中川翔子、20周年を記念した写真集「ミラクルなミライきたっ!」

中川翔子
中川翔子

中川翔子さんの最新写真集『ミラクルミライ』(講談社)の発売記念イベントが12日、都内で開催され、囲み取材が行われた。

芸能生活20年の節目に沖縄で撮影された今作では、「手ブラ」や「シースルーランジェリー」など、過去最高の色っぽいショットもたっぷり収録されている。

完成した写真集に「まさに、ミラクルなミライきたっていう感じ」と喜び、「これまでピンチとか、もうダメって瞬間もたくさんあったけど、こうして30代になってからその全てが経験値となって、生きててよかったっていう嬉しい気持ちがたくさんやってきた。心からの感謝でいっぱいです」と笑顔。

写真集はすでに重版が決まるほど好評だ。20年越しにヤングマガジンに恩返しができたと感無量の中川さんは、デビューしてからも自己肯定感が持てずに悩んでいた当時の自分に向けて、「20年前はデビューしても最初に所属してたジャッキー・チェン事務所をクビになったり、ずっとギリギリだったけど、諦めないで好きなことをたくさん見つけて頑張れば、いつかミラクルがいっぱい起るよ。だから、生きててねって伝えたいです」と語った。

SNSではいち早く写真集を手にしたファンからは「推しが尊い」などと絶賛する声が上がっているが、「#ミラクルミライで毎日エゴサしてます。エゴサーチは、2ちゃんねるの時代からずっとしてましが、正直にバシッと言ってくれる方の意見も勇気になるし、もっと頑張ろうって思えたりします。皆さんの言葉が本当に元気と勇気に繋がるので感謝しています」と語った。

今年デビュー20周年を迎えた中川さんは、2002年に「ミスヤングマガジン」ミス週刊少年マガジンを受賞して芸能界デビュー。歌手・声優・イラストレーターなど多彩な才能を活かしたタレント活動で、男女問わず幅広いファン層から人気を得ている。昨年YouTubeに投稿した水着映像ががバズり、再生回数は1200万回を超えている。