T-Palette Records感謝祭2014、Negiccoもバニビもアプガも歌って戦う(腕相撲)6時間!!新入生アイドルネッサンスもサプライズ加入! | GirlsNews

T-Palette Records感謝祭2014、Negiccoもバニビもアプガも歌って戦う(腕相撲)6時間!!新入生アイドルネッサンスもサプライズ加入!

T-Palette Records感謝祭2014より
T-Palette Records感謝祭2014より
  • T-Palette Records感謝祭2014より
  • T-Palette Records感謝祭2014より
  • T-Palette Records感謝祭2014より
  • T-Palette Records感謝祭2014より
  • T-Palette Records感謝祭2014より
  • T-Palette Records感謝祭2014より
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • T-Palette Records感謝祭2014より 撮影:相澤心也
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

12月13日、品川ステラボールにてタワーレコードが発信するアイドル専門レーベルT-Palette Recordsによる「T-Palette Records感謝祭2014」が開催された。出演はもちろんT-Palette Records所属のアイドル達。毎年恒例となった年末の感謝祭に今年も新旧レーベルメイトが大いに会場を盛り上げた。

賑わう会場にまず登場したのは司会を務める、タワーレコード社長嶺脇育夫とプロインタビュアーの吉田豪。2014年の振り返りや今回の特別企画である「Tパレ腕自慢決定戦~Tパレアームレスリング大会~」の説明などをしつつゆるやかにトップバッター、キャラメル☆リボンへとバトンタッチ。

「みなさんこんにちはー!」と上野天音の明るい声で登場したメンバー。なにわのモーツァルトことキダ・タロー作曲『なにわ食いしんぼ横丁』でほんわかとイベントをスタートをさせた。キラキラと明るい歌声で『スタートリボン』『恋のmusic』を披露した後はMCへ。ここで吉仲葵が“T-Palette”“TOKYO”“TOP BATTER”とTの頭文字が三つあるという事から「Tってやりましょ!」という提案。「やる意味あんの?」という上野天音のつっこみも入りつつ会場全員で“T”。

その流れに乗って続いてはアイドル界屈指の名曲『虹色』へ。高音の響きが美しいキャラメル☆リボンのヴォーカルを最大限に活かした楽曲であり、ほのかに感じさせるブラックテイストにファンも多い。そんな名曲を溌剌とした姿で披露し、会場を沸かせた後はそのまま間を置かず『ファーストシークレット』『七色の虹の向こうに』と続ける。会場は大きな拍手で迎え、トップバッターとして十二分な働きを見せた。

この日はライブパートの後、嶺脇育夫、吉田豪司会によるトークパートへ、といった構成をとっており、各アイドルともライブ後に落ち着いて話を聞ける。出番を終えたキャラメル☆リボンには嶺脇育夫から腕相撲大会の話などから、上野天音扮する天太郎の話へ。キャラメル☆リボンのライブにまれに登場するヒゲのキャラクターだが、嶺脇育夫は出番前に毎度5、6種類のヒゲからどれが良いか尋ねられるのだそう。しかし今回その質問は無く「ほって(捨てての関西弁)きました。」と楽しげに話す上野天音。そんな彼女だが来年の抱負について尋ねられると「2015年は和歌山国体の…あーちゃんに任せるわ。」と自信なさげな急な方向転換に会場たまらず爆笑。

振られた吉仲葵が2015年9月26日から始まる和歌山国体のメインテーマのダンスバージョンをキャラメル☆リボンが担当する旨をキチンと伝えると続いてはバニラビーンズの登場。

『キッスは目にして ぽお!』から『ワタシ…不幸グセ』と、昭和の名曲カバーと昭和歌謡曲テイストの曲を続け、懐かしい雰囲気のフロア。少し年代を上げてピチカート・ファイヴ『東京は夜の七時』のカバーも披露し、幅の広い音楽性を見せる。『プリーズミーダーリン』を楽しげに歌い上げるとラストは「2億4千万の瞳」「哀 戦士」などで知られる井上大輔が、当時Winkに作曲したものの御蔵入りとなっていた『有頂天ガール』で締める。

