JKT48・メロディーが「おかやまフルーツ大使」に就任! | GirlsNews

JKT48・メロディーが「おかやまフルーツ大使」に就任!

JKT48メンバーと伊原木岡山県知事 (C)JKT48project
JKT48メンバーと伊原木岡山県知事 (C)JKT48project
  • メロディーと伊原木岡山県知事 (C)JKT48project
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

7月7日、インドネシア・ジャカルタを本拠地として活動するJKT48のメンバーであるメロディーさんが、岡山県の「おかやまフルーツ大使」に就任し、その任命式が岡山県庁知事室にて行われた。

岡山県では、世界に通じる岡山ブランドの確立を目指し、インドネシア・ジャカルタにおいて、県の誇る高品質な果物を中心とした宣伝・販売を行っている。このアンバサダーとして、ジャカルタで活動するJKT48のメンバーであるメロディーさんが「おかやまフルーツ大使」に就任した。

メロディーさんは今回の就任について、「こんにちは。JKT48のメロディーです。おかやまフルーツ大使になれて嬉しいです。岡山県には昨年初めて来たのですが、桃やブドウなどのフルーツが凄く美味しかったことが印象に残っています。「おかやまフルーツ大使」として、岡山県のフルーツのおいしさを、インドネシアの人たちに知ってもらえるように、今年も頑張っていきたいと思います。まだ私の知らない岡山県の魅力がいっぱいあると思うので、今年はスイーツづくりなどの体験を通して、岡山県のことをもっと勉強し、インドネシアでのPRを頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします」とコメントした。

メロディーさんは、JKT48のキャプテン。今年4月に現地インドネシアで行われた JKT48の第一回シングル選抜総選挙では第1位を獲得している。 アイドルの活動をする傍らバンドンのハジャジャラン大学(インドネシアを代表する国立大学の一つ)農学部で農業技術を学んでおり、将来の夢はインドネシアの農林水産省で働くこと、日本のテクノロジーをインドネシアの農業システムに適用して、インドネシアの農業をより良いものへと変えていきたいとのことだという。そんな彼女にぴったりの大役といえるだろう。

情報提供・写真提供:(C)JKT48project

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JKT48の動画を観る

関連リンク

JKT48 オフィシャルサイト

関連商品