黒で引き立つ白の美しさ!さんみゅ~初の全国ツアー千秋楽で新たな7人の姿を次々披露 | GirlsNews

黒で引き立つ白の美しさ!さんみゅ~初の全国ツアー千秋楽で新たな7人の姿を次々披露

アイドルユニット/グループ ニュース レポート 音楽
さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より
  • さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~より

8月23日、アイドルグループ・さんみゅ~のライブツアー「さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~」東京公演が代々木・山野ホールにて行われた。

「さんみゅ~LIVE2015 純白行脚~夏~」は大阪・福岡・東京の3都市でライブを行うさんみゅ~初の全国ツアー。「全国ツアーでしかできないことができたり、いろんなことに挑戦できました」(長谷川怜華)と、手ごたえを感じての東京凱旋となった。関西出身の4人や福岡生まれの木下綾菜さん・鹿児島出身の新原聖生さんを擁することから、2都市での公演も感慨深かった様子。「知り合いとか家族が来てくれた」(西園みすず)、「関西弁聴けたのがすごく嬉しかったです」(小林弥生)、「新喜劇のネタを取り入れたんですけど、関西の人はノリをわかってくれるんですよ」(木下綾菜)とエピソードを語った。

そんなツアーの締めくくりとなる東京公演。「今日は東京でしかやらない曲があったりとか、…新曲を初披露するんですけど、ちょっと大人なダンスがあったり歌詞があったり、新しい顔をどんどん見せていきたいと思います」(西園みすず)という予告どおり、これまでの2都市での公演とは違ったプログラムとなった。

第1部のライブは「恋はパノラマ」で、ファンとともに拳を突き上げてスタート。続く「Live a Live!~愛があれば大丈夫~」で、ステージで歌える喜びが弾ける。「くちびるNetwork」などではステージ中央に設けられた花道も使い、会場全体に集まったファン一人ひとりへ歌と笑顔で想いを届けた。

ライブ中盤では、今回のツアーで重きを置くアコースティックライブでじっくりと魅せる。今回は「はじまりのメロディ」「これが愛なんだ」の代表曲2曲を、キーボードの生演奏とともに披露。「コーラスやハモリにも挑戦して、結構練習中から緊張して…」(西園みすず)と語っていたようにグループにとって新たな試みだったと言うが、さんみゅ~の持ち味ともいえる7人の作り出す暖かく心地の良い空間が、美しいハーモニーによってより引き立っていた。

メドレーコーナーでは、ユニットに分かれてさんみゅ~の夏ソングをメドレーでパフォーマンス。浴衣姿も手伝い、さんみゅ~のライブらしい清々しい空気に会場が包まれる。しかし、小林弥生さんの「浴衣姿の次は、また違ったさんみゅ~を見せます」の一言とともに会場は暗転。黒い衣装を纏い「トゲトゲ」がスタートする。同曲の制作はサンミュージックの大先輩・ベッキーさんが担当。仮歌では自らが歌い、レコーディングの際には私服をプレゼントするなどの先輩ぶりにメンバーは感激したという。「せっかく先輩が素敵な武器をくれたので、これを使いこなしていけるように頑張ります」(西園みすず)という一曲で、新たな7人の魅力を引き出した。

とはいえ、「私たちの中では逆シンデレラだと思っていて、時間が経つと白に戻っちゃうっていう」と西園みすずさんが語るように、黒は『期間限定』。セットリストは再び白いさんみゅ~に戻る。クライマックスではファンのコールが印象的な「大好きだ何度でも」などを歌い、会場を湧かせた。続くアンコールでは、「午前零時~いつわりのLove~」を初めてファンの前で披露。「ちょっと違うさんみゅ~を、大人のさんみゅ~を見せたいなと思います」(新原聖生)という同曲は、「トゲトゲ」と共に新時代のさんみゅ~の到来を告げそうだ。

最後にメンバーひとりひとりがファンへの思いを伝えた。「ドキドキドキドキしてたんですけど、ステージに立つとみなさんがいつも通りの暖かい笑顔でいてくれて、すごく私は幸せだなあと感じました」(小林弥生)、「たくさんの方が来てくれて、ペンライトすごくきれいで、この景色をちゃんとステージから見れて幸せだなって思います」(新原聖生)、「誰よりも私が一番楽しませて頂きました!」(西園みすず)、「東京に帰ってきて来た時に安心感があって、来てくれているみなさんが暖かい笑顔で見守って下さるのが嬉しかったです」(木下綾菜)、「ときめいてくれましたか?今日は本当に楽しい一日でした」(長谷川怜華)、「本当はもっときれいな姿でここに立っていようと思ったんですけど、皆さんの熱い声援のおかげもあって、ステージ上でもうどうにでもなれって思ってたくさん汗をかけました」(山内遥)、「始まったころから思い返してみると笑顔しかなかったんです」(野田真実)。

新たな一歩へと踏み出そうとしている彼女たちの背中を押してくれたファンへの感謝の言葉が並ぶ。ライブ前には「せっかく私たちが21世紀最初の純白アイドルとしてやってきたので、3年目に突入したので頑張りたいと思います」(木下綾菜)という矜持も見せていたさんみゅ~。新境地となる新曲「トゲトゲ」は10月7日にリリースされる。光は影があってその存在を際立たせる。黒を知った白の吸い込まれるような美しさは、きっとアイドル界を席巻する。

●セットリスト(1部)
M1 恋はパノラマ
M2 Live a Live!~愛があれば大丈夫~
M3 くちびるNetwork
M4 Secret Blue Memories
M5 Cherry on top
M6 はじまりのメロディ
M7 これが愛なんだ
M8 夏メドレー(青い珊瑚礁~終わらないで、夏~純情マーメイド~夏祭り)
M9 トゲトゲ
M10 Thank you for the Music
M11 みんなの太陽
M12 大好きだ、何度でも
EC1 午前零時~いつわりのLove~
EC2 僕はココにいる
EC3 そっと、ぎゅっと、もっと、ずっと

さんみゅ~の動画を観る

関連リンク

さんみゅ~ オフィシャルサイト

関連商品