トークコーナーでは12月18日にLIQUIDROOM行われるワンマンライブのチケットがソールドアウトになった喜びを伝える。腕相撲大会に話が及ぶと賞品が出る事に食いつくレナであったが、アイドルと手を握り合うと緊張で負けるとの理由にリサが「そこ!?」とつっこむ。吉田豪からの今後についての質問に、2015年にはアルバムの発売も予定していると話し「来年もバニラビーンズ、います!」と力強く宣言した。

続いては、しず風&絆~KIZUNA~。舞台袖から号令が聞こえるとそれに合わせてファンも手拍子し、『WONDER PARADE』の曲紹介でステージに飛び出す。客席を煽りつつ『トキメイクライフ』から『交 -majiwari-』『チェッカーフラッグをとめろ』の3曲を披露。そのまま勢いを止めず『PINKのロケット☆彡』へと突入する。この曲ではロケットに見立ててメンバーが打ち上がる(リフト)のだが、毎回このイベントでは嶺脇育夫、吉田豪両名も打ち上げを狙われる。今までは上手く逃げてきた両名であったが、その事を忘れて舞台袖で見学していた嶺脇育夫が見事に捕獲されステージ中央で立花美空、水野晴子に打ち上げられた。

「油断してました。」とトークコーナーでは一言目にその話題から。「豪さんに逃げられたー。」と悔しがる立花美空、水野晴子の二人。そのまま力があるという事で腕相撲の話などしつつ、来年の抱負へ。しかし、「まだ来年の事について考える余裕がない」と12月20、27日に行われるバーサス・プロダクション主催による「交フェス」について触れる。ただ、この日の物販にチケットは用意しておらず「売ろうよ。」と嶺脇育夫は残念がる。そのチケットについてだがローソンチケットや各出演者の取り置きで手に入るとの事だ。

■Tパレ腕自慢決定戦~Tパレアームレスリング大会~ -予選-
ここからは今回の特別企画「Tパレ腕自慢決定戦~Tパレアームレスリング大会~ -予選-」へ。各グループ2名(amihimeはソロなのでシード扱い)を代表とし、トーナメント形式での戦いとなる。ステージには世界アームレスリング連盟公式競技台が運び込まれジャッジも日本アームレスリング連盟からと本格的。ゴングも用意され、なぜかゴングガールにアップアップガールズ(仮)古川小夏。

出場者が出揃い、注目の優勝者に送られる賞品が発表される。賞品は「叙々苑の商品券」。色めき立つアイドル達。森咲樹の目つきが変わり、ミズタマリの咆哮が響く。焼肉大好きアイドル達の戦いの火蓋が切って落とされた。

<予選>※勝者○敗者●
 ●上野天音(キャラメル☆リボン) vs 藤村鼓乃美(ワンリルキス)○
 ○森咲樹(アップアップガールズ(仮)) vs ayaka(リリカルスクール)●
 ○カミヤサキ(プラニメ) vs 立花風香(しず風&絆~KIZUNA~)●
 ●リサ(バニラビーンズ) vs Megu(Negicco)○
 ○深田聖奈(キャラメル☆リボン) vs hina(リリカルスクール)●
 ○立花美空(しず風&絆~KIZUNA~) vs レナ(バニラビーンズ)●
 ●古木のぞみ(ワンリルキス) vs ミズタマリ(プラニメ)○
 ○Nao☆(Negicco) vs 佐保明梨(アップアップガールズ(仮))●

猪木のコスプレで挑み瞬殺された上野天音やバニラビーンズの2名があっさり敗退し笑いの中、最強かと思われた佐保明梨、まさかの1回戦敗退。Negiccoは2人共に勝ち上がり、試合前の予想を大いに覆す波乱のスタートとなった。敗れた佐保明梨は「来年は…雪辱します…。」と悔し涙。

