ベビレ・LinQ・Negicco・バニビが骨髄バンクを歌でPR!オリジナルソング「ダイジナトコロ」が公開 | GirlsNews

ベビレ・LinQ・Negicco・バニビが骨髄バンクを歌でPR!オリジナルソング「ダイジナトコロ」が公開

TEAMダイジナトコロ
TEAMダイジナトコロ
  • TEAMダイジナトコロ
  • ベイビーレイズ
  • ベイビーレイズ
  • LinQ
  • LinQ
  • Negicco
  • Negicco
  • バニラビーンズ
  • バニラビーンズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

10月2日より、ベイビーレイズ・LinQ・Negicco・バニラビーンズが登場する日本骨髄バンクオリジナルソング「ダイジナトコロ」のスペシャルムービーが、YouTubeチャンネル及び、同法人ホームページ上にて公開されている。

このプロモーションムービーでは、一般の人へ骨髄バンクドナー登録への理解を深めてもらうことを目的として、ベイビーレイズ・LinQ・Negicco・バニラビーンズの4組のアイドルグループがスペシャルユニット「TEAMダイジナトコロ」を結成。若年者層の内5割以上が骨髄バンクについて「言葉は見聞きしたことはあるが、理解に誤りがあった」と回答している骨髄バンクについて、正しい知識を得ることを目的にオリジナルソングを歌っている。

ストーリーは高校が舞台。学校の通学路や図書室を舞台に主人公の女の子が、ちょっと気になる男子との胸がドキドキするようなシチュエーションだ。各グループのメンバーが、次々と切り替わりながら演じ、学生時代の青春を感じさせる映像に疾走感のある曲調と歌詞をリンクさせている。サビの部分は各グループのダンスパート。振付はPerfumeの振付なども手掛けているMIKIKO氏に協力を依頼、誰もが真似のできるキャッチーでかわいいダンスとなっている。また、サビまではアイドルらしい爽やかな歌詞で進行しますが、サビで突然「骨髄」というワードが登場。アイドルと「骨髄」というギャップのあるワードが印象的な曲だ。

さらに、場面毎に”腰”まわりアップのカットが多く登場。これは腰に手を当てた際の親指の少し下のこの場所が、骨髄提供時に「骨髄液を取る」場所であり、病気で苦しんでいる患者さんを助ける「ダイジナトコロ」となる。正しい知識を覚えるというこのコンセプトでもあり、曲のタイトルにもなっている重要なパーツだ。

メイキング映像を加えた各グループ単独Ver.も10月以降、順次公開される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LinQの動画を観る

関連リンク

日本骨髄バンク オフィシャルサイト

関連商品