いざ連覇へ!「ストリーーーーーーグ③」準決勝第1試合はサッポロSnow♥Loveitsが勝利! | GirlsNews

いざ連覇へ!「ストリーーーーーーグ③」準決勝第1試合はサッポロSnow♥Loveitsが勝利!

AKIBAカルチャーズ劇場 iDOL Street アイドルユニット/グループ ニュース レポート 音楽
「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より
  • 「ストリーーーーーーグ③」準決勝より

12月27日、「フィラデルフィアクリームチーズpresents iDOL Street全国ストリート生ステージバトル ストリーーーーーーグ③」準決勝第1試合が秋葉原・AKIBAカルチャーズ劇場で行われ、サッポロSnow♥LoveitsとNAGOYA Chubuが対戦した。

10月よりスタートしたストリーーーーーーグ③もいよいよクライマックスへ。激戦を勝ち抜いた4チームが、2日間にわたってAKIBAカルチャーズ劇場で火花を散らすこととなった。準決勝第1試合はe-Street1位のサッポロSnow♥Loveitsと、w-Street2位のNAGOYA Chubuの対戦。会場には遠路はるばる訪れたファンで溢れ、札幌や名古屋でのライブと見まごうような盛り上がりを見せた。

先攻はNAGOYA Chubu。激戦となったw-Streetを勝ち抜き、2位ではあるが東京行きの切符をつかみ取った。「NAGOYA Chubu、皆さんのおかげで準決勝に進むことができました。(中略)こうなったら優勝するしかないので」(北島真由)という強い決意を胸に、バックステージで気合を入れてステージに7人が登場する。

1曲目は今年の新曲「MY ファイティン」。アイドルソングの王道を行くメロディラインに載せ、ピンク色の衣装に身を包んだメンバーがキュートな魅力を振りまき、会場は大きな声援に包まれる。一方、2曲目の「きっと For You!」ではしっとりとした大人の雰囲気を演出。表現の守備範囲の広さで、決勝進出への思いを表現した。

『なごちゅー』の武器は、7人のメンバーが繰り広げるパフォーマンスの一体感だ。後半に披露した2曲で、そんな魅力を存分にアピールする。変幻自在のフォーメーションが見ものの「恋のキャットファイト~ご主人様争奪戦」、キレのあるダンスと畳みかけるような歌い方が求められる「C.P.U!?」、ともに迫力あるライブを見せる。人数の多さは時に一体感を削ぎ、負の連鎖を生み出す。ましてやNAGOYA Chubuは加入時期も、年齢もバラバラな7人で構成されている。しかし、彼女たちは類稀な努力と友情の絆で、スケールメリットとしてグループの武器へと昇華させた。最強コア”7″を搭載したNAGOYA Chubu、2015年も注目だ。

後攻としてステージに登場したのはサッポロSnow♥Loveits。前回大会王者というプレッシャーに負けず、成熟度を高めた5人のパフォーマンスで堂々の1位通過を果たした。しかし、この2日間の決勝シリーズでは吉本ほのかさんがインフルエンザで無念の欠場。「見た目は4人なんですけど中身は5人で、今日一日頑張っていきたいと思います」(工藤夢心)と語ってはいたが、メンバーの心にはどこか不安な気持ちがのぞいていたはずだ。

しかしそんな彼女の憂いは、緑色のサイリウムを振り大きな声援で彼女たちを迎えたファンの姿で一気に吹っ飛ぶ。感動からか、はたまた感謝の気持ちからか。「絶対!Love Magic」を歌う小玉梨々華さんは瞳に大粒の涙を溜め、言葉に詰まってしまう。

応援してくれるファンの想いにこたえるために、そして無念の欠場となった”のんちゃん”のために。この日の4人のパフォーマンスはメンバー自ら「今日は今まで一番汗かいたし、今まで一番楽しめたなと思います」(小玉梨々華)と語ったように、これまでの戦いから更にギアを上げた。勝負曲に「赤い情熱」を選んだところからも、4人の気合が伝わる。この曲を表現するには、キレのあるダンスとボーカルの安定感が必要で、SUPER☆GiRLSの楽曲の中でもカバーしにくい曲といえる。しかし、ピンと張った指先にまで気合がみなぎるこの日のスノラビならば、そんな心配は杞憂。全5曲、全力のパフォーマンスで、最後のアピールに成功した。

そして、運命の結果発表。ネット投票・スペシャル投票・会場投票すべてをサッポロSnow♥Loveitsが制し、連覇に向けての挑戦権を見事に手にした。とはいえ、ネット投票の差がわずか1%だったことが物語るように、2チームの差は紙一重。「精いっぱいやりきったので悔いはありません」というNAGOYA Chubuリーダー・北島真由さんの言葉からも、彼女たちの充実感がうかがえた。

吉本ほのかさんの病欠というハンデを乗り越え、見事決勝にコマを進めたサッポロSnow♥Loveits。今年も真冬の北海道に、優勝という一足早い春を持ち帰ることができるのか。残る戦いは、あと一つ。

●セットリスト
M1 MY ファイティン(NAGOYA Chubu)
M2 きっとFor You!(NAGOYA Chubu)
M3 あこがれストリート(NAGOYA Chubu)
M4 絶対!Love Magic(サッポロSnow♥Loveits)
M5 ときめき色の風とキミ(サッポロSnow♥Loveits)
M6 恋のキャットファイト~ご主人さま争奪戦~(NAGOYA Chubu)
M7 C.P.U!?(NAGOYA Chubu)
M8 PAPAPAパステルカラー(サッポロSnow♥Loveits)
M9 赤い情熱(サッポロSnow♥Loveits)
M10 KIMIへスタート!(サッポロSnow♥Loveits)
M11 ハッピー・サークル・ストリート

関連リンク

iDOL Street オフィシャルサイト

関連商品

絶対!アイドル道 [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング( 2012-02-01 )

定価:¥ 8,023 ( 中古価格 ¥ 128 より )

Amazon価格:¥ 7,222

時間:

2 枚組 ( DVD )