青春真っ只中の9nineが日本青年館でワンマンライブ! 2600人のファンが熱狂 | GirlsNews

青春真っ只中の9nineが日本青年館でワンマンライブ! 2600人のファンが熱狂

9nine 3rdワンマンライブ「青年館の9nine」 (C) LesPros entertainment
9nine 3rdワンマンライブ「青年館の9nine」 (C) LesPros entertainment
  • 9nine (C) LesPros entertainment
  • 9nine (C) LesPros entertainment
  • 9nine (C) LesPros entertainment
  • 9nine (C) LesPros entertainment
  • 9nine (C) LesPros entertainment
  • 9nine (C) LesPros entertainment
  • 9nine (C) LesPros entertainment
  • 9nine (C) LesPros entertainment
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月6日、パフォーマンスガールズユニット 9nineが日本青年館でワンマンライブ「青年館の9nine」を昼夜2回行い、約2600人のファンが集結。

 オープニングでは「青年館の9nine」までの道のりのVTRが上映され、「少女トラベラー」のリリースイベントで各地を訪れた際にファンから寄せられた9nineへのメッセージが書かれた9nineフラッグが映し出された。

 9nineへのファンの想いが日本青年館のステージに集まる中、ついに開演。

 真っ赤な衣装で統一した9nineのメンバーが登場すると、この日を待ちわびたファンから大歓声。「Cross Over」の曲でスタートすると、色とりどりのサイリュームでファンから熱い応援を受けた。
 佐武宇綺さんは「来たぞー ! 青年館~~~!」、川島海荷さんは「広いぞー ! 青年館~~~!」と広い日本青年館で雄叫び!

 川島海荷さんは「すごく広くて音が響くのが新鮮な感じ ! こんなにたくさんの方が見に来てくれて楽しむしかないです ! 」、村田寛奈さんは「今このステージに立っているのがワクワクドキドキ ! 」、吉井香奈恵さんは「人多いわ~。みなさんのパワーに負けないくらい私もパワー出していきます ! 」、佐武宇綺さんは「9nineファミリー多いな~。みんなの毛穴まで見えるからしっかり隠しといてね(笑)。9nineの歴史に残るライブにしたいと思います ! 」、西脇彩華さんは「9nineが青年館でライブができるなんて、ここにいるみなさん、応援してくれるみんながいるから。いつも通り笑顔で頑張ります ! 」と意気込みを語り、西脇彩華さんは「今日は、皆さんと一緒に『青年館の9nine』という伝説を作りたいと思います ! 宜しくお願いします ! 」と宣言し次の曲へ。
 
 「少女トラベラー」・「#girls」・「チクタク☆2NITE」ではバックスクリーンの映像も駆使し、魅せるパフォーマンスにファンは釘づけ。学校のチャイムが学校帰りに彼と待ち合わせて一緒に下校するようなイメージの青春の一場面にファンをキュンとさせた。「ダーリン、ダーリン」の楽曲ではスタンドマイクで『気持ち』を届けるパフォーマンスを行いファンを魅了。

 バックスクリーンには、吉井香奈恵さんに激似のキャナリー吉井さんのインタビューVTRが流れ、なんとゲストとして日本青年館のステージに登場。キャナリー吉井さんは9nineのファンイベントで登場したことがある柏出身のシンガーソングライター。

 オドオドしながらステージに登場するも、ギターの弾き語りで本人 作詞・作曲の「エレベーター」を披露し、圧倒的なクリスタルボイスでファンをうっとりさせた。

 続いてさらにゲストが登場。村田寛奈さんに激似のヒロケル・ジャクソンが登場。ヒロケル・ジャクソンはニューヨークから来日したダンス大好きなパフォーマー。本人は日本大好きを公言しており、日本で有名な楽曲に合わせて即興でダンスを披露。小さな体で全力でダイナミックにダンスする彼女にファンから盛大な拍手が送られた。

 後半戦では衣装をチェンジし、水平さんをイメージしたマリンスタイルで9nineのメンバーが登場。

 3月7日にリリースされたアルバム「9nine」のボーナストラックに収録されている「9nine o’clock」をこの日ファンの前で初披露。この楽曲はメンバーを紹介する曲になっており、これを聞いたファンは大絶賛。ライブの定番ソングになるに違いない。

 後半戦では6月20日に発売する 9nineのニューシングル「流星のくちづけ」をファンに披露することに!

 川島海荷さんは「とにかくキラキラしていて、流星とともに歌詞が降ってくる感じ?素敵な曲で大好きです ! 」、村田寛奈さんは「夏が始まるワクワクする感じ。歌詞を聴いて、こういうのって青春 ! って思いました ! 私もJK(女子高生)になったし、青春していきたいです ! 」、吉井香奈恵さんは「キュンキュンして、自分で歌っていてもテレるんです。ピュアな恋の歌なので」、佐武宇綺さんは「キラキラしてて、夏ってワードが出て、これが青春って感じ ! ! 」とそれぞれ新曲をアピール。

 西脇彩華さんは「この曲はいつものヘッドセットではなく、ハンドマイクで歌ってみようと思います ! 青春キラッキラな曲」と語り、メンバーはハンドマイクを手に持ち、いつもと違った9nineのパフォーマンスで新曲「流星のくちづけ」を披露。
 
 新曲「流星のくちづけ」は夏の始まりの季節に合うキラキラした恋愛を描いた青春ド直球なナンバーになっており、今の9nineにピッタリな楽曲に新たな9nineの一面をファンに印象づけた。

 そして、「困惑コンフューズ」では9nineのメンバーと客席のファンで一斉にフラッグを振り、一体感溢れるライブステージで「Love Me?」「SHINING☆STAR」と続き最高潮に!「ありがとう ! ! 」と元気に手を振りステージを去った。

 すかさず客先からはアンコールならぬ「9nine」コールが響き渡る。その声に後押しされ再び 9nineのメンバーがステージに! ステージの後方には9nineを応援するファンが「少女トラベラー」のイベントでしたためたメッセージが書かれたフラッグが飾られている。

 9nineのメンバーは、この日のために新しいことに挑戦しようとバンドでの演奏を初披露することに!

