「最後のコトネの日?」小桃音まい、チャオ ベッラ チンクエッティや仮面女子とステージでコラボ | GirlsNews

「最後のコトネの日?」小桃音まい、チャオ ベッラ チンクエッティや仮面女子とステージでコラボ

小桃音まい
小桃音まい
  • 小桃音まい
  • 小桃音まい
  • 小桃音まい
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • 「コトネの日」記念ライブより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

ソロアイドルの”まいにゃ”こと小桃音まいの名前にちなんで制定された「コトネの日」を記念した主催ライブが去る5月10日、、渋谷・O-EASTで開催され、北澤鞠佳(赤マルダッシュ☆)、放プリユース、寺嶋由芙、放課後プリンセス、バクステ外神田一丁目、drop、仮面女子、チャオ ベッラ チンクエッティ(以下、チャオベラ)の8組の豪華なゲストと共に賑やかなライブを繰り広げた。

アイドルオタクを自認するまいにゃ自身が共演したいアイドルをブッキングするという個性的なイベントとしてファンからも注目されてきた「コトネの日」だが、まいにゃが今年8月でソロ活動休止を宣言しているだけに「今年が最後かも」と周囲が寄せる想いも大きなイベントとなっていたようだ。

まいにゃは自身の出演パートで「外の雨に負けずにみんなと一緒に楽しいコトネの日にしたい!!他の豪華なゲストに負けないようにしっかり盛り上げていきます!」と意気込んでライブに臨んだ。

5月24日に発売されるラストシングルから『キミだけのシンデレラ~純情レインボークチュール』や、同日発売のベストアルバムで初めて音源化される『Peace in MYTH!』『One more chance!!!!!!!』などを披露し、観客を巻き込んで右へ左へと大移動して大いに盛り上げた。

後半のトークでは、同じ会場で2013年のコトネの日にメジャーデビューを発表した場面を再現したり、日本記念日協会からの認定証を「スゴイでしょー!」と自慢気に披露したりして当時を振り返りつつ、これまでイベントを応援してくれたファンに感謝を表わした。

オープニングでまいにゃとトークコーナーに出演した赤マルダッシュ☆の北澤鞠佳さんは、初めてのソロ出演でオープニングを飾った。以前からまいにゃと仲が良いという北澤さんは「まいにゃが新ユニットを結成したら私も入りたい!」と熱烈アピール。まいにゃのTシャツやタオルを装着し、まいにゃの『コズミック☆UNIVERSE』を最後にカバーして、まいにゃ愛を炸裂させていた。

最近著しい人気と成長ぶりを見せている放課後プリンセスの妹ユニット・放プリユースは、長澤茉里奈・関根ささら・小島まゆみの3人での出演ながら、フレッシュなパフォーマンスで観客のハートを掴んだ。

以前いたグループ時代も含め、連続4年でコトネの日に参加する寺嶋由芙さんは「まいにゃとはライブでご一緒することが多くて、こと民のみなさまとも打ち解けてきた気がします」とファンにアピール。人気ゆるキャラたちとコラボした『いやはや ふぃ~りんぐ』や、「これまでの感謝とこれからもよろしく」という気持を込めて『#ゆーふらいと』『ぜんぜん』を歌った。

放課後プリンセスはフルメンバーに放プリユースの3人も加えて『純白アントワネット』『真夏の夜の夢』などを披露。放プリ加入前からまいにゃと親しかったという舞花さんは「すごく仲良くさせて頂いているので出演させていただいて嬉しい」と張り切って会場に歌声を響かせた。

バクステ外神田一丁目はNewspaperチームの朝倉ゆりさんや、七海とろろさんなど7人での出演。『HAPPY!今日はなんだか忙し~』では観客もクラップや手の振りをマネて一緒に盛り上がった。

昨年に引き続き出演の drop は、5月から新メンバーの小泉留菜さんと小日向麻衣さんも加わり、5人体制となってパワーアップしたステージで客席を盛り上げた。7月にはこの会場での連続ワンマン公演も決定しており、さらにスケールの大きなグループへ成長するものと期待される。

仮面女子は、『アドベンチャー』などの賑やかな楽曲で会場を盛り上げ、ラストの曲『夏だね』では、まいにゃもボートに乗って客席の海に漕ぎ出すパフォーマンスに参加した。「思ったより揺れなくて、快適なクルーズでした!」とまいにゃは大喜びだった。

トリを飾ったチャオベラ(旧名:THE ポッシボー)は、実はまいにゃがアイドルになる以前からファンとして憧れていたグループ。神戸から深夜バスで何度も東京のイベントにも参加していたというまいにゃは、チャオベラのメンバーからも「ファンの中にカワイイ子がいる」と話題になっていたと言う。ラストの『全力バンザーイ!My Glory!』では、まいにゃもステージに飛び入りし、「舞台袖でオタオタしていたら、マネージャーさんから”行ってきな”って背中を押されてビックリしました!」と顔をほころばせていた。

最後の挨拶では「また次回も呼んでください!」と、次々にアイドルたちがコトネの日の継続を訴えた。「来年はどうなるかわからないんで…」とまいにゃが答えを濁すとステージと客席が声を揃えて「ええ~っ!の大合唱。まいにゃは困りながらも嬉しそうに「小桃音がユニットになっても続けられるようにこれからも頑張って行きたい」と笑顔で答えていた。

まいにゃは、今週開催の「淡路島ガールズ・ポップ・フェスティバル」で27日の前夜祭に続き、28日の同イベントにも出演する。
さらに28日18時30分からHMV三宮VIVRE、29日12時からはタワーレコード横浜ビブレ店で、それぞれ観覧無料のインストアライブを行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小桃音まいの動画を観る

関連リンク

小桃音まい オフィシャルサイト

関連商品

Languages