NA-NA・キャラメル☆リボンがT-Palette Recordsに仲間入り!ライムベリー、先輩として圧巻のステージを披露! | GirlsNews

NA-NA・キャラメル☆リボンがT-Palette Recordsに仲間入り!ライムベリー、先輩として圧巻のステージを披露!

左からNA-NA・キャラメル☆リボン・ライムベリー
左からNA-NA・キャラメル☆リボン・ライムベリー
  • NA-NA
  • キャラメル☆リボン
  • ライムベリー
  • NA-NA
  • キャラメル☆リボン
  • ライムベリー
  • NA-NA
  • キャラメル☆リボン
  • ライムベリー
  • NA-NA
  • キャラメル☆リボン
  • ライムベリー
  • NA-NA
  • キャラメル☆リボン
  • ライムベリー
  • NA-NA
  • キャラメル☆リボン
  • ライムベリー
  • NA-NA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

7月21日、タワーレコード渋谷店・CUTUP STUDIOで「T-Palette Records presents 第2回T-Palette TV公開収録」が行われ、NA-NA、キャラメル☆リボン、ライムベリーの3組が登場した。

T-Palette Recordsは、タワーレコードが自ら発信するアイドル専門レーベル。アップアップガールズ(仮)やバニラビーンズといった日本のアイドルシーンを既に牽引しているグループや、Negicco、しず風&絆~KIZUNA~などのご当地アイドルも所属している。今回、関西を拠点に活動するNA-NAとキャラメル☆リボンが新たにそのメンバーに加わることとなり、そのお披露目をレーベルの先輩であるライムベリーが見守る、という構図のイベントとなった。

まず登場したのはNA-NAの5人。平均年齢12.6歳、この5人での東京でのライブは初めてと、フレッシュな魅力が溢れるステージとなった。あいさつもそこそこに、大塚愛さんの「Happy Days」のカバーでライブをスタートさせる。女の子らしさを残しながら息のあったダンスと高い歌唱力で関西の先輩の一曲を歌い上げた彼女たちのパフォーマンスに、観客からは驚きの声が上がった。続けてメンバーを入れ替えながら、広末涼子さんの「大スキ!」、「Majiでkoiする5秒前」、花澤香奈さんの「恋愛サーキュレーション」を続けてカバー。最後はオリジナル曲である「キャンディーマシーンに乗って」で締め括った。今後、この「キャンディーマシーンに乗って」のCD化や、TOKYO IDOL FESTIVAL出場など全国区の活動をスタートするNA-NA。あどけない表情から繰り出される本格的なパフォーマンスは、今が旬といっても過言ではない。レーベル所属をきっかけに大きく羽ばたくであろう彼女たち、青田買いするなら今しかない。

続いて、キャラメル☆リボンがステージに登場した。深田聖奈さん、上野天音さん、吉仲葵さんの3人組は、キャッチフレーズの「なにわの3人娘」そのまま。登場して開口一番、元気印の上野さんが「外暑かったですか?暑い!暑い中お集まり頂いてありがとうございます」と関西出身らしい軽妙なトークでまずは会場を温める。そして歌へ、一曲目は「虹色」。3人の息のあった歌声と統率されたダンスに、観客も歓声を送る。また、途中のMCではライブ恒例だという上野さんのお父さん(という設定の)「天太郎」さんが登場。T-PaletteRecords所属を記念してサインボールを観客席に投げ込んだ。この日披露した5曲は全てオリジナル曲。軽妙なMC、ハイレベルな歌やダンス、そして5曲それぞれの守備範囲の広さは、大阪でコツコツと経験を積み上げてきた証しと言えるだろう。夢は大きく「ドームツアー」と息巻く上野さんをたしなめ、リーダーの深田さんが「たくさんの人に感動を与えられるようなアイドルに」と語ったキャラメル☆リボン。この夏は2度目となるTIFへの出場も決まっている。東京のアイドルとはひと味違う、彼女たちにしかできないステージを見るチャンスは、レーベル所属を期にこれからどんどん広がっていくだろう。

最後に現れたのはライムベリー。アイドルラップユニットとして、アイドル戦国時代の中独自の道を邁進する4人組だ。既にT-Palette Recordsから「R.O.D/世界中にアイラブユー」を発売しており、この日は7月31日発売の新曲「SUPERMCZTOKYO」のアピールも兼ねてのステージとなった。ライブはその「SUPERMCZTOKYO」でスタート。先ほどまでアイドルど真ん中の空気だった会場が、あっという間にクラブの雰囲気に早変わりした。MCではメンバーのMIRIさんが「私たちがTパレに入ったときは小さいね、若いと言われてたんですけど、すぐにそれを言う立場になるとは」と自虐ネタをつぶやいたが、ライブは先輩としての実力をまざまざと見せつける圧巻のステージとなる。2曲目の「Ich liebe dich」から6曲目の「We did it」まで、5曲ぶっ続けの大迫力のセットリスト。メンバー自ら「今日はヤバい」と語るラインナップで、詰めかけた観衆をライムベリーワールドへといざなった。

3組が揃ってのMCでは、レーベルの先輩としてこれからプロモーションで回るであろうタワレコ各店の特徴をライムベリー・MIRIさんが紹介。「秋葉原店はタテノリの曲はやっちゃだめ」と具体的なアドバイスを送ると、会場が笑いに包まれる一場面もあった。

「地方発」や「女子中高生ラップ」といったキャッチーな特徴に頼らず、高いレベルのパフォーマンスを見せた3組は、タワレコのお墨付きを勝ち取るだけの理由があることを観客に知らしめた。群雄割拠のアイドル業界に新風を吹き込むT-Palette Records、そしてフレッシュかつハイレベルな3組のこれからに、ますます注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

T-Palette Records

関連商品

STARDUST REVUE 20回目のテアトロン with んなアホなホーンズ [Blu-ray] / STARDUST REVUE

/ Blu-ray インペリアルレコード(2017-01-25)

定価:¥ 7,560

讐 ~ADA~ 第一部 戦慄篇 [Blu-ray] / Array

/ Blu-ray バップ(2013-08-21)

定価:¥ 6,264

B.I.O.D. LIVE IN WWW X [DVD] / ライムベリー

/ DVD PARTICLE Records、SecondFactory(2016-12-21)

定価:¥ 3,240

Languages