盛り上がる場内の中、決勝の前に再びライブに戻る。登場したのはLinQの姫崎愛未のソロプロジェクト・amihime。今回唯一のソロだが元気にステージを駆け回る。ボーカロイドで制作された楽曲を歌う2.5次元アイドルというコンセプトの通り『アイイロNEWWORLD』や『虹色ボーダーライン』、そして『シンジルツヨサ』など人気ボカロPが手がける曲、5曲を一気に歌い上げた。

「ややこしい設定は無し。」とトークではいつもの表情を見せつつ、CDリリースがまだ無い事に触れる。「出そうよって言ってるんですけどね。」という嶺脇育夫の言葉に「干されてる…。」とつぶやくamihime。話は腕相撲大会に及び、それならと優勝すればCDリリースという約束も飛び出る。来年の抱負はCDリリースも含めamihimeの活動をもっと広く知ってもらいたいと話した。

ここからは後半戦。登場したのは元BiSのカミヤサキ、いずこねこのミズタマリで結成されたプラニメ。圧倒的パフォーマンスはTIFでも話題になり、来年もその活動を注目されるであろう存在である。「プラニメセイハロー。」で幕を明けたステージは1曲目から『Plastic 2 Mercy』で激しく会場を熱くさせる。軽いMCをはさみ『who am i?』『letter』を披露。ラストは1月6日発売の新曲『UNIT』。曲中に2人の足を二人三脚のように結ぶという独特のパフォーマンスを見せた。

トークは吉田豪の「二人三脚にはもう慣れましたか?」の一言から二人三脚の状態で登山をするPVの話へ。チェーンを出してきた監督に焦るミズタマリや、登山なのにやたら薄着で来たスタッフなど盛り上がる。腕相撲では2人共勝ち残っていたが、カミヤサキはか弱さを見せたかったと悔しがる。来年はCDリリース、ワンマンライブからのスタートとなり気合の程を見せた。

続いてはアイドル界の中では少し異色な声優ユニット、ワンリルキス。サニーデイ・サービス田中貴のプロデュースが目に留まるが、西寺郷太や中村一義他多くの一流アーティストの名前も見られ、楽曲派はぜひ注目しておきたいグループの一つである。メンバー自体は声優さんらしい年齢不詳感のある元気で明るいキャラクターが可愛らしい。

1曲目『ダンシングセブンティーン』が終わると「1年間ありがとうございましたー!」とお辞儀し、あれ?と空気が変わったと同時に「これからもよろしくお願いしまーす!」と続ける腰くだけな始まり。『realize!!』から中村一義が作詞作曲した『ワンリルキス』までを披露すると、最後はこれも中村一義が1stアルバム「金字塔」においてカバーしたポンキッキの『まる・さんかく・しかく』をさらにカバーして披露。全体が人の手を通った演奏で届けられる楽曲に、彼女達の可愛らしさを加え平和な空気が満ちた楽しいライブとなった。

トークではどんな一年だったかの質問に「GREAT!」と英語一言で答える古木のぞみ。「一番絡みづらいんですよ。」と嶺脇育夫。後方の観客から「後ろー!」と叫ばれると「塩?塩?あ、後ろか、なんでSALTなのかなー?って。」と答える。12月のライブについて話を振られると「た、楽しい感じ、です。」とあやふやな答えで静まり返りかけた空気に「イエ~イ。」とメンバー。終始まとまらないまま来年はアルバムを出したいと語った。

ここで先日ニュースとして話題となった、アイドルネッサンスT-Palette Records加入の報告。驚きと衝撃の新加入となったが、メンバーの喜びの表情が印象的であった。(詳しくはこちらの記事に掲載)

■Tパレ腕自慢決定戦~Tパレアームレスリング大会~ -決勝-
佐保明梨敗退の衝撃の予選であったが、ここからは熾烈な決勝へと進む。気合の入るアップアップガールズ(仮)は森咲樹を最後にグレイシートレインで登場。はたして勝者は、そして「叙々苑の商品券」は誰の手に。

