九州発のアイドルグループ LinQが新曲イベントで東京・名古屋・大阪・神戸・福岡・博多を席巻! | GirlsNews

九州発のアイドルグループ LinQが新曲イベントで東京・名古屋・大阪・神戸・福岡・博多を席巻!

アイドルユニット/グループ 音楽
LinQ
LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ
  • LinQ

 九州発のアイドルグループ LinQのニューシングル「シアワセのエナジー/祭りの夜~君を好きになった日~」の発売を記念し、福岡・博多、神戸・大阪、東京にてインストアイベントを行っている。

 一ノ瀬みくさんは「どちらも恋愛の歌なんですけど、歌詞も曲調も全然違った感じになっていて、『シアワセのエナジー』はいままでLinQが歌ったことが無いような結構強めのスピード感のあるナンバーです。恋愛の歌詞だけどその中に幸せとはどういうものかという想いを込めて歌ってます。『祭りの夜~君を好きになった日~』は最初に聞いた時はインパクトが強いんですけど、よく聴いてみたら実は切なかったりちょっと懐かしいような、Aメロを聴くとキュンと来るような感じの歌詞になっていて、じっくり聴いてみるとすごいじんわりします。」とアピール。

 7月20日(金)にはタワーレコード渋谷店で昼・夜2回イベントが行われ、平日にも関わらずファンが殺到。「シアワセのエナジー」や「祭りの夜~君を好きになった日~」など3曲を歌い盛り上がった。

 また、7月21日(土)にはガンダム像も間近に見えるダイバーシティ東京 プラザにて、リーダーの上原あさみ率いる東京チームが3公演を行った。こちらでは高木悠未さんが水鉄砲を使ってファンに水を浴びせるなど大奮闘。

 ライブ終了後にはサイン会も行われ、ふだん福岡で行われている定期公演と同じように間近で触れ合いファンとの交流を行った。

 その頑張りもあり、7月20日付のオリコンCDシングルデイリーチャートでは4位を記録。リーダーの上原あさみさんは「本当に皆さんのおかげです。ウィークリーTOP10入りできるようにあとちょっと頑張ります。」とファンに感謝していた。

 イベントの合間にメンバーに先日行われた恵比寿 LIQUIDROOMのワンマンライブ「TOWER RECORDS Presents LinQ東京ワンマン2days ~ム・リ・シ・マ・シ・テ~」の感想を聞いてみたので紹介する。

 舞川あや:「初めての遠征で不安もあったんですけど、お客さんもみんな盛り上げてくださったし、メンバーも優しく声をかけてくれてすごく楽しかったです。」

 岸田麻佑:「2日間セットリストも全く違った内容で、覚えるのが大変でした。立ち位置が福岡で公演をする時とは違ったので、それも新鮮な感じはあったけど緊張はしたし、お客さんが入るのか心配だったんですけど、1日目のUSTREAM配信を見て2日目に来てくれたりしたのを聞くと、来てよかったて思いました。」

 奥村ゆい:「福岡の雰囲気と全然違って、東京のみなさん熱いというか、煽りとかをすごい乗ってくれるんですよ。いつも煽り担当なので大声だして言ってるんですけど、みんながこれだけ乗ってくれるんだと思ったらウルッときて、終わったあとの物販で『一番今日は良かったよ』とファンの方に言ってもらえて、本当にムリしてよかったなと思いました。」

 瑞稀もえ:「1日目のワンマンでめっちゃ歓声が上がった時に舞台の裏でめっちゃビクビクしてたんですよ。本当に心臓が飛び出るくらい緊張してたんですけど、ステージに立っていっぱい来てくれているのを見たら緊張がほぐれて、頑張ろうと思いました。自分に悔しいところがあったり、まだ行けたなと思うところがあったりそこは悔しいですけど、(最後の物販で)お客さんから『本当良かったよ』と言われた時は嬉しかった。」

 城崎はるな:「MCの内容もムリしましたエピソードをやったんですけど、メンバーとめっちゃ考えたし、みんなで作って行くのがLinQなんだなていうのを改めて感じたし、2日間に限らずどこの会場でもみなさん盛り上げてくださって、一緒にもりあがることができてファンの人とメンバーみんなで作り上げてる想いが詰まった2日間だったなと思いました。」

 姫崎愛未:「今回のツアーは直前で決めることがいっぱいあって、すごい不安があって直前まで不安だったんですけど、実際、本番を迎えたらたくさんの方に来ていただいてほぼ満員みたいな状態だったんですけど、私としてはもっと盛り上げられたんじゃないかなと思うし、まだステップアップできると言うか階段を一歩前に進んだくらいなので、次ワンマンライブをするならリキッドのワンマンで学んだことを吸収して次に臨めたら良いなと思いました。」

 坂井朝香:「チケット売れてないよと本番前に言われて『えー』と思ったんですけど、本番前にカーテンの隙間から客席を覗いてみたらびっくりするほどお客さんがいて、びっくりし過ぎて緊張が高まったんですけど、ステージでは全力を出し切って頑張って笑顔でやりきれました。」

 一ノ瀬みく:「2日目のセットリストが『雨にぬれても』や『Wake up』『夏 magic』『Sakura 物語』とか私たちがすごい好きな曲で、デビュー当時のLinQらしい曲が多い2日目のセットリストで、前日の夜までリーダーとずっと悩んでいたんですけど、終わった後にファンの方が『すごい好きな曲ばかりだった』『すごく良いセットリストだった』と言っていただけていて、売れるために万人受けする曲をやらないといけないんじゃないかという葛藤みたいなものも私たちの中にあったので、LinQらしさをもうちょっと出して良いだというところが確認できたライブでした。」

