@JAM NEXT vol.19はスイートかつビターな3組が集結!CANDY GO!GO!・サンミニッツ・ひろしまMAPLE★Sが登場 | GirlsNews

@JAM NEXT vol.19はスイートかつビターな3組が集結!CANDY GO!GO!・サンミニッツ・ひろしまMAPLE★Sが登場

@JAM NEXT vol.19より
@JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • @JAM NEXT vol.19より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

5月10日、「@JAM NEXT vol.18 ~3時のおやつはMAPLE★CANDY!~」が秋葉原・AKIBAカルチャーズ劇場で行われ、CANDY GO!GO!、サンミニッツ、ひろしまMAPLE★Sが登場した。今回は同公演の第2部をレポートする。

AKIBAカルチャーズ劇場開場から続くプログラム「@JAM NEXT」もついに18回目に突入。今回は”3時のおやつはMAPLE★CANDY!”と銘打ち、スイートな3組を迎えての開催となった。ライブ前にはこのタイトルに因み、スイーツクイズで対決。CANDY GO!GO!とサンミニッツが共に勝利を飾った。

そして、いよいよライブパートに突入する。まず登場したのは、「渋谷系ガールズロックユニット」を銘打ったCANDY GO!GO!。今回は9人体制で迫力のステージを見せた。ボンテージを思わせるような黒の衣装を纏い、第二部では全6曲をパフォーマンス。デビュー曲「そしてまた逢えると云うよ」やキレのあるダンスが見ものの「Cinderella Call」、ファンの全力のコールを引き出した「YOU」などで、自分たちの武器であるダンス&ヴォーカルを会場、そしてWEB視聴者に存分にアピールした。一方で、最初のクイズ対決では勝利を飾ったものの「お姉さんメンバーが多い中大人げない行動」(菜月アイル)と反省の表情。そんなギャップも、このグループの魅力の一つと言えるのではないだろうか。5月27日は新曲「ありのまま、思うままに走れ!」発売も控えている彼女たちのこれからに注目だ。

続いてはサンミニッツのライブ。かつてAKIBAカルチャーズ劇場で開催されていた「PLATINUM SHOWCASE」にも出演しており、馴染みのあるステージでのライブとなった。三者三様のグループが集ったこの日だからこそ、「すべての楽曲がEDMを基本とされていて、3分間で構成されている通称EDMアイドルです」(柏元萌華)、「みなさんと一緒に歌って踊れるように盛り上がれる楽曲になっている」(渡邊真由)という自分たちの持ち味を全力で発揮。ファンと5人が共に会場を熱くした「Make a Fire」や、リリースしたての新曲「STYLE」「kiss emotion」「Lil’LOVE」、そして振り付けも楽しい「PINPON」などをパフォーマンスした。PASSPO☆とも、paletとも、prediaとも違った武器を持つ5人、こちらも要注目の一組と言えそうだ。

そして、2部のトリを飾ったのがひろしまMAPLE★Sの9人。名前が表す通り広島に劇場を持ち、ここで研鑽を積むことで高いパフォーマンスレベルを発揮している。そんな人気を全国区へと広げている彼女たちが、この日は全7曲、28分をノンストップで披露。最新アルバムから「アイソレーター」や転調が強烈な印象を残した「乙女達のアンビシャス」、疾走感あふれる「ミラクルエモーション」などで、地方発アイドルという枕詞を吹き飛ばす迫力の歌とダンスを披露した。最後は「(8月29日にに行われる)@JAM EXPO2015、出演したいです!!」と猛アピール。人気と実力を着々と高めている彼女たち、来年1月には赤坂ブリッツでの単独ライブも控えている。今からその名前をチェックしておいて損はない。

最後は3組がモーニング娘。の「サマーナイトタウン」をコラボレーション。各グループにはコラボが初めてというメンバーも目立ち、感想では「緊張した」「共演が楽しい」と口々に語った。奇しくもこの日は会場の外で神田祭のお神輿が練り歩いており、秋葉原は街全体がお祭りムード。そんな特別な一日に、熱い3組のパフォーマンスで花を添えた。次回はの@JAM NEXTは6月14日に、小桃音まい・東京ロケッツ・PREDIANNAの3組を迎えて行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

CANDY GO!GO!の動画を観る

関連リンク

@JAM オフィシャルサイト

関連商品