 吉井香奈恵さんは「アンコールありがとうございます ! 私たちこの青年館に向けて、9nineとして何か新しいことに挑戦したいと思い、ということで、1ヶ月前からバンドにチャレンジすることを決め、ここまでやってきました ! 」と告白。

 リニューアルの際に行われた9nineのオーディション合宿の課題曲「Fly」をバンドで演奏。

 佐武宇綺さんは未経験だったベース。毎日練習を重ねた。村田寛奈さんはバンドの核となるドラムを担当。ドラムは基本から学んだ。吉井香奈恵さんは得意のギター。川島海荷さんは小さい頃から習っていたピアノ。西脇彩華さんも未経験のキーボード。自主練を欠かさなかった。

 そんな9nineのバンド演奏にファンは釘づけ、佐武宇綺さんは「初めてのバンド演奏、いかがでしたか?」と問いかけるとファンから「イエーーー !」と歓声に包まれ大盛況。

 佐武宇綺さんは「今回は初めてのホールワンマンライブという事で、よりスケールアップした9nineを見ていただこう、楽しんでもらおうと、アルバムリリースからこの二ヶ月この日のために頑張ってきました!私たちが頑張れたのも、アルバムリリースのときのイベントで、みんながこのフラッグに書いてくれた、メッセージのおかげです。あと、タイミングが合わず、フラッグに書けなかった人も、想いは十分頂いています。ありがとう!いつもリハーサルのとき、ダンスのレッスンのとき、常に私たちを見守ってくれました。この二ヶ月間は、私たちとみなさんの青春だと思います!! ! ! ! ! そして最後は、ステージでも一緒にいてもらおうとここに持ってきました!たくさんの愛情と勇気をくれたこと、メンバー一同、感謝します!」と語ると佐武宇綺さんの目から大粒の涙が・・・。

 佐武宇綺さんは「改めてほんとに、ありがとうございました!」と語り感動の嵐となった。

 そして、川島海荷さんは「何より、今ここに来て下さった皆さん、進化し続ける9nineをこれからもよろしくお願いします!」と語り、メンバー全員「よろしくお願いします!」を心を込めてファンに伝え、最後に感謝の気持ちを込めて「オレンジdays」を熱唱し、熱気に包まれながらメンバーはステージを去った。

 が、しかし再び 9nineコールが・・・。

 鳴り響く9nineコールに、再び9nineのメンバーがステージへ「Wアンコールありがとう~!」と客席に響く。そんな中、嬉しいお知らせが

 「こんなのアイドルじゃナイン!?」のDVDが5月11日(金)に発売になることを記念し、5月27日(日)にタワーレコード渋谷店でトーク&握手会が決定。さらにさらに、重要なお知らせとして西脇彩華さんは「本日はもうひとつ ! みなさん、ここからが重要です ! 次のライブが決定しました ! なんと ! 場所は ! あの ! 日比谷野音です ! ! 8/19(日)日比谷野音でライブが決定しました!」と語ると「ウォー ! 」という雄叫びが!

 西脇彩華さん「できんのか、9nine。張り切りすぎてねーか?と思っているみなさん。それは自分たちが一番よく分かっています。私たちが次のステップに行けるように、スタッフの皆さんが決めてくれました。聞いたときすごく不安でした。でも、今日ここに立っていることも、2ヶ月前には想像できなかった。今日この日を実際に迎えることができて、次も行けるんじゃないかな、挑戦してみたいな、と思ったんです。もっと9nineファミリーを作って、もっともっと盛り上がりたい ! みんな応援してくれますか?」と問いかけると、割れんばかりの最大限の熱い声援でファンは答えました。

 最後は「Wonderful world」を披露し幕を閉じた。

 9nineは5月6日、「青年館の9nine」という新たな伝説を刻んだ。次の伝説へ向けてどんな飛躍を遂げるのか まじめで一生懸命にひたむきに取り組む青春真っ盛りの彼女たちの進化を、今後も見届けて欲しい。

 

9nine 3rdワンマンライブ「青年館の9nine」セットリスト
1. Cross Over
2. Cute
3. 少女トラベラー
4. #girls
5. チクタク☆2NITE
6. ダーリン、ダーリン
キャナリー吉井パフォーマンス
ヒロケルジャクソンパフォーマンス
7. 9nine o’clock
8. 夏 wanna say love U
9. 流星のくちづけ
10. koizora
11. 困惑コンフューズ
12. Love Me?
13.SHINING☆STAR

ENCORE1
14. FLY
15. オレンジdays

ENCORE2
16. Wonderful world

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

9nineの動画を観る

関連リンク

9nineオフィシャルファンクラブ

関連商品