nanoCUNE アイドル横丁夏まつり!!で“いずこねこ”と合体し“nanoこねこ”に! | GirlsNews

nanoCUNE アイドル横丁夏まつり!!で“いずこねこ”と合体し“nanoこねこ”に!

nanoこねこ
nanoこねこ
  • nanoこねこ
  • nanoこねこ
  • nanoこねこ
  • nanoこねこ
  • nanoこねこ
  • nanoこねこ
  • nanoこねこ
  • nanoこねこ
  • nanoこねこ
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • nanoCUNE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛県発の4人組アイドルユニットnanoCUNEが7月7日、新木場・スタジオコーストで行われたアイドル横丁夏まつり!!に登場した。

先輩のひめキュンフルーツ缶にも負けない、ハイクオリティのダンスや歌を見せただけでなく、ソロアイドルのいずこねこさんとのコラボユニット「nanoこねこ」としても登場。変幻自在のパフォーマンスで、集まったファンを楽しませてくれた。

次から次へとアイドルが登場し、熱を帯びていた会場がnanoCUNEのオープニング曲「MoonRiver」で、一瞬の静寂に包まれる。

しかし、4人がステージに現れ「嘘つきライアン」を歌い始めると雰囲気は一転。キュートな歌声とキレのあるダンスの化学反応に、会場は一気にヒートアップ。続いて「碧の世界」を歌い、東京のファンにしっかりと魅力をアピールした。

そして最後の曲として告げられた「衝動DAYS」に移ると、ステージ上の人数は一人増えて5人に。なんとここで、いずこねこさんが加わり「nanoこねこ」としてのステージがノンストップで始まる。これには観客も大興奮。即席ユニットとは思えない息の合ったダンスに、いずこさんのライブでおなじみの「いずこミックス」も加わり、まさにこの二組らしい一曲に仕上がった。最後は5人合わせて「nanoこねこでした」とあいさつすると、客席からは大きな拍手が返され、大成功のコラボレーションとなった。

この日のイベントには多くのご当地アイドルが出演したが、その中でもnanoCUNEのパフォーマンスや、即席コラボでの順応性の高さはピカイチだった。群雄割拠のアイドル業界の中でも秀でたこのスタイルを貫けば、いつか愛媛発、全国版アイドルとしてその名を轟かせてくれる日が来るだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

nanoCUNEの動画を観る

関連リンク

nanoCUNE

関連商品

Languages