乃木坂46初となるドキュメンタリー映画が完成! 生駒里奈 母への想いで号泣する場面も | GirlsNews

乃木坂46初となるドキュメンタリー映画が完成! 生駒里奈 母への想いで号泣する場面も

映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会より
映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会より
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会より
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会より
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会より
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会より
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会より
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会より
  • 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

6月28日、映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会がTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、乃木坂46の西野七瀬さん、白石麻衣さん、生田絵梨花さん、橋本奈々未さん、生駒里奈さん、桜井玲香さん、秋元真夏さん、若月佑美さん、深川麻衣さん、丸山健志監督が登壇した。

乃木坂46初のドキュメンタリー映画である今作は乃木坂46のMVも手掛けたことのある丸山健志監督がメガホンを取り、これまでの活動の裏側やメンバーの母親へのインタビューを基にそれぞれのメンバーを掘り下げ、素の彼女たちに迫っている。

生駒里奈さんが「今日はプレミアム上映会ということでドレッシーに、いつもより大人っぽくキメてみました。」と語るように、トレードマークの制服姿ではない大人っぽいパーティードレスのような出で立ちでの登場に観客からは「可愛い!!」と歓声が上がった。

緊張気味の乃木坂46のメンバーたちだったが、橋本奈々未さんが挨拶をすると観客からはその緊張をほぐすように「愛してる!」と声が飛び、それに応えるように「私も割とみなさんのことを愛してる方だと思います。」と返した。

それに対抗するかのように秋元真夏さんは「私は”全力”でみなさんのことを愛してます!」と挨拶をするとファンサービス旺盛なその姿勢に会場からは拍手が起こった。

白石麻衣さんは「改めてドキュメンタリーを観たときに、辛いこともたくさんあったけど全部乗り越えてきて、みんなで乗り越えてこれたから今の乃木坂があるんだなって・・・」と声を震わせながら語ると、すぐさま「泣かないですけど」と気丈に振る舞った。

さらに「今さら隠しても嫌だなと思ったので、せっかくの機会ですし、インタビューのときに全部話してファンの方とかにも知って欲しいなと思いました。」と映画の中ではありのままにさらけ出した様子を語った。

MV撮影などで携わっている丸山監督だからこそメンバーたちはよりリラックスして撮影に臨めたようで、生駒里奈さんは「丸山監督だったからこそ思わずアイドルとしての自分を忘れてしまうくらい、素の自分でいることができました。」と明かし、撮影で訪れた地元秋田ではたくさんの人に声を掛けられて嬉しかったと振り返った。

同じく地元での撮影を行った大阪出身の西野七瀬さんは「おじいちゃん家に行って鍋を食べました。お母さんとかはいなかったんですが、久しぶりに家族で鍋を食べることができて嬉しかったです。でも、撮影のためにシーンとした中で食べたのであんまり味わえなかったですね。」と撮影ならではの苦労話も。

撮影では監督がメンバーたちと話す中から急に内容や撮影場所が決まることも多々あったようで、橋本奈々未さんは「前にスキーロケがあった番組では別仕事で参加できなかったんですけど、雪国育ちとしてはものすごくスキーの腕を披露したいと思っていたところなのでここで披露できて良かったなと思いました。」と振り返った。

乃木坂46に入って変わったことについて若月佑美さんは「私自身はキレイな人間ではなく、アイドルとして生まれてきた、というような存在ではなかった。」と明かすと、「0から違う場所でスタートできて嬉しかった。乃木坂46に入ったことで自分はかなり変わりました。」と乃木坂46という存在が若月佑美さんが変わるきっかけとなったようだ。

生駒里奈さんも若月佑美さんと同じく乃木坂46に加入してから人生が変わったと語り、「そんなに人と関わることも好きではなく、ここにいたくない、地元で学校に通いたくないと思っているような人間でした。乃木坂46に入った2011年8月21日は私にとって人生が変わった日です。」と語り、インタビューに答えていた母について「朝ごはんを作るときに私の食器を出せなくなったという話を出されたときは申し訳なくなって・・・」と語ると様々なことが脳裏をよぎったのか、声を詰まらせ、号泣。

さらに「私ももっとお母さんと暮らしたかったけどこっちに来たからそういう風に思えるようになったし、お母さんもちゃんと応援してくれてるっていうのもちゃんと分かったので、こうやって映画を通して私だけじゃなくてお母さんもずっと闘ってたんだなって知れました。」と母への想いを語った。

最後にキャプテンの桜井玲香さんは「私たちが普段みなさんにお伝えできない素顔を今回映画として作ってくださいました。この映画を観てみなさんがどういう反応をするのか、正直まだよく分からないので不安な部分もあるんですけど、ドキュメンタリーということでみなさんが観てどういう風に思うのかでこの映画が完成するのかなと思うので最後はみなさんでこの映画を完成させてください。そして今までアイドルの私たちを応援してきてくださったと思うんですけど、それと一緒に普通の女の子としての私たちも好きになってもらえたら嬉しいなと思います。そして今日は中継で観てくださってるみなさんもたくさんいると思うんですけど、みなさんにお会いしに行ける機会が作れるように頑張っていきますので乃木坂46とこの映画のことをどうぞよろしくお願いします!」とアピールした。

映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』は7月10日より全国46劇場にて公開!

記事:永山歩美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乃木坂46の動画を観る

関連リンク

乃木坂46初のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』公式サイト

関連商品

深川麻衣の『推しどこ?』 [DVD] / 乃木坂46

/ DVD SMR(SME)(D)(2016-12-21)

定価:¥ 4,860

Languages