乃木坂46 松村沙友理 “メディア用の顔はカワイイけど、ドキュメンタリーの顔はブサイク” | GirlsNews

乃木坂46 松村沙友理 “メディア用の顔はカワイイけど、ドキュメンタリーの顔はブサイク”

「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • 「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • 「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • 「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • 「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • 「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • 「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • 「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • 「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • 「悲しみの忘れ方」初日舞台挨拶
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

7月10日、乃木坂46のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」が公開初日を迎え、お台場シネマメディアージュで行われた舞台挨拶に白石麻衣・西野七瀬・生駒里奈・生田絵梨花・橋本奈々未・桜井玲香・星野みなみ・若月佑美・秋元真夏・深川麻衣・高山一実・松村沙友理の12名と丸山健志監督が登壇した。

秋元康さんが作詞した映画の主題歌「悲しみの忘れ方」の生披露で幕を開けたイベントは、メンバーも客席も映画の感動を蘇らせて、丸山健志監督も「いろいろなことが思い出されて泣きそうになりました。」目頭を熱くさせていた。

生駒里奈さんは、自分のお母さんがスクリーンに映っている姿に、色々と思い出してグッと来たと言い、さらに「母校の中学校の卒業式の予行練習で集まっているところに行ったのですが、みんなが生駒里奈の出身校だと知っていて嬉しかった。合唱はサプライズで私も監督も知らなくてびっくりした。顧問の先生がそういう演出をするのが大好きで、そんな先生に恵まれたからこそ今の自分があるのだと思いました。」と振り返った。

白石麻衣さんは「滅多に呼ばないんですが、代々木でのライブにお姉ちゃんが来たいと言ってくれたのが嬉しかった。」と言うといきなり涙ぐんで周囲を慌てさせた。「ダメなんです、こういうの。」と言いながら必死に涙をこらえて「武道館のライブの時も呼ばなかったんですけど、母親が自分でチケットを取って見に来てくれました。言ってくれれば私が用意したのに。ライブを見て良かったねと言ってもらえて、ちょっとでも親孝行できたのかなと思いました。これからも家族や友達や応援してくれるファンのために頑張らなきゃと思いました」と話した。

橋本奈々未さんは「旭川の母校の先生にインタビューをさせてもらって、その先生から“僕は教師をやっていて本当によかった。貴重な経験をさせてもらってありがとう。映画が楽しみです。”というメールをもらったのですが、先生が一ミリも映ってなかった。明日の舞台挨拶で旭川に行くんで、先生に会うと思うんですけど。」と話すと、丸山健志監督はいたたまれない表情で「ごめんなさい。」と恐縮していたが、橋本奈々未さんは「先生の反応を見るのが楽しみ。」と笑っていた。

松村沙友理さんは「桜井玲香さんと高山一実さんがZeepツアーが終わって気が抜けたシーンがリアルで顔がブサイク。普段はメディア用の顔だからすごくカワイイけど、ドキュメンタリーの顔は面白いと思った。」と率直な意見を言って場を沸かせていた。

映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」は全国46劇場にて絶賛公開中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乃木坂46の動画を観る

関連リンク

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』公式サイト

関連商品

深川麻衣の『推しどこ?』 [DVD] / 乃木坂46

/ DVD SMR(SME)(D)(2016-12-21)

定価:¥ 4,860

Languages