「a-nation island」2日目は、ジャンル・世代を超えたJ-POP豪華祭典!8月1日(土) 「“pulse-ZERO”Awake!」 | GirlsNews

「a-nation island」2日目は、ジャンル・世代を超えたJ-POP豪華祭典!8月1日(土) 「“pulse-ZERO”Awake!」

a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • a-nation “pulse-ZERO”Awake! 2015より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

国内最大級の夏フェス「a-nation」が開幕! 7月31日より7日間にわたって様々なエンタメ・アイランドが登場するa-nation island。

多彩なデイリーテーマのもとに開催される<live>2日目となる8月1日(土)は「“pulse-ZERO”Awake! 2015」!

ジャンル・世代を超えてJ-POPシーンを彩るアーティストたちによる音楽の祭典、華々しい“Awake(目覚め)”をテーマに国立代々木競技場第一体育館で行われた。

トップバッターを務めたのは、可愛らしい黄緑色のコスチュームで登場したDream5。お馴染みの掛け声を皮切りに披露した「ようかい体操第一」では、老若男女問わずたくさんの観客が立ち上がって一緒に体操。「みなさんと一緒に盛り上がれるように精一杯頑張ります!」の挨拶とステージに応えるように、「Summer Rainbow」のサビ部分で観客たちはタオルを振り回して声援を送った。

この爽やかな勢いを継いでステージに現れたのは、ダンス・ボーカルともに高い技術力を誇る大注目のアイドルグループのGEM。1曲目「Baby,Love me!」からまぶしい笑顔とともにこの大舞台にも動じない安定した歌声とダンスを見せつける。続く「Do You Believe?」では村上来渚がソロパートを堂々と歌いきる姿に会場から自然と拍手が湧き起った。「(今日は)GEMを知っていただくチャンス! ぜひ覚えて帰ってください!」と語った彼女たち。そのパフォーマンス力の高さとガッツが観客の心にしっかりと刻み込まれたはずだ。

次は今年1月に「アーティスト宣言」をして話題になった新生・東京女子流だ。黒のシックな衣装で登場した彼女たち。治療のため活動休止中の小西彩乃がいない4人でのパフォーマンスとなった。6月にリリースされた「Never ever」では大人っぽさを感じさせるしなやかな歌とダンスを披露でクールスイートな面が際立った。続いて爽快なナンバー「ゆうやけハナビ」を歌い元気に会場を盛り上げる。最近では海外での活動も多い東京女子流だが、9月には東京でのワンマンライブも控えている。国内外問わず熱烈なラブコールを受ける彼女らに、今後も注目していきたい。

雰囲気は一転、続いて登場したのは8人組男性音楽グループ・SOLIDEMOだ。8人全員が180センチ以上というスタイル抜群の彼ら。紹介VTRが流れた瞬間から熱狂的な歓声が沸き起こり、推しメンバーの名前を呼ぶ声も場内から聞こえた。また、沢尻エリカ主演ドラマ「ファースト・クラス」のテーマソング「Heroine」や「Rafflesia」では男らしさ全開で観客を盛り上げていく。その一方で、8人の個性を凝縮したアカペラでは正確かつ繊細な歌声もアピールして、一筋縄ではいかない彼らの音楽性の幅を存分に披露してくれた。

続いてステージにあがったのは、実力派男性ボーカルグループ・DEEP。声援が凄まじく響く中での登場で、会場の期待感が一気に高まった。「LOVE AGAIN~」 や「Don’t Stop The Music」で彼らの最大の武器であるコーラスワークが贅沢に楽しめ、観客たちは彼らの洗練された音楽に聞き入った。「君じゃない誰かなんて~Tejina~」ではエモーショナルで力強い歌声とどうしようもなく切ない歌詞が観客の心に染み込んでいくような一体感があり、歌いきると自然と大きな拍手が湧いていたのが印象的だった。

続いては、4人のカラフルな衣装のダンサーを引き連れて登場した剛力彩芽。「友達より大事な人」では、弾ける笑顔とお馴染みのプロペラダンスによって会場の空気がグングン上がっていく。「思いを詰め込んだ1番大事な曲」だと曲紹介していたこともあって改めて歌詞のメッセージを受け取れた。「久々の大ステージ」と語っていたが、舞台を大きく使って観客全員に音楽を届けようとする姿勢がお見事。彼女の人柄の良さが伝わるステージングで会場を包み込んだ。9月リリースのアルバムより一足先に披露された新曲「相合傘」は、ジメジメした雨の日でもトキメキを見つけられるようなキュートなナンバー。その可愛らしい振り付けにも釘づけになった。

黒の挑発的な衣装をまとった鈴木亜美が颯爽と登場すると、会場はセクシーで大人なムードに一瞬で呑みこまれた。ダンスチューンの「Delightful」を皮切りに、デビュー曲「Love the island」「white key」「KISS KISS KISS」とほぼMCなしのノンストップで披露! ラストの「BE TOGETHER」まで華やかかつ名曲の数々を力強く熱唱した。「一緒に歌ってください!」の一言で観客たちの熱気も急上昇。最近はDJ「Ami Suzuki」としての活躍も目覚ましいが、常にキラキラと輝いて観客を盛り上げることができる彼女の才能を改めて再認識するパフォーマンスだった。

CMソングとして話題になった「Sunshine Girl」の爽やかなサウンドで登場したのはmoumoon。ちなみに彼女らのアクト時間はまさにライブ折り返しのタイミング。ボーカルYUKAの透き通る美しい歌声に、ギターのKOUSUKE MASAKIがアコギと口笛で温かさと爽やかさを添え、会場全体を“癒し”で包み込んでいた。8月12日にリリースされるアルバム『It’s Our Time』に収録された新曲披露では打って変わってアップテンポへ。特に「cocoon」はMASAKIがギターを置いてMacの前に。心地よい脱力感はそのままにEDMサウンドがプラスされた盛り上がり度抜群な曲で、観客たちを踊らせた。

ここからは、世代を超えて長く愛され続けてきたアーティストたちが4組連続で登場する。まずは全16公演の全国ツアーを終え、10月には16周年記念イベントを控えるDo As Infinityだ。「Under the sun」をはじめ、ドラマ主題歌として人気を博した「遠くまで」など全5曲を披露して会場を湧かせた。ラストの「本日ハ晴天ナリ」で自然と会場中一体感を作り出したのはさすがの一言。ミステリアスな雰囲気を崩さない伴都美子の熱いボーカルとパフォーマンスで、観客たちの熱気をどんどん引き上げていった。

次に登場したのは音楽性のみならず、ファッション性でも絶大な支持を受けるthe brilliant green。大ヒット曲「冷たい花」や「There will be love there -愛のある場所-」をはじめ、「Stand by me」や「Blue Daisy」と歌詞に綴られた一言ごとに魂をこめて歌い上げ、観客たちの心を掴む。一方でMCはあくまで脱力系。オチのない話を途中までしておいて「長くなるから続きはTwitterで話すよ」というマイペースっぷりに、会場では笑いが巻き起こった。

「hitomiで~す!!」というハイテンションな声とともに登場したのは、デビュー20周年を迎えたhitomi。大盛り上がりとなった1曲目「CANDY GIRL」は、デビュー当時の夢見るワガママ少女だった頃の想いが詰まっている。続いて披露された20年後のアンサーソング「バラユメ」によって、観客たちは何十年経っても変わらず前向きでいる彼女の姿勢を再認識。その思いに呼応するかのようにステージは大いに沸いた。一方で、突然の「特別なことしちゃいます!」宣言とともに大きな歓声の中、ステージに招待されたのはDo As Infinity。なんと名曲「SAMURAI DRIVE」をコラボレーションするサプライズが! クール&エネルギッシュで新鮮なコラボ、そして盛り上げる気満々のギター・大渡亮による最高なプレイで、観客たちを熱狂の渦へと巻きこんだ。

「最後のエネルギーをここで発散させろ!」の叫びで登場し、この日のトリを務めたのはTRF。J-POPの歴史の中でも圧倒的な存在感を放つ彼らの登場と「BOY MEETS GIRL」など大ヒットナンバーで、会場はこれまでにない盛り上がりに達した。しかし続く「CRAZY GONNA CRAZY」~「EZ DO DANCE」のメドレーではDJ KOOの煽りで会場のボルテージはさらに大爆発! 全員が手を振ってジャンプする中で、銀テープが鮮やかに舞った。最後の「survival dAnce」では出演アーティストたちがステージに集結。ステージを見ながら世代を超えた魅力を持つこの日のJ-POPの祭典をプレイバックし、a-nation 2日目は盛大な盛り上がりで幕を閉じた。(取材・文 徳永万由子)

情報提供:(C)avex

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

の動画を観る

    関連リンク

    a-nation特設ページ

    関連商品

    Languages