千春コールに応えて出てきた青木千春さんは生誕Tシャツで登場。生誕Tシャツには多くのアイドルからのサインが入っており、青木千春さんは青SHUN学園ひなた歩夢さんのサインやANNA☆S優奈さんからのサインなどを発見していた。そして青木千春さんは「21日は大切なリリース日だからそのことで頭がいっぱいで、本当に誕生日なのを忘れたくらいなんですけど、ありがとうございます!」と改めてファンに感謝。

そして、青SHUN学園のSHUNさんをステージに呼ぶと、SHUNさんは自身が作詞作曲した「サンライズ!~君がくれた希望~」と「初恋☆キラーチューン」について会場に集ったファンに「みんな好いてくれているかな?」と質問。すると会場からは熱い拍手と声援が沸き起こった。

SHUNさんは「サンライズ!~君がくれた希望~」について、「サンライズの曲って、二人にインタビューをして、あの時って色んな意味で不安定だったし、でもやっぱり自分たちの中に希望とか未来とかをつかみたいというのが凄く見え隠れしてて、何かその背中を押す曲にできたらなと思ったんですよ。で、なおかつ、そのサンライズの曲を二人が歌ってお客さんがそれに賛同してくれて一個になった時に、ああこの曲完成するんだなぁって思って見てました。」と語った。

それを聞いた浦谷はるなさんは「本当に背中を押された曲だなって思いました。」と応え、青木千春さんは「初めて曲を聞かせて頂いた日がウタ娘さんのライブの日の楽屋だったんですよ。そのあとライブだったんですけど、テンションがおかしくなって。本当にキターっていう風に。」とコメント。さらに、浦谷はるなさんが「これは本当に勝負できる曲だなって」と新曲の印象を語ると、青木千春さんも「これなら絶対行けるって。」と絶賛した。

最後のアンコールはスペシャルゲストも含めて全員でステージに出たいということで、WHY@DOLLの先導のもと会場全体で「ANNA☆S!青SHUN!ANNA☆S!青SHUN!」コールが巻き起こり、ANNA☆Sと青SHUN学園の面々が登場。すると、青SHUN学園とANNA☆Sから青木千春さんの誕生日と「サンライズ!~君がくれた希望~」リリースを祝福して、青木千春さんと浦谷はるなさんそれぞれにプレゼントが手渡された。

プレゼントをもらった青木千春さんは「本当にお世話になってばっかりで何もできてないんですけど、今年は青SHUN学園さんもANNA☆Sさんも力になりたいので倍返しします!」と、やられたらやり返すとばかりに倍返し宣言をした!

ここで、浦谷はるなさんが「せっかくだから全員でコラボとかやりたいな!みなさんまだまだ体力余ってますよね!みなさん“オーエーオー”したいですか!?」と煽るとファンも「オー!」と熱く応える! この流れに乗ってANNA☆Sの杏奈さんも「この曲一番やりたかった!本当に!」と熱い気持ちをぶつけた。もちろんアンコール1曲目この場面でやる曲は“オーエーオー”、青SHUN学園の「開放」だ。SHUNさんは力の限り叫び歌うだけでなく、自ら客席フロアの中央の輪の中に入っていき、熱狂したファンの中に混じって腰を折り“オーエーオー!” この場にいた誰も彼もステージを見ている場合ではない。ファン自身もある意味出演者(メンバー)となって最高の現場を作り上げていった。

開放で巻き起こった熱狂の余韻が残る中、オリコンデイリーランキングの速報が入ってきた。結果は2位!会場にいる誰もがこの順位に喜び、吠えた! この時は。

オリコンデイリーランキングの結果を受けて、浦谷はるなさんは「サードシングルの記録を更新しました。本当にこの2ヶ月間、正直北海道から出てきて二人だけで住むようになって、それから色々悩んだりすることも凄いあって、自分たちの気持ちとかも全然話せなくて、でもみんなついてきてくれて。本当にこの2ヶ月間みんなと走り抜けることができて本当に本当に嬉しいです。ありがとうございます。」と複雑な心境を抱えつつもファンに感謝した。

また、青木千春さんは「メジャーデビューを目指して、本気で東京に上京して武者修行しているんですけど、絶対に今年中メジャーデビューをつかみたいと思います!そして、ウィークリーの発表は一週間後ということで、私たち前回のシングルで、できなかったオリコントップ10入りを絶対今回は達成したいと思います!皆さん残り一週間もよろしくお願いします!」と残り一週間となったオリコンウィークリー発表に向けて意気込みを語った。

そして、青木千春さんが「それでは、最後はその思いも込めて、今日発売の『サンライズ!~君がくれた希望~』をWHY@DOLLと今日ゲストで来てくれたANNA☆Sさん青SHUN学園さんと一緒にコラボして終わりたいと思います!」とコメントし、出演者全員コラボによる「サンライズ!~君がくれた希望~」を披露。WHY@DOLLの青木千春さんと浦谷はるなさんが歌い、青SHUN学園のSHUNさんがコーラスをし、青SHUN学園とANNA☆Sが一緒にダンスをする賑やかなステージに、ファンもまさにこの時のために用意していたオレンジのサイリウムを一斉に振りかざし目映いステージとなった。

