「第6回AKB48グループじゃんけん大会」 藤田奈那がじゃんけん女王に! | GirlsNews

「第6回AKB48グループじゃんけん大会」 藤田奈那がじゃんけん女王に!

AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • AKB48「第6回AKB48グループじゃんけん大会」の様子 (C)AKS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

9月16日(水)に、「第6回AKB48グループソロシングル争奪じゃんけん大会in横浜アリーナ~こんなところで、運なんか使っちゃうのかと思うかもしれないが、とりあえず、勝たなきゃしょうがないだろ?~」が、横浜アリーナで行われ、藤田奈那(AKB48チームK)が、第6回じゃんけん女王の座に輝き、ソロデビューの権利を獲得した。

第6代じゃんけん女王の座を奪い取らんと新たな決戦の地・横浜アリーナに集まったのは、総勢108名。AKB48正規メンバーはもちろん、AKB48研究生やチーム8、そして全国の姉妹グループからは、先月に行われた予備戦を勝ち抜いた精鋭が揃った。

最後の大会で、これまでの惨敗の歴史を終わらせ有終の美を飾りたい高橋みなみ総監督(AKB48チームA)。西川貴教さん風の衣装に身を包み、ご本人の声援を受けながらも2回戦で敗退し、「ま、こうなりますよね…」とがっくり。

大会前から話題の小嶋対決「小嶋真子(AKB48チーム4)vs小嶋陽菜(AKB48チームA)」では、負けると小嶋姓を1週間名乗れない特別ルールをこじはる(小嶋陽)が提案し、みごと勝利。負けたこじまこ(小嶋真)だけでなく、セコンド役の小嶋菜月(AKB48チームA)も、

その後の試合で「なつき」として参加する事態となりましたが、それが幸いしたのか、ベスト16入りを果たしました。唯一のNGT48メンバーとして参加した新潟ープの旗とともに挑みましたが、2回戦であえなく敗退。グループデビュー前にソロデビューを果たすという奇跡は起こりませんでしたが、北原里英キャプテンは「NGT48を背負ってよく頑張った」と健闘をたたえた。

予備戦最多となる6連勝で本戦への切符を獲得したSKE48の太田彩夏(SKE487期研究生)は、勢いそのままに高橋朱里(AKB48チーム4)たちを撃破するも、あと一歩のところで選抜入りを逃した。

史上初となる総選挙とじゃんけん大会の二冠への期待がかかる渡辺麻友(AKB48チームB)は、愛してやまないポムポムプリン(サンリオのキャラクター)とともに参戦しご機嫌でしたが、あっさり一回戦敗退となった。

松井珠理奈(SKE48チームS/AKB48チームK)と渡辺美優紀(NMB48チームBII/AKB48チームB)には、2度目の優勝の期待がかか、珠理奈はが1回戦敗退。さらにSKE48は選抜にひとりも入れず「切ない」と自身の負けよりも、悔しさをにじませた。一方、みるきー(渡辺美)は、ベスト16に入り、2連覇は叶わなかったものの、ディフェンディングチャンピオンの名に恥じない強さを見せた。

大会クライマックスの決勝戦は、藤田奈那(AKB48チームK)と中西智代梨(AKB48チームA)の対決となり、ふたりは「どっちが勝ってもヤバい!」「場違い!」と、自身も想像していなかったまさかの展開に緊張の様子。そしてあいこ6回という熱戦の末、藤田奈那が勝利を掴みとった。「私は大変なことをしてしまいました…」と大粒の涙を流した藤田に、入山杏

奈(AKB48チームA)や加藤玲奈(AKB48チームB)たち同期生が駆け寄り、優勝の喜びを分かち合った。

高橋みなみ総監督の「努力は必ず報われる」という言葉を信じ、5年間、劇場公演でパフォーマンスを磨いてきた藤田に、ファンだけでなく、メンバーからも大きな拍手がおくられた。

山本彩(NMB48チームN/AKB48チームK)は番傘に着物姿、チーム8秋田県代表の谷川聖は“なまはげ”をモチーフに、岡田奈々(AKB48チーム4)はギャルメイクとファションで、エジプト好きの矢方美紀(SKE48チームS)はクレオパトラをイメージ…など、今年もメンバーそれぞれの個性が反映された多くの衣装が大会を彩った。

●藤田奈那コメント

(ソロデビュー曲は、どんな曲がいいか)
歌も好きですが、やはりダンスが好きなので、ダンスでも魅せることができる曲なら、私のよさを出していけるんじゃないかなと思います。「RIVER」を聴いて、AKB48に入ろうと思ったので、そういうメッセージ性のある曲をいただくことができたらいいなと思います。

(優勝の喜びを伝えたいのは)
お母さんです。いままでチャンスを掴めなくて、一緒に悔しがってくれていたので。今も家で喜んで泣いてくれていると思います。この後、電話をして感謝の気持ちを伝えたいと思います。

(ファンに向けて)
じゃんけん大会に優勝してソロデビューというチャンスを掴みました。このチャンスを無駄にしないように、今までやってきたことの全てをかけて頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。

オフィシャルレポート・写真提供:(C)AKS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

の動画を観る

    関連リンク

    「第6回AKB48グループじゃんけん大会」オフィシャルサイト

    関連商品

    Languages