 秋山ありす:「リキッドルームに入ったすぐ、その広さにびっくりしました。今回の遠征はフォーメーションも直前で変わったりして、初めてのポジションで出るのに、フォーメーションが間に合ってなくて始まる直前に練習をした曲もあって、すごいドキドキでした自分の声も調子がわるくて万全の調子で臨めていない自分に悔しくて泣きそうで、これだけ大きなステージでライブができるのに悔しい気持ちでいっぱいで、せっかくの機会だから全力でやろうと思ってめっちゃ全力で歌いました。次回大きいワンマンがある時はフォーメーションも歌も体調も万全にしたい。」

 松村くるみ:「LinQ 19名で2Daysワンマンライブを行うのが初めてで、いざ東京に行ってみてステージに立った瞬間、すごいお客さんがいっぱいいてこんなに私たちのためにお客さんが入ってくれているんだと思ったら、すごく感動してしまって涙目になっちゃいました。私自身も東京にはあまり来たことがなかったんですけど、前よりも成長できたんじゃないかなと思います。もっともっと上に行きたいのでもっと大きい会場でそこを満員にしたい。」

 天野なつ:「今回は本当にムリしてて、平日で2日間という全然未熟なのにムリなことをしてしまって本当に不安だったんですけど、1日目はとにかく2日目に来ようと思ってもらおうと全力でして、みんなにつぶやいてもらおうと頑張ったんですけど、思ったよりもたくさん来てくれて2日目は見渡す限りお客さんばっかりで、すごいやる気が出たし、私たちも本当に頑張らないとと思って頑張りました。」

 原直子:「ワンマン2Daysは自分の中で今までのステージの中で一番ハジケれたかなと思って、絶対お客さんに楽しんで帰ってもらいたいとすっごい今までに無いくらい思ってて、そこからパワーが生まれました。この感覚を忘れないように頑張りたいなと思います。」

 杉本ゆさ:「本当にリキッドルームはめちゃくちゃ広いと聞いていてすごい心配だったんですけど、1日目から左右にもすごい人がいて、1日目には通常公演でもやっているような曲で構成されていて、初めて来てくれた方にも楽しめるようなライブにできたんじゃないかなと思っていて、その成果もあり2日目は当日券でもたくさんファンの方が入ってくれて、すごい嬉しいなと思いました。2日目は福岡での公演でしかやらないような曲を結構詰めてて、2日目は失敗が多かったんですけどそれをファンの方の声援や盛り上がりで支えていただいたなと思って、2日目はみんなで作ったライブだなと思って自分の中でも完全燃焼しました。」

 高木悠未:「この前のリキッドルームは不安とドキドキが入り混じった感じでした。振り返った瞬間 お客さんの顔がたくさんあってすごい私自身今までのライブの中で結構楽しかったし、今回のシングルが勝負と言われているので感謝のライブになりました。」

 桃咲まゆ:「アイドルブームはそんなに長く続かないし、1つのグループをずっと応援してくださることってなかなか難しいので不安に考えていたんですけど、いざ始まったら、全然そんなことなくてたくさんのお客さんが見に来てくださっていて自分的には盛り上がったし良かったなと思ったんですけど、でも満員ではなかったから、今度来る時には満員にしたい!」

 上原あさみ:「初めてワンマン2Daysということで、直前までお客さんが入るかなとすごい不安でみんなめっちゃ緊張してたんですけど、セットリストも挑戦したし、新しいLinQを見せれたんじゃないかなと思います。

 山木彩乃:「すごいたくさんの人が来ていただいて、大きい舞台に立ててすごく勉強になりました。今後に活かしたい!」

 桜愛美:「東京のファンは福岡の人と違って、盛り上がり方が違って声が揃っていて感動しました。前にギューとたくさんの人が来てつぶれてしまっているのが心配で仕方なかった。」

 福山果奈:「デビューしてあまり時間が立って無くて本当に大丈夫かなと不安だったけど、楽しめて良かったです。」

 また、この夏やってみたいことを聞いてみると、天野なつさんは「夏と言えばバーベキューなので、そういうのをファンの人としたい!」、杉本ゆささんは「LinQのみんなで海とかにも行きたいなと思います。九州のいろんなイベントに参加して、もっと九州の人に愛されるLinQにしたい。」、高木悠未さんは「お客さんにダイブしたい! めっちゃ水を吹きかけてみたい!」、桃咲まゆさんは「1日だけでも浴衣を着てお祭りに行きたい!」、そして原直子さんは「お料理がめっちゃ趣味なんですけど、より磨きをかけて資格に挑戦したい。」、リーダーの上原あさみさんは「LinQで野外ライブをやりたい!」など語っていた。

 そして、8月4日・5日にはLinQはTOKYO IDOL FESTIVAL 2012に出演することが決まっている。リーダーの上原あさみさんは「たくさんの大きなアイドルグループさんが出られるので私たちも負けないように、気合で頑張ります」と意気込みを語っていた。

 LinQは普段は福岡にて定期公演を開催しているが、現在は東京・名古屋・大阪でのライブも開催し、福岡での定期公演に来てもらえるよう努力している。リーダーの上原あさみさんは「かなり増えてます。多い時だと半分くらい遠方から来てくださってます。」と、定期公演を1度見たい東京・名古屋・大阪のファンも多数駆けつけていることを明かしていた。

LinQの動画を観る

関連リンク

LinQ 公式サイト

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。