最後の挨拶では青木千春さんが「今日は本当に皆さんのおかげで素敵なリリース日そして私の誕生日になりました。そして、デイリーランキング2位という結果も皆さんがくれたプレゼントだと思っています。絶対に絶対に私たちはメジャーデビュー絶対しますので、この先もついてきて下さい!今日は本当にありがとうございました!」とメジャーデビューへの意気込みを語り、集まったファンへの感謝をしてアンコールを締めくくった。

しかし、アンコールが終わっても「WHY@DOLL」コールが鳴り止まず、WHY@DOLLの二人はダブルアンコールに応えて改めて登場。

再びステージに立った浦谷はるなさんは「先ほどオリコンデイリーランキング発表しました。前回の記録を抜いて本当に本当に嬉しいんですけど、みんなには明確に口に出していなかったんですけど、やっぱり正直一位とれなくて正直凄い悔しいです。」と悔し涙を流した。

また、青木千春さんも「本当にみなさんが沢山応援してくれて2位という結果は前回の結果を破れて凄く嬉しかったんですけど、やっぱり本気でこの2ヶ月間やってきたので本当は一位取りたかったです。でも、絶対にウィークリーはトップ10入って、デイリー一位も一週間目指していきたいと思います。」と涙ながらに改めて意気込みを語った。

ダブルアンコールでは悔しい気持ちをぶつけて「またね」を涙を流しながら熱唱。タオルを回しながら会場のファンもWHY@DOLLの二人の思いに応えるように熱くコールし、またハイタッチをし、ダブルアンコールを盛り上げた!

ステージからの去り際にWHY@DOLLの二人は何度も何度も「ありがとう!ありがとう!」と口にしてファンの声援に応えていた。

公演後の囲み取材で今日の感想について、浦谷はるなさんは「今日は本当に11月から東京に来てリリース始まって2ヶ月間ずっとファンの人と一緒に走り続けてきて、その集大成では無いんですけどまだ、一つの節目としてこうやってちょっと大きめの箱でちはるんの生誕とともに、一緒にリリース日を過ごすことが出来て素敵な日になって本当に幸せな時間でした。応援してくれてるファンの皆さんをもっともっと引っ張って、私たちも自信を持って頂点を目指していきたいなと思います。これからも頑張りたいなと思います。」と意気込みを語った。

また、青木千春さんは「今日は4枚目のシングルのリリース日でこんなに素敵な会場で、沢山の方に来てもらえて凄く嬉しかったです。本当に2ヶ月間の集大成を皆さんとぶつけ合いながら楽しむことも出来たし、みなさんに私たちの素直な気持ちもこの場で伝えることが出来て、私たち自身も凄く、次に繋がる公演に出来たんじゃないかなって思っています。残り一週間ウィークリーまだあるんですけど、今回デイリー2位だったんですけど、1位になって絶対トップ10に入って、メジャーデビューをしたいと思います。今日はありがとうございます。」とコメントした。

WHY@DOLLはニューシングル「サンライズ!~君がくれた希望~」の発売週の最終日1月26日(日)まで毎日リリースイベントを行いライブに参加する。WHY@DOLLがメジャーデビューするためには様々なハードルを乗り越えなければならない。WHY@DOLLの今後の活動に注目です。

■「サンライズ~君がくれた希望!~」リリース!&青木千春生誕記念単独公演セットリスト

【PART1】WHY@DOLL
M1 SE
M2 サンライズ!~君がくれた希望~
(MC)
M3 ユメミルツバサ
M4 青春チャイム
(MC)
M5 ふわふわ♪Party (ANNA☆Sとコラボ)

【PART2】スペシャルゲスト ANNA☆S

【PART3】WHY@DOLL 青木千春ソロ2曲
M6 初恋サイダー
(MC)
M7 旅立ち

【PART4】スペシャルゲスト 青SHUN学園

M8 初恋キラーチューン (青SHUN学園とコラボ)
M9 Fight!

<アンコール>

M10 開放~オーエーオー~ (出演者全員でコラボ)
M11 サンライズ!~君がくれた希望~ (出演者全員でコラボ)

<ダブルアンコール>

M12 またね

【PART2】ANNA☆Sセットリスト
M1 春風LOVER SONG
M2 だって LOVE ME DO
M3 恋の自由形決勝

【PART4】青SHUN学園セットリスト
M1 生まれてくれてありがとう
M2 君がくれた想い
M3 力の限り!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WHY@DOLLの動画を観る

関連リンク

北海道アイドル「WHY@DOLL(ホワイドール)」のOFFICIAL WEBSITE

関連商品

Zepp Sapporo ワンマンライブ DVD / WHY@DOLL

/ DVD Cradle Records(2013-09-27)

定価:¥ 3,499

アルプス女学園 [DVD] / Array

/ DVD ダブルアップエンタテインメント(2015-08-28)

定価:¥ 4,104

Languages