<決勝戦1回戦>※○勝者●敗者
●藤村鼓乃美(ワンリルキス) vs 森咲樹(アップアップガールズ(仮))○
●カミヤサキ(プラニメ) vs Megu(Negicco)○
●深田聖奈(キャラメル☆リボン) vs 立花美空(しず風&絆~KIZUNA~)○
●ミズタマリ(プラニメ) vs Nao(Negicco)○

<準決勝>
○森咲樹(アップアップガールズ(仮)) vs Megu(Negicco)●
●立花美空(しず風&絆~KIZUNA~) vs Nao☆(Negicco)○

<決勝>
○森咲樹(アップアップガールズ(仮)) vs Nao☆(Negicco)●

ラストは仲の良いNao☆と戦う事になってしまった森咲樹の目から涙が溢れたが、勝負の世界は厳しく、優勝をその手にもぎ取った。敗れたNao☆からは「大好きなモリティーが勝ってよかったと思います。モリティー大好きだよ!」と抱き合う。森咲樹は「今日の為に生きてきた。」と語り「大好きなNao☆ちゃんだから頑張れたんだと思います。大好き!」と再びお互いの健闘を讃え合った。そして「叙々苑食べてきまーす!!」と森咲樹の叫びの声の中「Tパレ腕自慢決定戦~Tパレアームレスリング大会~」はゴングガールを務めた古川小夏の深々とした礼と共に幕を閉じた。

大会が終わると、アイドルネッサンスが『17才』を一曲入魂で披露。そのままlyrical schoolのライブへとつながる。ターンテーブルが用意された舞台から「ラップをするのは楽しいです!」の声。『FRESH!!!』『プチャヘンザ!』『そりゃ夏だ!』と今年さらに実力を付けた姿を観客の前に見せる。ライブはノンストップで『brand new day』『photograph』へ。アイドルネッサンスT-Palette Records加入もありさらなる盛り上がりに負けないとの宣言から『PRIDE』でガツンとこのライブを締めた。

トークコーナーでは嶺脇育夫の言葉に吉田豪から「毎回ライブを絶賛する。」と一言が入ると、さらに嶺脇育夫がライブを絶賛。「て、言っておかないとめんどくさいでしょ?」と落ちもあったが嬉しそうなメンバー。hinaのグラビアでの活躍の事にも触れつつ話題はayakaのヲタ活話へ。アイドルネッサンスとすれ違った時にテンションの上がったayakaの話を聞き「ほんと女性で良かったですよね。」と嶺脇育夫。hinaもアイドル好きだという話に及ぶとオフマイクでも届く声で「私こんなにキモくないもん!」と拒否感を露わにされ「仲間募集中です。」とayaka。来年の抱負は行った事の無い県に行って生のライブを見て欲しいと意欲を見せた。

続くアップアップガールズ(仮)は「まだまだ体力使っていきますよー!!」の声からOP。『Beautiful Dreamer』からスタートすると軽くMCの時間を設け、自己紹介の時間をしっかりと取る。関根梓が次の夢は「日本武道館です!!」と語り、「今日は我を忘れられるライブにしたいと思います!!」と勢いをつけると『全力!Pump Up!! -ULTRA Mix-』へ。『リスペクトーキョー』『チョッパー☆チョッパー』と曲数こそ少な目だが、2時間ノンストップライブをこなした力をそこに圧縮させたようなさすがの激しいライブを見せた。

トークでは早速、腕相撲の話へ。森咲樹決勝戦での涙の理由については「決勝戦でNegicco、Nao☆ちゃんと戦う事がショックすぎて…。」と話す。1回戦敗退の佐保明梨は来年に向けて「腕相撲用のトレーニングじゃなかったので先生と相談して鍛えてきます。」と一年間修行する意気込みを見せる。そのまま2時間ノンストップライブの話などから来年の抱負へ。せーので「日本武道館に立つ!」と宣言し、曲中に上の階の客席まで走りたいと希望を語った。

