復活のイニミニーマミーモー アルバム発売記念の2ndワンマンで盛り上がる | GirlsNews

復活のイニミニーマミーモー アルバム発売記念の2ndワンマンで盛り上がる

イニーミニーマニーモー
イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー
  • イニーミニーマニーモー 1stアルバム「あもまみ。」ジャケ写
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

12月3日、今年10月に5ヶ月ぶりに活動再開をしたアイドルデュオ「イニミニーマミーモー」の復活2ndワンマンライブが六本木Beehiveで行なわれた。

「イニミニーマミーモー」(以下、イニミ二)は、“あもちゃん”こと中村彩さんと、“まみちょん”こと橋本まみさんの平均身長145cmの超ミニミニサイズデュオ。

4年前に以前の事務所で活動している時に出会った2人は、2012年にイニミニとしてCDデビューし、秋葉原などを中心にライブアイドルとして数多くのイベントに出演している。今年5月に“活動休止”を発表して今後の活動がファンに心配されたが、10月に事務所を移籍して復活を遂げた。

多くのアイドルグループの中で、活動休止のまま自然消滅してしまうユニットも多く、復活しても以前とは様変わりしてしまうケースがほとんどだが、そんな心配をよそに見事に復活したイニミニは、以前にも増した活発なペースでほぼ毎日のライブ活動を続けている。

ライブ当日に発売された待望の1stアルバム「あもまみ。」は、この日のライブで発表された新曲から、現在では入手困難な音源の完全再録まで、充実した11曲の嬉しい内容で、イニミニの完全復活を象徴するものとなっている。

12月3日の“イニミニの日”に行なわれたこのライブは、オープニングアクトを務めた星野あいなさんに続いて登場したイニミニが『ありがとうごめんね。』から賑やかに幕を開けた。ファンにお馴染みの以前の曲から、それぞれのソロ曲、そして、ゲストのJewel*mariee(ジュエルマリー)へと、緩むことなく会場は盛り上がっていった。

そして、MCではイニミニからの重大発表として、来年2月16日にイニミニ3周年を記念した次回ワンマンライブが渋谷ルイードK2で開催されることが発表された。

後半は、「妄想ウエディング」からの4曲を連続で歌い、最後の「私ダケ魅ててNE!」は、初披露にもかかわらず、会場が一体となって、頭を振り乱してのヘドバンで最高潮に盛り上がった。

本編が終わり、ファンの声が枯れそうなほど長いアンコールのあとは、コラボで星野あいなさんが所属していたDear Dollの「電撃トマト」を3人で歌って再び会場を沸騰させた。曲を歌い終えると「実はあもちゃんが急に鼻血を出しまして。」とアンコールが長くなったことをまみちょんが説明した。あもちゃんの顔が真っ白なのはそのせい…ではなく前回のワンマンでもファンを仰天させた白塗りメイクのせい。「うちらのルールで白塗りやんなきゃいけないんだよ。まみもやるって言ってたよね?」とあもちゃんに話を振られたまみちょんは「言ってない!肌が白いからオッケーでしょ!」とあわててに否定した。

激しい曲を続けざまに歌ったイニミニは上がる息を抑えながら、最後の曲は最初にも歌った『ありがとうごめんね。』で笑いと平和に包まれたライブを締めくくった。

時間は前後するが、GirlsNews取材班はライブ直前のイニミニの2人にお話を伺った。

あもちゃんは今回のライブについて「発売された1stアルバム曲を披露しますが、まだ何曲かお披露目してない曲もあります。まみちょんの振付と私が作詞を担当した“妄想ウェディング”は、まだまだ盛り上がっていける曲なので、一緒に盛り上がって欲しい!」と意気込んでいた。

まみちょんが「ライブで発表するんですが、発売を記念してアルバム購入者を無料で次のワンマンにご招待します。」と話すと、スタッフから2月16日に渋谷ルイードK2で行なわれると初めて知らされ「いっぱいにしたいよね!」と2人で喜んだ。

独自の雰囲気を持つユニットの個性について「イニミニちゃんはちっちゃいだけじゃなくて、ライブでもちょっとバイオレンスなところを見せたりと、生のパフォーマンスが一番の売りです。自分たちのいいところを認めてもらって、“イニーミニーマニーモー”という新しいジャンルになりたい。」とまみちょんはアピールした。

あもちゃんは「ライブの回数が多いので、お客さんが飽きないように毎回違ったパフォーマンスをしています。」といい、まみちょんも「振付も雰囲気やお客さんの表情を見て、2人でアイコンタクトをとって変えたりと工夫しています。」とこだわりを語った。ライブでは、2人がお客さんにビンタを食らわせることもあり、「誰かは決まってないので、避けている人を狙っていきます。」といたずらっぽく笑った。

今後の目標についてまみちょんは「ワンマンと1stアルバムの発売を終えたばかりですが、次のステップとしてもっと大きな会場を満員にしたい。」、あもちゃんは「遠征をあまりしてないので、全国をツアーしてイニミニをもっと知ってほしい。」とそれぞれ話した。

最後に今回のアルバムについてあもちゃんは「どの曲もいい曲ばかりで、私も作詞を何曲も担当させていただきました。歌詞カードを見ながら口づさんで、ライブにも遊びに来て欲しい。」、そして、まみちょんは「皆さんゲッチュしてください!」とアピールした。

今後のイニミニの活動は全国へ向けてますますの躍進が期待される。2015年1月4日(日)にはダイバーシティ東京・ステイバル広場でのイベントも決まり、来年は更なるイニミニ旋風の吹き荒れる年になるだろう。

■イニーミニーマニーモー1stアルバム
『あもまみ。』

<収録曲>

1.『ありがとうごめんね。』
2.ゆびきり
3.柵をすり抜けてもっとスカートをひらりさせて余裕で飛び回ってみせるの
4.私の全て極めて
5.妄想ウェディング
6.ラブリンスタイム
7.超無敵!
8.イニミニ革命
9.風の音を感じて
10.私ダケ魅ててNE!!
11.贈る歌“大切な人”

イニーミニーマニーモー 公式サイト
http://sweetly-music.com/12323/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

イニーミニーマニーモー 公式サイト

関連商品

SPIRAL MUSIC LIVE & MUSIC VIDEO COLLECTION Vol.2 [DVD] / Array

/ DVD SPIRAL MUSIC(2013-12-02)

定価:¥ 4,104

Languages