八木優希、新谷ゆづみ出演、秋田ようこ主演で送る 宮坂一輝監督初の長編映画が劇場公開

映画『(Instrumental)』より
映画『(Instrumental)』より

女優の秋田ようこ主演、八木優希、新谷ゆづみらが出演する、宮坂一輝監督初の長編映画『(Instrumental)』が6月25日より池袋シネマ・ロサにて公開。ポスタービジュアル・場面写真・予告編も解禁となった。

現在と過去を複雑に行き来しながら、一人の新米新聞記者の青春と喪失を描き出す本作。基になったのは監督の宮坂が高校生のときに書いた脚本で、大学進学後に映画サークルのメンバーを集め制作に踏み切った。

主人公の以有真知子役には『サイキッカーZ』(2022/木場明義監督)や『消せない記憶』(2022公開予定/園田新監督)など近年ますます活躍の場を広げている秋田ようこ。真知子が出会う男子中学生の岡孝汰役には本作が映画初出演となる黒澤凜士。

真知子の幼少期には、子役時代から注目を集め最近ではNHK連続ドラマ小説『ひよっこ』や『アイネクライネナハトムジーク』(19/今泉力哉監督)などにも出演する八木優希。真知子が幼い頃の親友、敦尾佳子役には、アイドルグループ・さくら学院の元メンバーで『麻希のいる世界』(22/塩田明彦監督)では主演を務め、最近では『やがて海へと届く』(22/中川龍太郎監督)にも出演する新谷ゆづみ。

制作当時19歳の若さで監督・脚本・撮影・編集を務めた宮坂一輝は本作が初の長編作品で、現在は東京大学大学院で理論物理学を専攻しながら映画制作を続けている。

【STORY】(※資料より)
新米新聞記者の以有真知子(秋田ようこ/八木優希)は、ある日訪れたコインランドリーで男子中学生の岡孝汰(黒澤凜士)と知り合う。自然と心を通わせていく二人だったが、真知子は次第に、孝汰が自分の幼いころの親友、佳子(新谷ゆづみ)と同じ雰囲気を持っていると感じ始める。
予告編URL: