【TIF】STARMARIEのTIF2015に隠された二つの感動秘話 | GirlsNews

【TIF】STARMARIEのTIF2015に隠された二つの感動秘話

STARMARIE
STARMARIE
  • STARMARIE
  • STARMARIE
  • STARMARIE
  • STARMARIE
  • STARMARIE
  • STARMARIE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

8月1日、2日とお台場・青梅周辺で開催されたアイドルフェス<TOKYO IDOL FESTIVAL2015>にSTARMARIEは二年連続で出演。昨年の2ステージから今年は4ステージ、最終日はガンダム広場前のダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場FESTIVAL STAGEでトリをつとめた。大きなステージで、ファンタジーな楽曲と世界観、圧倒的なパフォーマンスで大観衆を魅了したSTARMARIEだがその陰に二つの感動秘話があった。

8月1日、楽屋では、メンバーとスタッフが緊張感に満ちた表情でミーティングをしていた。「もし、楓がだめだった時は、こうしよう。」実は、メンバーの渡辺楓がTIF直前に疲労骨折であることが判明し、ステージ直前まで出演するかどうか?パフォーマンスしてだめだったらどうするか?打合せが続いていた。

1ステージ目のENJOY STADIUM。「サーカスを殺したのは誰だ」と最もダークな曲でスタートしたSTARMARIEのTIF。「狂おしく月下の舞踏会」で怪しげな世界を印象付け、定番曲「涙のパン工場コンセル・カマタ」で会場は一気に湧き、ラストはスタマリ史上最も明るい曲「メクルメク勇気!」で締めた。事情を知る者から見ても渡辺のパフォーマンスは骨折しているとは信じられなかった。しかし、ステージ裏では激痛に苦しむ渡辺の姿があった。

TIFはステージだけではない。グッズ販売とそれに伴う握手会などのグリーティングが炎天下の屋外で行われる。渡辺はここにも普段どおり参加した。そして、2ステージ目。日が陰り、夜が訪れ始めた湾岸スタジオ屋上のSKY STAGE。一階に入場規制がかかり、多くのファンが屋上に上がってこれない中始まった「三ツ星レストラン・ポールからの招待状」。音楽情報番組「MUSICにゅっと。」から生まれ、日高央(THE STARBEMS;ex-BEAT CRUSADERS)がプロデュースした「FANTASTIC!!」が爆音で赤い月に照らされたお台場に響き渡り、8/19発売ニューシングル「メクルメク勇気!」で一日目が終わった。ステージ後、メンバーに肩をかつがれ、ファンには見えないようメンバーが取り囲み、SKY STAGEを後にした。

8月2日朝、心配そうな面持ちで渡辺を見つめるメンバー。この日の1ステージ目は、初めて立つ憧れのZepp Diver City TokyoのHEAT GARAGE。メンバー・スタッフ一同で御決まりの「ウーズマカッパ」(映画「モンスターズ・ユニバーシティ」より)という掛け声で、ステージに駆け出すSTARMARIE。満員の会場に、スタマリ史上最もダークな「サーカスを殺したのは誰だ」で始まり、定番曲「お化け屋敷に就職しよう」「三ツ星レストラン・ポールからの招待状」。曲を経る毎に、増えていくフリコピする観客。最後はこれまでの三曲とは対極の「メクルメク勇気!」がかかると、ダークな曲に圧倒されていた観客も一気に反応。明るくメジャーな勝負曲を持ったことにより、ダークファンタジーな世界観がより際立ち、STARMARIEのライブの起承転結が完成したと感じた瞬間だった。

メンバー・スタッフとも健闘を讃え合ったライブの後、渡辺は楽屋でうずくまっていた。灼熱の午後、二回のグリーティングを経て、ガンダム広場前のダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場FESTIVAL STAGEにトリで登場したSTARMARIE。昨年では考えられない今の勢いを象徴するポジション。渡辺は渾身の力を振り絞って最後のステージに挑んだ。このステージでは、これまでの3ステージとは異なる全て明るい曲で、「恋するボーカロイド」「メクルメク勇気!」。最後はスタマリのライブのラストとしては定番曲の「名もなき星のマイホーム」で夕暮れに無料エリアに集まったたくさんの観客は横移動し、腕を振った。

それでもまだ終わらないSTARMARIEのTIF。ステージを降りると、「走って!」という係員の声。今回初めて、グランドフィナーレに出演するのだ。走れない渡辺を置いて、メンバーは走る。フィナーレ会場に到着したのは高森紫乃と木下望。あの日を思い出しながら。第一回のTIFに、Starmarieが出演したことはあまり知られていない。今回、150組を超えた参加アイドル数。当時は数十組だったが、Starmarieはグランドフィナーレのステージに立つことはできなかった。初回から連続で出演しているアイドルは数組いるものの、初回に出演するも挫折を味わって這い上がってきたSTARMARIE。初回を経験している高森と木下は来年は絶対5人でここでライブしようと誓った。

疲労骨折を押して、2日間4ステージ3グリーティングを完走した渡辺。挫折から立ち上がってきた高森と木下。中根礎子、松崎博香とともに5人で熱い夏を駆け抜けていくSTARMARIEはテレビ東京系アニメ日曜朝10時~放送の「カードファイト!!ヴァンガードG」のエンディング曲の「メクルメク勇気!」を8月19日にリリースする。結成七年。八年目に掴んだチャンスをものにできるか?真価が問われる夏になりそうだ。

レポート提供・写真提供:(C)EA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

STARMARIEの動画を観る

関連リンク

STARMARIE公式サイト

関連商品

『STARMARIE FANTASY TRIP〜第二幕 星祭りの夜〜』 2016.4.27 赤坂BLITZ [DVD] / STARMARIE

/ DVD 色彩RECORDS(2016-11-19)

定価:¥ 4,000

Languages