志田未来 川口春奈ちゃんの怖い話がいちばん怖かった・映画『POV~呪われたフィルム~』初日舞台挨拶 | GirlsNews

志田未来 川口春奈ちゃんの怖い話がいちばん怖かった・映画『POV~呪われたフィルム~』初日舞台挨拶

女優, 映画・ドラマ
『POV~呪われたフィルム~』初日舞台挨拶
『POV~呪われたフィルム~』初日舞台挨拶
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月18日、映画『POV~呪われたフィルム~』が公開初日を迎え、志田未来さん、川口春奈さんと鶴田法男監督がTOHOシネマズ渋谷で登壇した。

 志田未来は所属事務所の後輩の川口春奈と共に携帯電話向けの番組の収録をしていた。『志田未来のそれだけは見ライで!』は毎回全国の視聴者から投稿された動画を紹介する。その日は本物の心霊現象が映った動画「真霊動画特集」の収録を進めていた。すると投稿映像に異変が起き始め、モニターには予定のない映像が流れ出した。それは春奈の中学の“学校の怪談”を撮影した心霊ビデオだった。「その中学へ行って浄霊しなければならない」との霊能者の言葉を受け、未来と春奈は学校へ赴く・・・・・

 志田未来さんは「ホラー映画初出演で本人役をやりました。私は本当に怖いものが苦手で、このようなことが2度と起こらなければいいなと思っています。みなさんもお気をつけください。役ではセリフの語尾を変えたりして、本当の自分が出せたかなと思います。私がいちばん怖かったのが、空いている時間に春奈ちゃんが怖い話をすること。本当に怖かったです」と話した。

 川口春奈さんは「今回初ホラー映画出演です。撮影中は不思議な感覚がして、本人役はどういう風にやっていいのかなと不安もありました。ホラー映画は元々好きだったので凄く嬉しかった。自分の中で何か殻を破ったような気がします。たくさんの方にこの映画を見てもらいたいです。助監督から『顔がやばい』と言われるくらい素で驚いてました」とコメントした。

 鶴田法男監督は「みなさんこの映画は作られた話だと思っていらっしゃるでしょうが、この話は本当です。最近ジャパニーズ・ホラーに元気がない。でも世界中に注目されている。自分では120%の作品が出来たつもりでいます。2人が実名の役を引き受けることは物凄く勇気のいることで、やりにくかったと思います。今だから話せますが照明が突然落ちたり、機材が理由がわからずトラブルが起きたりすることが多々ありました」と撮影の裏側を話した。

2月18日(土)TOHOシネマズ渋谷ほか全国にて禁断のロードショー!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画『POV~呪われたフィルム~』 HP

関連商品

正義の味方 DVD-BOX / Array

/ DVD VAP,INC(VAP)(D)(2008-12-21)

定価:¥ 18,060

受験のシンデレラ DVD-BOX / Array

/ DVD ポニーキャニオン(2017-01-06)

定価:¥ 16,416

Languages