黒崎真音、渾身の音楽劇『ジェイド・バイン』 「あなたの心に触れられますように」

音楽劇『ジェイド・バイン』
音楽劇『ジェイド・バイン』

アニソン歌手として知られる黒崎真音さんが原作原案・音楽監修・主題歌を努め、リリー・ハリソン役として出演する音楽劇「ジェイド・バイン」が17日、東京・シアター1010にて開幕した。

主演に新感覚アーティストグループ「TFG」のメンバーとしても活躍中の俳優・前川優希さんを迎えた本作は、未来の世界に暮らすアンドロイドと人間の物語を描いた作品。ダリア・ローダンテ役の花奈澪さんが脚本を担当し、数多くの話題作を手掛けてきた伊勢直弘さんが演出を担当している。シンガーソングライターのZAQさんがアンドロイド・キース役で出演することも話題となっている。

公演は、同劇場にて11月23日(水)まで。初日公演のアーカイブ配信も11月24日(木)からスタートする。

【コメント】

【ジェイド・パイン/前川優希】
改めまして、 ジェイド・パイン役 前川優希です。
挑戦の連続で、一瞬で駆け抜けた稽古期間でしたが、役者として とても幸せに感じる時間でした。
またこれから皆様にしていただいてその瞬間が増えると思うと楽しみで仕方ありません。
生まれた心を、感情を、感動を、伝えられますように。

【リリー・ハリソン/黒崎真音】
音楽劇『ジェイド・パイン』という作品は、私にとって大切な宝物です。
傷痕から産まれた物語に命が芽生え、舞台に立ち、“彼ら”と生きる瞬間を迎えられること。
心から愛しく思います。

全員で創り上げた、唯一無二のこの世界でお待ちしています。
あなたの心に触れられますように。

【ダリア・ローダンテ/花奈澪】
主演の前川優希を筆頭に ただただ表現することに愛を持つ素敵なメンバーです。
ファスト、デジタル、隔離が推奨される世の中で、劇場でしか出来ない”舞台”はきっと贅沢品。
でも音楽やダンスそして物語は、必ず心を豊かにさせてくれる!人生には心が必要です。
「こういう舞台が好きだ!」と嘘偽りなく言える作品を届けたい。
来てくださった皆様に、我らの”好き”が届きますように。
心を込めて演じます。

【イベリス/村田充】
この作品が生まれた経緯、この役が生まれた経緯をしっかりと感じながら稽古に励みました。
一点の迷いもなく、この音楽劇「ジェイド・バイン」のために、そしてご観劇いただくお客様のために、芝居をしたいと思います。
どうぞよろしくお願いしたします。

音楽劇『ジェイド・バイン』
日程:11月17日(木)〜23日(水)
会場:シアター1010
キャスト:
前川 優希黒崎 真音君沢 ユウキ/谷 佳樹
松村 龍之介/志村 玲於(SUPER★DRAGON)
反橋 宗一郎/千葉 瑞己/深澤 大河
花奈 澪/沖野 晃司/ZAQ
杉本 新(THE SIXTH LIE)村田 充
パフォーマー
≪ 5IN ≫JUKICHI、MASAMICHI、TAKAYA、KATSUHIRO、CHIKARA
演出:伊勢 直弘
原案/音楽監修:黒崎 真音
脚本/ディレクション:花奈 澪
楽曲製作:KEYTONE
主題歌:「Singularity」黒崎 真音
製作:【ジェイド・バイン】製作委員会
公式サイト:https://jadevine-stage.com

<Story> ※資料より
──20XX年
アンドロイド製造会社HRSN,Inc.により
自動二足歩行アンドロイドが実用化され人々の暮らしに受容されていた。若き社長オーキッド・ハリソンが
古びた一体の旧式アンドロイドを倉庫から見つけ、修理を施す。彼に名付けられた名前は「ジェイド・バイン」機械の己は何に生きがいを見出すのか
人間は、本当の強さとは果たして何なのか
──その目に見えぬものを、謳歌せよ。

 

    Comments are closed.