引き出された『無添加』の魅力!オーガニック(本物)が初ワンマンで動員目標を達成 | GirlsNews

引き出された『無添加』の魅力!オーガニック(本物)が初ワンマンで動員目標を達成

オーガニック(本物)
オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • オーガニック(本物)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

7月26日、アイドルグループ・オーガニック(本物)のワンマンライブ「オーガニック(本物)初単独LIVE~真夏の果実もぎたて100%祭り!~」が秋葉原・AKIBAカルチャーズ劇場にて行われた。

オーガニック(本物)は、今年1~3月にAKIBAカルチャーズ劇場で行われた特別企画「Dream Stage」にて結成されたスペシャルユニット。同じく同企画で結成された「JAPANIMAX!」との集客等による争いを制し、正式に活動が継続した経緯を持つ。メンバーはWenDeeのアイリさん、じぇるの!の針谷早織さん、日テレジェニック2013でもある末永みゆさん、そしてAKIBAカルチャーズ劇場のアテンダントとしても活躍する佐藤麻莉亜さんの4人だ。今回は初のワンマンライブ。集客数100人を達成すればオリジナル曲を製作できるという目標も掲げられ、4人は気合を入れてステージに臨んでいた。

同グループの特徴に、これまで披露してきた楽曲は全てちょっと懐かしいJ-POPやアイドルソングの名曲たちのカヴァーという点がある。今回のライブでは「全曲やるのは今回が初めて」(アイリ)とメンバーが言うとおり、初めてその”持ち歌”をすべて披露した。「Dream Stage」の初期には若干のぎこちなさがのぞいたパフォーマンスも、半年経った今ではすっかり自分のものになった。ただ、終演後プロデューサーである二丁ハロ・ミキティー(本物)さんが指摘したように歌詞が飛んでしまうハプニングもあり、これは『初ワンマン』という冠が彼女たちを包み込んでしまったと言えるだろう。

しかし、「ちょっぴり切ない夏の恋のうた」(佐藤麻莉亜)という新曲「I remember」を披露したり、6曲目の「散歩道」ではファンの撮影もOKだったりというこの日ならではの演出や企画もあり、集まったファンは拍手で4人を評価し、同グループらしい暖かい雰囲気が劇場を終始包み込んでいた。

それまでグループの代名詞となっていた青と黄色のロングワンピースから、夏らしい服装に着替えてライブ後半は登場したオーガニック(本物)。ただ、末永みゆさんは着替えの時間が足りず、靴を穿かずに裸足でステージに上がりメンバー・ファンの笑いを誘っていた。ちなみに彼女の夏服のコーディネートは「海に行く途中の恰好」とのことで、これにはメンバーからそのまま海に飛び込める、とツッコみが湧いていた。最後はこれまでのライブで人気だったという「MajiでKoiする5秒前」や「Magic of Love」を披露。会場もクラップで、盛り上がりをしっかりと持続させていた。

「半年間以上活動し続けて、まだまだ未熟な部分がたくさんあると思うんですけど、これからももっともっと活動していってみなさんとずっと一緒にいたいなと思います」(佐藤麻莉亜)、「今日が来るのが楽しみでもあり怖くて、凄いたくさんの方が時間を作ってきてくれたことが嬉しいです」(末永みゆ)、「半年間活動してきて、自分がもう一つ”じぇるの!”にも所属してるんですけど、二つ掛け持ちするのは正直辛いときもあったんですけど、オーガニック(本物)に来てくれる皆さんが本当に優しくて、ライブをしていくうちに皆さんのおかげで半年間活動を続けてこれたなって思います」(針谷早織)、「対バンライブとかにもあんまり出ることが無くて、ここのステージで見てくれた人とか、じぇるの!や私の所属しているWenDeeとかで拡散してもらったりして見てもらえることができたんですけど、そんな環境の中でみなさんが来てくれることが本当にうれしいと思うし、(動員数が)クリアできていなくてもこれからもオーガニック(本物)らしく何か続けていけることが出来たらいいなと思うので」(アイリ)と、それぞれの言葉で今日までの日々を振り返った4人。ここで一旦ステージは幕を閉じるが、足を運んだ観客からはアンコールが湧き、再び4人が登場した。アンコールで披露したのは「I WISH」。「皆さんへ感謝の気持ちを込めて歌います」(末永みゆ)という一曲に、会場からは再び大きな拍手が沸いた。

そして、いよいよこの日の動員数の発表。プロデューサー・ミキティー(本物)さんが登場し、4人と観客に結果を伝えた。なんと、この日の動員数は102人。見事に目標をクリアし、オリジナル曲の制作へ踏み出すこととなった。これにはメンバー4人も喜びのあまり号泣。会場のファンたちは、見事挑戦を成し遂げたメンバーにこの日最大の拍手がわき、オーガニック(本物)初のワンマンライブは会場の全ての人を笑顔に変えて無事に終了した。

オーガニック(本物)のライブにはカヴァー曲中心のセットリストに加えて、ファンがミックスやコールを極力叫ばないという特徴もある。アイドルライブの基本からは一線を画しているともいえるだろう。しかし、彼女たちの持ち味はアイドルとしての素の魅力、無添加の魅力にある。結成から半年、AKIBAカルチャーズ劇場でパフォーマンスを重ねるうちに自分たちの武器を得たオーガニック(本物)。念願のオリジナル曲を得て、次のステージへと歩みを進める。

●セットリスト
M1 雨にキッスの花束を
M2 シャイニング愛しき貴方
M3 うれしい!楽しい!大好き!
M4 I Remember
M5 明日、春が来たら
M6 散歩道
M7 告白記念日
M8 I&YOU&I&YOU&I
M9 MajiでKoiする5秒前
M10 Magic of Love
EC1 I WISH

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オーガニック(本物)の動画を観る

関連リンク

オーガニック(本物) オフィシャルTwitter

関連商品