面白すぎるレスラーと感動の「劇場版プロレスキャノンボール2014」!生コメンタリーにアプガ、LinQ伊藤麻希も登壇しヘッドバット!! | GirlsNews

面白すぎるレスラーと感動の「劇場版プロレスキャノンボール2014」!生コメンタリーにアプガ、LinQ伊藤麻希も登壇しヘッドバット!!

劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

4月24日、AKIBAカルチャーズ劇場で「劇場版プロレスキャノンボール2014 in AKIHABARA~アイドルVSプロレス~」が開催。

このイベントは映画「劇場版プロレスキャノンボール2014」の上映イベントとなっており、制作したプロレス団体DDTの高木三四郎社長、大石真翔らプロレスラーに加え、出演したアップアップガールズ(仮)、そしてDDTプロレスに縁の深いLinQ伊藤麻希が登壇。上映される映画にオーディオコメンタリーを生で付け、それを楽しむイベントとなっている。

上映後にはアップアップガールズ(仮)のライブも予定されており、訪れたプロレスファンとアイドルファンがお互い未知の領域を探り合い、理解し合う有意義なイベントとなった。

フロアが暗転し、入場曲が流れるとまずは高木三四郎、大石真翔が客席後方から登場。アップアップガールズ(仮)Tシャツを着て観客を煽りつつ颯爽とステージに向かう。続くアップアップガールズ(仮)も同じく客席後方から。そしてLinQ伊藤麻希はブルマと体操服を着用し、胸には「こっち見んな」の文字。

ステージに上がった伊藤麻希は開口一番「LinQヲタ何人いる?」と客席に問いかけると、チラホラと挙がる手に「すっくなー!」とややヘコみ気味に。

そんな伊藤麻希に大石真翔は「なんでここにいんだよ?」と出演すらしていないと絡んでいく。高木三四郎が「アイドル代表のアップアップガールズ(仮)、そして女子プロレスラー代表の伊藤麻希。」と説明。アイドル枠ではなかった事に焦る伊藤麻希は高木三四郎から「しかし顔でかいなー。」とさらに追い討ちがかけられると「骨格はどうしようもない!」と頭を抱える。

しかしアイドル用の席のセンターにちゃっかり音も無く腰掛けてゆく伊藤麻希。「なんでソコだよ!」と大石真翔のつっこみで笑いの中、いよいよ上映へ。

映画は13人のレスラーが4チームに別れ、東京から東北・みちのくプロレス道場を目指し、2泊3日を車で競争する姿を追ったドキュメンタリー。単純に競争という訳ではなく、各チームが10万円という予算を与えられ、知り合いや土地土地のプロアマ問わずレスラーと連絡を取りマッチメイクする。

対戦場所もリングに限らず、神社や公園、住宅内と出来る場所ならどこでも行い、加点方法・点数も「勝利」「髪を切る」「名鑑に載っている選手」「飯を奢らせる」など様々。

『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』や『浅草橋ヤング洋品店』を思わせるバカバカしくシュールな展開に会場もアイドルも大爆笑の中、次第に映画は佳境へ。

物語はやがてガンバレ☆プロレス代表の大家健の究極までの落ち込みから、東北で行われた無料の興行を成功へ導く姿を描き出してゆく。常に爆笑と共に歩む彼の振る舞いに引き込まれる登壇者と観客。それは不思議な感動を呼び、ラストへと向かう。

上映後、感想を聞かれたアップアップガールズ(仮)森咲樹は「大家さんの事を母親の目で見てしまいました。」と少し涙を拭いつつ話す。

続く仙石みなみが劇中に行われた鈴木みのるとの対戦を話し始めるとLinQ伊藤麻希が「あれはプロレスをなめてる。」と食ってかかる。フォローに入る大石真翔を「お前アプガ好きだなぁ!」と喧嘩腰になると「この前、しず風&絆も推してたよなぁ…ハンパな気持ちでドルヲタやってんじゃねぇよ!」とそのまま掴み掛かり得意の巨大な頭からのヘッドバット。崩れる大石真翔。

言い掛かり上、仙石みなみと伊藤麻希の対戦の流れとなり、腹筋&腕立てスピード対決が行われる事となった。

普段体力を売りにしているアップアップガールズ(仮)。負ける訳にはいかないが、いざ対戦してみると伊藤麻希のスピードが速く、結局勝利は伊藤麻希の手に。ショックを受ける仙石みなみは「なんでそんな顔でかいのに速いんですか?ありえない。」と悔しがる。

傷心のまま最後はアップアップガールズ(仮)のライブへ。

Over tureから『Beautiful dreamer』や『全力!Pump Up!!』などを披露していくと、最初は静かに見ていたプロレスファンも次第にリズムに乗り体を動かす。ラスト『アッパーカット!』では伊藤麻希に大石真翔等もステージに現れ、高木三四郎は慣れない動きであったが最後のアッパーカットの振付は華麗に決める。

以上でイベントは終了となり、プロレスとアイドルの共演の成功に「また、何かやりましょう!」と高木三四郎は大きく胸を張った。

劇場版プロレスキャノンボール2014公式サイト
劇場版プロレスキャノンボール2014公式ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アップアップガールズ(仮)の動画を観る

関連リンク

劇場版プロレスキャノンボール2014公式サイト
劇場版プロレスキャノンボール2014公式ツイッター

関連商品

LinQ 5周年祭「うちらのどんたQ~博多名物になりたいっちゃん! ~」 [DVD] / LinQ

/ DVD TCエンタテインメント(2016-08-24)

定価:¥ 5,184

Languages