篠崎愛もゲストで登場!3000人を越すファンたちが新宿駅前でアイドルに熱狂! | GirlsNews

篠崎愛もゲストで登場!3000人を越すファンたちが新宿駅前でアイドルに熱狂!

アーティスト アイドルユニット/グループ ニュース 音楽
「BEAT LINE SPRING 2015'新宿駅東口野外ミュージックフェス~中毒注意!!ガールズ祭!!~」より
「BEAT LINE SPRING 2015'新宿駅東口野外ミュージックフェス~中毒注意!!ガールズ祭!!~」より
  • 「BEAT LINE SPRING 2015'新宿駅東口野外ミュージックフェス~中毒注意!!ガールズ祭!!~」より
  • 「BEAT LINE SPRING 2015'新宿駅東口野外ミュージックフェス~中毒注意!!ガールズ祭!!~」より
  • 「BEAT LINE SPRING 2015'新宿駅東口野外ミュージックフェス~中毒注意!!ガールズ祭!!~」より
  • 「BEAT LINE SPRING 2015'新宿駅東口野外ミュージックフェス~中毒注意!!ガールズ祭!!~」より

3月21日、「BEAT LINE SPRING 2015’新宿駅東口野外ミュージックフェス~中毒注意!!ガールズ祭!!~」が新宿ステーションスクエアで行われた。

スタジオアルタ前「新宿ステーションスクエア」を舞台に、毎年3月に開催し続けてきた野外ミュージックフェス「BEAT LINE」。9回目(年目)となる今回は、「BEAT LINE SPRING 2015′ 新宿駅東口野外ミュージックフェス~中毒注意!!ガールズ祭!!~」と題し、アイドルユニットを中心に、ガールズバンドや新人アイドルの公開オーディションなども交えながら、お昼12時より20時30分まで8時間半ノンストップで行われた。

会場は公園内ということもあり、ステージ最前の「V.I.P AREA」に関しては別会場にある物販スペースでイベントグッズを購入した方!入れる形を取り、それ以外の人たちは通路を挟んだ後方にスペースを用意。出演者によって観客たちの入れ代わりはありながらも、終始観客たちが会場中へ詰めかけステージ上へ熱い声援を送っていた。

今回のイベントの司会を、プロレスラー/タレントの美月凛音さんと新人声優ユニット「アニ☆ゆめproject」のメンバーたちが入れ代わりで登場。この日出演したアイドルやガールズバンドたちの魅力を紹介しつつ、舞台へ出るたびにトークと煽りで会場を盛り上げていた。途中には電撃ネットワークのギュウゾウがグラインダーを手に火花を散らして入場。クラッカーを口の中で鳴らすなど、激しいパフォーマンスを披露。イベントに向けての熱いエールを届ければ、イベント内のコーナーにも参加してくれた。

この日のイベントには、ステーション♪/つりビット/ナト☆カン/asfi/メグリアイ/ラブアンドロイド/アニ☆ゆめ project/きゅーと☆ぴっと/ケミカル⇄リアクション/38mm なぐりーず/dela/PASTEL CALLA/PICK UP GIRLS」/100℃BaSiC/百花繚蘭/Faint★Star/恋合艦隊と、総勢17組のアイドルユニットと、RiskyMelody/LUXIONと2組のガールズロックバンドが参加。日中に出演した人たちは、春の温かい日射しへさらに熱を注ぐ形で。夕方から夜に登場した人たちは寒さを忘れさせる熱気と熱狂を作り上げ、それぞれが新宿中にファンたちの盛り上がりの声を響かせていた。しかもスペシャルゲストとして、ソロ活動をスタートさせたばかりの篠崎愛が登場。4月29日に発売するデビュー曲を中心に3曲歌えば、韓国のユニットTAHITIも「このBEAT LINEへ出るために日本にやってきましたー」と出演。予想外のサプライズにその場にいた人たちも大興奮。夜の新宿に熱狂した声がこだましていた。

他にもこの日は、「新宿発信のアイドルユニット」結成のための公開オーディションを実施。事前のオーディションを勝ち抜いた7名が決勝の舞台に参加。すでに用意されたオリジナル曲を2人1組で歌唱。公式モバイルサイトに登録した観覧者の投票した票の数によって参加メンバーを決める形のもと、咲坂柚衣/君原愛海/青山未希/逢瀬ちあき/桜葉葵の5名が決定。候補生として季成優が選ばれ、アイドルユニット「ACT♡EVE(アクティブ)」が誕生。これから「BEAT LINE TV.」が仕掛けていく番組でも、ACT♡EVEの活動してゆく模様を放送を通してサポート。新宿はスタジオアルタに設置されたアルタビジョンを軸に放送中の番組「BEAT LINE TV.」と「新宿発信のアイドルユニット」という「新宿繋がり」から生まれた関係は、今後も様々な形でタッグを組んでいくそうなので、そちらも楽しみにしていたい。

総勢3000人の観客たちが足を運んだこの日のイベント。一時はイベント中止寸前の盛り上がりも起きれば、通りすがりの人たちも足を止めて見入っていたように、きっと何万人もの人たちがこの日の模様を目撃してくれたに違いない。今後も「BEAT LINE」はスタジオアルタでの公開番組収録や、「新宿ステーションスクエア」を舞台にした野外フリーライブを定期的に仕掛けていくので、是非気にかけていただきたい。

情報提供:(C)長澤智典

篠崎愛の動画を観る

関連商品