“エロ過ぎるジャズピアニスト”高木里代子、名古屋アイドルグループ・OS☆Uにコラボ参加 | GirlsNews

“エロ過ぎるジャズピアニスト”高木里代子、名古屋アイドルグループ・OS☆Uにコラボ参加

Lady Note from OS☆U、高木里代子
Lady Note from OS☆U、高木里代子
  • Lady Note from OS☆U
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋・大須商店街発のアイドルグループ「OS☆U」(オーエスユー)の派生ユニット「Lady Note from OS☆U」が、8月10日発売のミニアルバムのリード曲で、“エロ過ぎるジャズピアニスト”として話題の高木里代子さんをフィーチャリングに迎え、『愛してジャジー feat. 高木里代子』をリリースする。高木さんは「この楽曲をきっかけに、アイドル界、JAZZ界のコラボとして、より幅広い層の皆さんが新しい音楽の楽しみを共有してくれたら嬉しいです」とコメントしている。

今回、新たにアイドル・ジャズに挑戦する「Lady Note from OS☆U」。今までダンスに音楽にと常に全力でやってきたメンバーは、ジャズという敷居の高いジャンルにおいても一切の妥協をしたくないという強い思いから、本格的でかつ華のあるジャズピアニスト・高木さんの客演を熱望した。

『愛してジャジー feat. 高木里代子』には、高木さんのピアノのほか、名古屋の超一流レジェンド達が、ドラム・ベース・ギター・管楽器でバンド演奏に参加。高木さんの
“しなやかなピアノプレイ”とレジェンド達が醸し出す“本物の音”と“グルーブ”にキャッチーなメロディを乗せ、本格的なジャズポップミュージックに仕上がっている。

高木さんは、同曲のミュージックビデオにも出演。アイドルと美人ジャズピアニスト…ひた向きな可愛さと大人のセクシーな色気…その両方が味わえる化学反応にも期待が高まる。

「Lady Note from OS☆U」のリーダー・清里千聖さんは、「ジャズという今までのOS☆Uには未知の世界…当初不安もありましたが、やるからには全力でやりたくて…
勇気をだして高木里代子さんにお声がけさせていただいたことで、本格的なジャズとアイドルという今までにない新しい音楽が生まれたと思います」と喜びを表した。

また高木さんは「未知なドキドキ感と不安、はたまたイタヅラな冒険心と期待もあり、挑戦させていただきました」と今回のコラボのきっかけを語り、「OS☆Uさんの楽曲や歌詞の良さも勿論ですが、曲のコード感やアレンジも、POPな中にJAZZらしいセクシーな浮遊感、サポートメンバーの超絶スキルとともにテンポ良く展開をするドライブ感。そこにハツラツと弾けるOS☆Uの皆さんの歌声は最高心地よく、素晴らしいジャジーなアレンジに仕上がっていると思います」とアピールした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

Languages