Bitter & Sweet、ツアー東京公演 エリック・フクサキとのラテンなセッションも飛び出す! | GirlsNews

Bitter & Sweet、ツアー東京公演 エリック・フクサキとのラテンなセッションも飛び出す!

Bitter & Sweet
Bitter & Sweet
  • Bitter & Sweet
  • Bitter & Sweet 田﨑あさひ
  • Bitter & Sweet 長谷川萌美
  • Bitter & Sweet 田﨑あさひ
  • Bitter & Sweet 長谷川萌美
  • Bitter & Sweet
  • Bitter & Sweet 田﨑あさひ
  • Bitter & Sweet 長谷川萌美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

田﨑あさひさんと長谷川萌美さんによる二人組ガールズボーカルユニット・Bitter & Sweetが、28日、ライブツアー『Bitter & Sweet 3rd SHOWCASE』の東京公演を渋谷・GARRET udagawaにて開催した。特別ゲストとして二人の先輩、エリック・フクサキさんも登場。三人でラテンノリのハッピーなセッションを繰り広げた。

名古屋、大阪、田﨑さんの地元・長崎、そしてクリスマスイブの東京公演に続いて行われたこの日のライブ。今年二人がライブで最も数多く歌ったという3rdシングル『恋愛WARS』から元気に幕を開けた。その後も1stシングルからの『インストール』や、『Rolling Days』などアップテンポのライブ“鉄板”曲でたたみかけ、序盤から場内は早くもヒートアップした。

田﨑さんのソロ時代からの人気曲『Rolling Days』は、23日に発売されたばかりのミニアルバム『#ビタスイ』に収録の、さらに弾けた新バージョンで披露。歌いながらジャンプしたりクルクル回転したりと弾けまくる二人だった。この日はほかにも新アルバムからの新曲をたっぷりと披露。長谷川さんは、「一曲一曲がキラキラしていて、光のプリズムのようなアルバムになっているので、ぜひ聴いてください!」とアピールした。

田﨑さんが長崎出身、長谷川さんが新潟出身で、牧歌的なキャラクターが特徴の二人。MCで「まだ東京の地下鉄で迷子になってしまう長谷川萌美です」と挨拶すると、田﨑さんも「東京に来て慣れないことは朝の通勤ラッシュです」と話し、そんな二人をファンは微笑ましく見守っていた。

今年5月からのツアー“1st SHOW CASE”以来、ビタスイのライブで恒例となったiPadアプリを使ったパフォーマンスをこの日も披露。それぞれのiPadに二人の声によるコーラスやベース音などを多重録音し、それをバックに歌うというパフォーマンスだ。今回は同じ(声による)オケをバックに、まったくタイプの違う2曲を田﨑さんと長谷川さんがそれぞれ歌うという、ユニークなものだった。

続いて、この日の特別ゲストとして、事務所の先輩、エリック・フクサキさんが登場。直前までのiPadパフォーマンスに興味津々の様子のエリックさんは「ボイスパーカッションも入れればいいのに」と、二人にボイパの方法をアドバイス。大はしゃぎしながら学ぶ二人だった。エリックさんがソロで尾崎豊さんの『I LOVE YOU』をカバーししっとり聴かせたあとは、エリックさんの『Ai Yai  Yai!』を三人でセッション。ラテンのノリのハッピーな空気感いっぱいのセッションで場内を大いに湧かせた。

この三人、所属レコード会社主催の同じオーディション『FOREST AWARD NEW FACE オーディション』をきっかけにデビューしている(エリックさんが2011年の第1回入賞、田﨑さんが2012年の第2回グランプリ、長谷川さんが2013年の第3回グランプリ)。その後も、同レーベルのライブイベント『Music Festa』で何度も競演している、兄妹のような関係で、この日のステージでも息の合ったところを見せた。

ニューアルバムからの『DREAM GIRL』で元気いっぱいに本編を終えたあと、場内にはアンコールの声が響き渡る。それに応えて、黒のツアーTシャツを着てステージに再登場した二人。まずはニューアルバム収録曲『バイバイメトロ』から。普段はステージでは踊らない彼女たちが、この曲では自分たちで考えたという振付を披露している。曲調に合わせた、無表情なパフォーマンスも印象的だ。

MCでは、アルバム発売とツアー決定を伝えられてから今日までを振り返った二人。「『ツアーをやるよ』と知らされてからまだ数日しか経ってない気がする」と長谷川さん。「充実してたからか時間が短く感じました」と感慨深そうに語った。そして、「アルバムのレコーディングはわずか1ヶ月で7曲収録しました。一曲一曲一生懸命向き合いましたので、ぜひ聴いてください」と改めてアピールする二人だった。

当初この日がツアーファイナルということだったが、最後に長谷川さんが「この3rd SHOW CASE、まだ終わりません! 」と叫ぶと場内からは大歓声。「まだ新潟が残っております!」。長谷川さんの地元・新潟でのライブが3月に開催されることが決定、ファンを喜ばせた。そしてラストはファンへ感謝の気持ちを込めて、バラード曲『恋心』を弾き語りで聴かせ、しっとりと幕をおろした。

ハーモニーの美しさで定評のあった二人だが、レパートリーにアルバム収録曲が加わり音楽性の幅を広げたビタスイ。音楽面での成長を見せつつも、二人が繰り広げるステージのアットホーム感は相変わらずで、この日も終始温かな雰囲気につつまれたライブとなった。

なおBitter & Sweetは、2016年はアルバム『#ピタスイ』の販促イベントツアーからスタート。3月にはLoVendoЯの岡田万里奈、魚住有希、宮澤茉凛との『ラベビタEXツアー』を開催するなど、”夏に恵比寿リキッドルーム公演開催”を目標として、精力的に活動する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

の動画を観る

    関連リンク

    Bitter & Sweet 公式サイト

    関連商品

    Languages