AKB48が「ワンダ モーニングショット」新CMで全国の方言を披露! | GirlsNews

AKB48が「ワンダ モーニングショット」新CMで全国の方言を披露!

AKB48
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

9月13日より、アサヒ飲料株式会社の缶コーヒー「ワンダ モーニングショット」の新CM「おはよう編」が全国でオンエアされ、CMキャラクターであるAKB48の渡辺麻友さん、横山由依さん、木﨑ゆりあさん、柏木由紀さん、そして47都道府県の出身者が所属するチーム8のメンバーが登場する。

 『ワンダ モーニングショット』は、焼きたて・挽きたて・淹れたての目覚めるおいしさを特長とした、スッと飲めて、キリッと苦味の『朝専用缶コーヒー』です。ターゲットである日本全国のサラリーマンの1日を応援するに相応しい存在としてAKB48をCMキャラクターに起用してきた。

今回はAKB48の渡辺麻友さん、横山由依さん、木﨑ゆりあさん、柏木由紀さんと、47都道府県から各1名づつ選ばれたAKB48チーム8のメンバーが「日本の皆さん!」と呼びかけるカットからCMはスタートする。各出身地のランドマークを背景に、渡辺麻友さんは標準語で「おはよう。すごい応援しているよ!」、横山由依さんは京都の言葉で「おはようさん。ほんま応援しているわ!」、木﨑ゆりあさんは、愛知の言葉で「おはよう。でら応援しとるでね!」、柏木由紀さんは鹿児島の言葉で「おはようごあす。わっぜ応援しちょっど!」と投げかけ、サラリーマンを応援する。最後は、メンバー4名とチーム8メンバーの、総勢51名を背景にした商品を中心のカットで「朝専用!ワンダ モーニングショット」とよびかける。

CMは地域ごとにわかれており、チーム8が全47都道府県の言葉で呼びかける、「北海道・東北」バージョン、「関東・甲信越」バージョン、「中部・北陸」バージョン、「関西」バージョン、「中国・四国」バージョン、「九州・沖縄」バージョン、計6つのエリアバージョンも展開される。

出身都道府県の言葉を使ったセリフのカットは、一人ずつ撮影。普段から京都弁を話す横山さんと、標準語がセリフの渡辺麻友さんは、すんなり撮影終了。「京都代表として出られて嬉しかった」と語ってくれた横山由依さん。鹿児島弁でセリフを言う柏木由紀さんは、セリフで使われている”わっぜ”という言葉は「すっげーみたいな意味」とスタッフに説明していた。現在はほぼ使われない古い言い回しを求められたのは愛知出身の木﨑ゆりあさん。イントネーションの面白さに、セリフを言いながら笑ってしまう場面も。難しいセリフを何度も繰り返しながらも、終止笑顔でその場を和ませていた。

また、メンバーに「憧れる方言がありますか?」という質問をすると、渡辺麻友さんと柏木由紀さんからは「京都弁」という答えが。ふたりとも、横山由依さんのはんなりとした女の子らしい話し方をとても可愛いと思っているそう。その横山由依さんが憧れるのは博多弁。「HKTの子の話し方を聞いて、博多弁っていいなって思ったんです」と憧れを語った。また木﨑ゆりあさんが好きなのは関西弁だそうで「大阪出身の子と話してると、自分も関西弁っぽい話し方になる」と話していた。

渡辺麻友さん、柏木由紀さん、横山由依さん、木﨑ゆりあさんの4人揃ってのシーンも撮影。「日本のみなさん!」というセリフの収録後、「北海道のみなさん」、「関東・甲信越のみなさん」など呼びかける土地を変えながら次々と収録を行ったが、練習なしで本番に臨んだにもかかわらず、4人のセリフは息ピッタリ!セリフの言い回しやポーズに対する監督の要求も次々とクリアしていく姿に、4人のプロ意識の高さが感じられた。最後に行われたのは、画面中央にワンダ缶のCG画像をはさんでセリフを言うカットの撮影。4人が立ち位置につこうとしたとき、モニターに映るワンダ缶の上に柏木由紀さんが重なり、缶の上に柏木由紀さんの顔が乗ったトリックアートのように見える一瞬が。それを見逃さなかった渡辺麻友さん。「ワンダ着てるみたい」、「体がワンダ」、「似合ってるよ!」など他のメンバーも巻き込んで面白がり、それに「似合ってる?(笑)」と答える柏木由紀さん。4人のノリのよさと仲のよさが垣間みれた瞬間だった。

今回のCMは地方によって違うバージョンがあり、47人のチーム8のメンバーが登場し、それぞれの出身都道府県の言葉で語りかける。撮影では、緊張しているうえ慣れない言葉でのセリフに、序盤はみんな四苦八苦。それでも監督の要求に答えようと一生懸命、笑顔でセリフを繰り返す。また、モニターチェックの際には自分の演技を見て、「照れるー」、「恥ずかしー」といった初々しい言葉が出ることも。そんな初々しくてフレッシュな魅力がCMにもしっかりおさめられている。CMに出演するチーム8全員が揃っての撮影も行われ、47人がひな壇に並ぶ様子は圧巻。立ち位置などの調整に時間がかかったが、メンバー達は疲れも見せず協力的に臨んでいた。しかし「周りの人とポーズを決めて盛り上がって!」という要求が監督から出ると、その瞬間からぐっと砕けた雰囲気に。はしゃぎながらポーズを取ったり、相談しあう笑顔は10代の女の子たちの素顔そのもの。そんな活気のある雰囲気のままラストカットの撮影は終了した。キラキラしたチーム8たちの笑顔にも注目だ。

なお、「おはよう」編と全エリアバージョンは、ワンダブランドサイト(http://www.asahiinryo.co.jp/wonda/sp/cm/)および「アサヒグループ公式チャンネル(https://www.youtube.com/user/AsahiGroupHoldings)でチェックできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AKB48の動画を観る

関連リンク

AKB48 オフィシャルサイト

関連商品