桃色革命、延期となっていた3rdワンマンのリベンジが成功 苦難を乗り越えた10人の絆 | GirlsNews

桃色革命、延期となっていた3rdワンマンのリベンジが成功 苦難を乗り越えた10人の絆

アイドルユニット/グループ ニュース 音楽

「桃色革命」の3rdワンマンライブ『革命第三章~六本柱とその先へ~』が5日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催され、平日にも関わらずたくさんのファンが応援に駆けつけた。ライブの最後には、5月10日に恒例ライブ「コトネの日」の開催と、6月20日に3rdシングルがリリースされることが発表された。

本来、2月に開催を予定していたこの公演は、メンバーの百瀬はる夏と伊倉結音が揃って椎間板ヘルニアを患ったことにより延期となっていた。その後、桃色革命は関東在住の新メンバー4名が加わり10人体制となったが、百瀬はる夏は椎間板ヘルニアによる将来の影響を懸念して桃色革命を卒業することを決意し、今回が現在の10人で行なう最初で最後のワンマンライブとなった。

公演を迎えるまでの間にもメンバーがインフルエンザに見舞われるなど、苦難続きの桃色革命だったが、直前にはリーダーの小桃音まいが急性声帯炎で全く声が出なくなるという危機的状況となり、それでも宿命に抗うかのようにライブは決行された。

デビュー曲『きゃらめりめりー☆』を10人のパフォーマンスで披露するオープニングで幕を開けた公演は、小桃音まいのソロパートを他のメンバーがカバーし、お互いを支えあいながらの公演となった。トークコーナーでも小桃音まいがボードで懸命に気持ちを伝えるのを他のメンバーがフォローしながら進んでいった。

ワンマン恒例となっているソロコーナーは、メンバーも増えてボリュームアップ。それぞれが自分で選んだ曲と衣装で個性を披露した。コーナー後半に登場した小桃音まいはオケに合わせた”踊ってみた”的な形でのパフォーマンスとなったが、ソロ時代に歌っていた『オレンジ』の披露にファンは胸を熱くし、会場を右へ左への“民族大移動”を繰り広げて盛り上がった。

小桃音まいは、ソロ時代も喉の具合を悪くして公演で悔しい思いを味わった経験が何度もあるはずだが、この日は他のメンバーの存在にずいぶん気持ちが救われたようで、「こういう見せ方もあっていいよね」と言わんばかりに明るい表情を見せて表情に陰りを感じさせなかった。

アンコールでは、ラテン調の新曲『わが愛は猫である』を披露。最後まで盛り上がり続けながら2時間にも及んだワンマンライブは、ダブルアンコールでメンバーたちを迎えた。MCを担当していた児玉せりかが感極まって涙を見せる中、最後に小桃音まいもスケッチブックに“大せいこうで3rdワンマンが終えれて、幸せです!”と涙しながらに文字を綴った。

また、公演ではサプライズで、5月10日の”コトネの日”が開催されることを発表。出演者第1弾として、アフィリア・サーガ、愛乙女☆DOLL、STARMARIE、Fullful☆Pocketに並んで“小桃音まい”の名前が上がっていた。さらに、桃色革命の3rdシングル『Give me Bunny Love』が6月20日にリリースされることも発表され、ファンの歓声が上がっていた。

 

桃色革命百瀬はる夏 卒業公演

▶4月15日(土)青山 月見ル君想フ(開場11:00/開演11:30)
ゲスト:亜利美里 ギター:奥山アキラ

桃色革命ツアー2017春「革命元年」

▶4月16日(日) 神奈川/Yokohama O-SITE(16:15開場/16:30開演)
☆ゲスト:寺嶋由芙

▶4月22日(土) 愛知/VERSUS東海ホール(17:45開場/18:00開演)
☆ゲスト:P.IDL NAGOYA

▶4月23日(日) 京都/京都VOXhall(16:30開場/17:00開演)
☆ゲスト:Yes Happy!

▶5月4日(祝/木)大阪/LIVE SQUARE 2nd LINE(17:45開場/18:00開演)
☆ゲスト:JK21R

▶5月5日(祝/金)兵庫/神戸VARIT(16:15開場/16:30開演)
☆ゲスト:Lovelys

▶5月7日(日) 北海道/札幌Sound Lab mole(15:15開場/15:30開演)
☆ゲスト:フルーティー

▶5月28日(日) 東京/表参道GROUND(15:00開場/15:30開演)
※当公演はワンマン形式

桃色革命 オフィシャルサイト
http://www.monstarjapan.jp/momoiro/

    関連商品