“レースクイーン大賞二冠” 川瀬もえ、「ヤングチャンピオン」初登場 キラキラの自然光の中 清楚な笑顔にキュン

川瀬もえ
川瀬もえ

レースクィーンの川瀬もえさんが10日発売の雑誌「ヤングチャンピオン」(秋田書店)に初登場。そのアザーカットも公開された。

川瀬さんは、レースクイーン『Pacific Fairies』、ラウンドガールユニット『K-1GIRLS2021』として活動。人気No.1レースクイーンを決める「日本レースクイーン大賞」、スーパーGTに初登場のレースクイーンを対象とした「日本レースクイーン大賞2021」新人部門のグランプリを獲得し、また同年、「日本レースクイーン大賞2021」グランプリも受賞し、2012年レースクイーン大賞始まって以来の快挙を達成した。

川瀬さんは今回の撮影を振り返り、「撮影の日は天気が良くて室内に入ってくる光が綺麗だったので、キラキラの自然光たっぷりの中で撮影をさせていただきました。衣装はスポーツウェアやタートルネックのニットを着させていただいたんですけど、衣装が可愛くて撮影中もずっと”かわいい~!”が止まらなかったです!ヘルシーとオシャレが混ざっていて、男女問わずかわいいなぁとキュンとしてもらえるとうれしいです!」とコメントした。

一番お気に入りの衣装は「メガネにタートルネックのニットです。普段から私服でニットをよく着ているので、いつもの自分でカメラの前に立つことができた気がします。メガネを撮影で使ったのは実は初めてだったんですけど、似合ってるかな…(笑)。似合ってるといいなと思いながらドキドキしつつ撮影しました!メガネ姿は誌面では初解禁なので、ぜひチェックしてみてください!”タートルネックのニットとメガネ”は王道に合う組み合わせですよね。皆さんにキュンとしてもらえるとうれしいです!」と満足そうに語った。

(C)岡本武志(秋田書店)