“あのワールド”の不思議トーク全開! 「IDOL AND READ 002」発売記念トークイベント・レポート | GirlsNews

“あのワールド”の不思議トーク全開! 「IDOL AND READ 002」発売記念トークイベント・レポート

あの(ゆるめるモ!)
あの(ゆるめるモ!)
  • あの(ゆるめるモ!)
  • あの(ゆるめるモ!)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

禁断のアイドル・マガジン「IDOL AND READ」第二号発売を記念したトークイベントが、12月15日dues新宿で、ゲストに、あの(ゆるめるモ!)を迎えて超満員の中行われた。

司会は音楽評論家の宗像明将さんが担当。IDOL AND READ吉田編集長、ゆるめるモ!の田家プロデューサーに、あの(ゆるめるモ!)を交えてスタート。

宗像:今日はすごいたくさんの人に集まっていただきました。70枚の制限が即日完売だったそうで。まず吉田編集長に今回の「IDOL AND READ 002」の取材エピソードを伺えますか。

吉田:最初ライターを誰にするのか迷ったんです、で、プロデューサーの田家さんに相談したら“ボクがやりましょうか”というお話をいただいて。

田家:もともとライターとしての仕事もしてるんですけど、原稿を書く時間がなかったので、インタビューを録音したものをお渡しして。

宗像:あのさん…、あのちゃんでいいですか? あのちゃんとしては、プロデューサーがインタビューするというのはどうでした?

あの:喋りやすい分、けっこう乱暴になるかな…丁寧にしゃべれないな…と思った。最後は白熱じゃないけど、けっこう深いとこまで行ったインタビュー。

吉田:最初2時間くらい喋ってたんですけど、その後もっと話したいことが有るから…って、田家さんとふたりで話したインタビューが追加で送られて来たんです(笑)。

あの:書けないことばかり言っちゃってつまんないかな…って思って。

宗像:書けないこと何言ったんですか?

あの:言えませんよ(笑)

宗像:ゆるめるモ!の中であのちゃんを選んだのは?

吉田:ツイッターとかでつぶやいてることを読むと、あ、この人いろいろ考えているから、ちゃんと聞いてみたいなと思って。

宗像:あのちゃん自身この「IDOL AND READ 002」のインタビューを読んでどうでしたか?

あの:その通りだなって(笑)、いい感じにまとめてもらえたので。でも、書けない変なこと…って、世界のこととか。

田家:違う世界の人的な話がいっぱいあったので、読む人が戸惑うだろうな…と。

宗像:精神世界の話とか。あのちゃんワールドの話とかカットされたのは残念じゃないですか?

あの:全然残念じゃない。また、何年後かに生きてれば(笑)。

吉田:宇宙のことを小学生くらいの時から考えてたという話を延々30分くらい話してて(笑)。出口がなかったんでまとめられなかった…というのが正直なところです。

あの:宇宙人とか孤独のこととか、それについて喋ったら終わらなくなっちゃって(笑)。

宗像:じゃあ端的に聞いて、宇宙人はいると思いますか?

あの:いる

宗像:輪廻転生はあると思いますか?

あの:何それ?

宗像:生まれ変わり。

あの:あ~、ないない。うん、だってわかるじゃん(場内爆笑)。生まれ変われないでしょ?

ここで本誌では使用されなかったオフ・ショットがスライド上映され、それを見ながらのトークが続いた。

宗像:撮影はどうでした?

あの:暑かった。

吉田:10月の撮影だったんですけど、本の発売が11月なので着替えてくれたんです。

あの:冬っぽくした。

宗像:撮影の時はどんな表情に…とか考えます?

あの:あんまり…適当。でも、暇だったからあっちの方向を見てよう…と思って見たところをいい感じに撮ってもらえた。

吉田:アイドルっぽくない写真を使おうと、一番自然な感じのカットを本誌には選んだんです。今回は学校というのをキーワードにして、あのちゃんにもう一回学校を経験してもらおうというのがテーマでした。

あの:撮影はなんか楽しかった。インタビューは気軽だったけどちょっと苦しかったです。

宗像:あのちゃんって友だちいるんですか?

あの:友だち、いない。 “ゲイの友だちがたくさんいます“ってつぶやいたのは嘘です。だってそのときはやることがなくて暇だったから(笑)。(場内爆笑)

宗像:暇だったんだ。

あの:連絡取り合う友だちっていないんですよ。それにライヴとかも、人を笑顔にできないって思ってる。人に笑顔あげられる立場じゃないって。アイドルだから元気あげる…とかってのができない。

宗像:ファンの皆があのちゃんに求めてるのは、元気にしてくれとか笑顔にして…というんじゃないかもしれない。

あの:それならいいんですけど。ごめん、そうなっちゃうんです。

ここで会場に集まったファンからのQ&Aをスタート

Q:神様はいると思いますか?

あの:神様はいる。なんか意地悪してくる。

宗像:試練を与えてくれる?

あの:そうだった。そう思ってるから辛い。いじめてくるんですよ。ドS(エス)で。

宗像:それは神様ではないのでは?

あの:いや、神、神っす。だから神様はいます。

Q:あのちゃんのチャーム・ポイントを教えてください。

あの:え~と、隈(くま)です。あ、涙袋です。まともでしょ(笑)チャーム・ポイントってあんまりないですよね。コンプレックスだらけですよ。隈が涙袋になってるんで、いいんだか悪いんだかわかんない。

宗像:寝てください(笑)。

Q:作詞作曲はどうですか

あの:生誕祭でやったけど、あまり時間がなかったから、自分がいいなって思えるのは作れませんでした。もうちょっと時間があればやってみても面白いかも。やる気出たら…で、今やる気ない。暇だったらやります。

Q:今後、“あのバンド”をやりたいですか?

あの:やって欲しいって言ってくれる人が一人二人いて、(笑)いるの?(場内全員挙手)いるんだ。機会があれば。

田家:なにか機会を設けられればと思ってます。

あの:は~い。そういう感じで。うれしい。

Q:ゆるめるモ!をやっていて楽しいなっていう時は?

あの:ノリがいい時。ノリがよくないと嫌だ。

宗像:今、この瞬間は?

あの:今は65%

このあと大晦日12月31日に発売されるゆるめるモ!のアルバムから一曲特別に本邦初公開。実験的な作品として田家プロデューサーの自信作とのこと。トークイベント終了後には、集まったファンの皆さん&来れなかった方の分も加えて、あのちゃんに“おつかれさま”の花束が渡された。

あの:ありがとうございます。やったー。よかった。ピンクだ可愛い。ありがとうございます。楽しかったです。他のメンバーはソロとかユニットとかでやってて、こういう注目される場は多いと思うんですけど、初めてやるので、人は来ないかと思ってて。よかったです、ありがとうございます。


「IDOL AND READ 002」

A5判/224頁/本体価格1,200円+税/
発売中/ポストカード付き ISBN : 978-4-401-77130-1

レポート・写真提供:(C)シンコ-ミュージック・エンタテイメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

    関連ニュース

    関連ニュースはありません。

関連商品