5時間にも渡ったライブのトリを務めるのはNegicco。雪のような衣装を身にまとい『ときめきヘッドライナー』から滑り出すようにスタートする。『トリプル!WONDERLAND』から『1000%の片想い』3曲を軽やかに披露し、代表曲『圧倒的なスタイル』へ。客席と共にやるお馴染みのラインダンスではステージにアップアップガールズ(仮)を呼び込み華やかに大人数でのラインダンスが繰り広げられる。ラスト曲『光のシュプール』ではファン一同の企画で「光のシュプール オリコン週間5位 おめでとう」と書かれた大きな幕が掲げられ、ランクインを祝った。

トークは腕相撲大会に残った4強の内二人がNegiccoだとは、という所から。そしてオリコンチャート5位の話へと移りNao☆からファンへ感謝の気持ちを伝えられる。そのまま1月20日発売のNEWアルバムの内容に触れると、一足先に聴いた嶺脇育夫からは絶賛の言葉。いやがおうにも期待の高まるNegiccoの来年だが、やはりアルバム。そして1月24日、25日の恵比寿LIQUIDROOMのライブがまず、との事だった。

全ての出演者のライブが終わるとラストはコラボ。バニラビーンズのレナからの「会場にいる皆様はきっとこの世代の方。加藤晴彦を思い出すと思います。」との曲紹介から、広瀬香美『ロマンスの神様』。長く続いたお祭りの最後はT-Palette Recordsレーベルメイト達の様々な歌声が響く、不思議な選曲となごやかな笑顔に終えた。

なおこちらのライブの模様は12月26日(金)18:30より「南波一海のアイドル三十六房 スペシャル編~T-Palette Records感謝祭2014~」にて6時間丸ごと配信予定となっている。


<セットリスト>
キャラメル☆リボン
 01. なにわ食いしんぼ横丁
 02. スタートリボン
 03. 恋のmusic
 04. 虹色
 05. ファーストシークレット
 06. 七色の虹の向こうに

バニラビーンズ
 01. キッスは目にして ぽお!
 02. ワタシ…不幸グセ
 03. 東京は夜の七時
 04. プリーズミーダーリン
 05. 有頂天ガール

しず風&絆~KIZUNA~
 01. WONDER PARADE
 02. トキメイクライフ
 03. 交 -majiwari-
 04. チェッカーフラッグをとめろ
 05. PINKのロケット☆彡

amihime
 01. アイイロNEWWORLD
 02. EMBRACE
 03. メランコリック
 04. 虹色ボーダーライン
 05. シンジルツヨサ

プラニメ
 01. Plastic 2 Mercy
 02. 盗られそう
 03. who am i?
 04. letter
 05. UNIT

ワンリルキス
 01. ダンシングセブンティーン
 02. realize!!
 03. DROP!
 04. 忘れられないよ
 05. ワンリルキス
 06. まる・さんかく・しかく

アイドルネッサンス
 01. 17才

lyrical school
 01. FRESH!!!
 02. プチャヘンザ!
 03. そりゃ夏だ!
 04. brand new day
 05. photograph
 06. PRIDE

アップアップガールズ(仮)
 01. Beautiful Dreamer
 02. 全力!Pump Up!! -ULTRA Mix-
 03. リスペクトーキョー
 04. チョッパー☆チョッパー

Negicco
 01. ときめきのヘッドライナー
 02. トリプル!WONDERLAND
 03. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
 04. 1000%の片想い
 05. 圧倒的なスタイル
 06. さよならMusic
 07. 光のシュプール

全員
 01. ロマンスの神様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

キャラメル☆リボンの動画を観る

関連リンク

T-Palette Records

関連商品

讐 ~ADA~ 第一部 戦慄篇 [Blu-ray] / Array

/ Blu-ray バップ(2013-08-21)

定価:¥ 6,264

バニラビーンズ ワンマンライブ DVD デビュー5周年ライブ @ 渋谷WWW / バニラビーンズ

/ DVD T-Palette Records(2012-10-03)

定価:¥ 4,104

1stワンマンライブ エビスではじまるネッサンス!! [DVD] / アイドルネッサンス

/ DVD T-Palette Records(2016-02-23)

定価:¥ 4,860

Languages