新メンバー!新体制!そして新曲!新たなスタートを切った、iDOL Streetストリート生の夏が始まった!! | GirlsNews

新メンバー!新体制!そして新曲!新たなスタートを切った、iDOL Streetストリート生の夏が始まった!!

iDOLStreetストリート生
iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • iDOLStreetストリート生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

7月7日の七夕、今年も『アイドル横丁夏祭り!!』が新木場スタジオコーストで開かれiDOL Streetのストリート生のライブが行われた。

iDOL Street(通称アイスト)は2010年、SUPER☆GiRLS(スパガ)の結成と共に始まったプロジェクトの総称で、2013年現在、スパガ、Cheeky Parade(チキパ)、GEM(ジェム)が所属する大所帯ファミリーだ。そんな先輩たちの背中を追い、メジャーデビューを目指す候補生、それがストリート生だ。今回、この夏祭りにはチキパと共に、e-Street SAPPORO、e-Street TOKYO、e-Street NAGOYA、w-Street OSAKA、w-Street FUKUOKAと、活動拠点地域ごとのストリート生たちが参戦。それぞれ一生懸命でがむしゃらな姿を見せた。

実は今月2日から新体制となったストリート生グループ。前日に卒業したメンバー、新たに4期生として加わったメンバー、地域間で移動したメンバーと、それぞれのグループが大きく再編されるかたちとなった。そんな中、この日アイストのトップバッターとしてステージに立ったのはe-Street TOKYO。お馴染みの入場曲「Carry on」(SHANADOO)と共に姿を見せた彼女たちが1曲目に披露したのは、なんと新曲!タイトルは「☆恋してYES~これが私のアイドル道~」。自己紹介ソングとなるこの曲は、客との掛け合いのパートもあり、今後ライブの序盤を盛り上げる定番曲となりそうだ。この曲は他にe-Street SAPPOROとw-Street OSAKAが歌い、それぞれ独自の表現で自分を紹介していった。

新4期生が3人加入となったw-Street OSAKAは、「大阪の平均年齢がガクっと下がってしまいました!」とフレッシュさをアピール。また大阪最年長であるにも関わらず、一番身長が低いと傍士 聖海(ほうじ せいら)がイジられ、会場は笑いに包まれた。(傍士は高校1年生、身長147センチ。最年少は月山京香で中学1年生)

新メンバーの加入、新体制への移行、新曲の初お披露目と「新」づくしとなった今回、手探りながらも大きな一歩を踏み出したiDOL Street。この夏はまだ、始まったばかりだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

iDOL Streetの動画を観る

関連リンク

iDOL Street

関連商品

カタリヤ ほんとにあった都市伝説 [DVD] / Array

/ DVD ミッドシップ(2015-07-31)

定価:¥ 4,104

Languages