憂鬱な月曜日をハッピーに変える!Party Rockets定期公演初回で新曲を初披露! | GirlsNews

憂鬱な月曜日をハッピーに変える!Party Rockets定期公演初回で新曲を初披露!

AKIBAカルチャーズ劇場 アイドルユニット/グループ ご当地アイドル レポート 音楽
Party Rockets
Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets
  • Party Rockets

7月7日、3人組アイドルユニット・Party Rocketsの定期公演「パティロケのRockin’ Monday!」vol.1が秋葉原・AKIBAカルチャーズ劇場で行われた。

平日に今旬のアイドルを集め、定期公演を行っているAKIBAカルチャーズ劇場。7月に入りそのラインナップが改められ、新しく仲間入りしたのが仙台発のガールズトリオ・Party Rocketsだ。既にその名前と実力は多くのアイドルファンの知るところだが、東京に新たに拠点を置き更なるスキルアップを図ることとなった。今回はその初回公演。月曜の夜にもかかわらず、会場には熱心なパティロケファンの姿が多く見られた。

バックヤードから3人の気合の掛け声が聞こえ、いよいよ初回のステージがスタート。記念すべき1曲目は彼女たちのメジャーデビュー曲である「初恋ロケット」だ。強烈なギターサウンドに乗せて、キレのあるダンスと息の合った歌声を届け、会場のファンの興奮を昂らせる。続く「好きすぎて生きるのがツラいよ」や「MIRAIE」、「輝くあなたが好きだけど」といった曲でもステージを駆け、気合の入ったステージを見せた。

ちょっと珍しい曲のパフォーマンスが見れるのも、定期公演の楽しみの一つ。5曲目にBiSの「nerve」のイントロが流れると、ファンからは驚きと喜びの声が上がった。お姉さんユニットのDorothy Little Happyとコラボしていたり、アイドルフェス等での共演も多いBiSだが、特にメンバーの菊地史夏さんは「個人的にすっごいBiSさん大好きで、ウォークマンの聞いてるやつで1位2位3位に入ってるくらい大好きなんですよ」語るほどのファンだという。そんなBiSは、このライブ翌日に解散を予定。「私たちBiSさんに感謝しています!」(菊地史夏)という感謝の気持ちを込めた、パティロケ流のエビぞりダンスを披露した。

そして、この日はもう一つファンへのとっておきのプレゼントが。8月27日に発売される新曲「KASABUTA」の初披露だ。「Party Rockets本来のロックに乗せて、大人でも子供でもない私たちの年代のリアルな心の叫びを歌った曲です」(吉木悠佳)とリーダー自らが紹介したように、新曲はパティロケの新たな代名詞になりうる強力なロックチューンに仕上がっている。レコーディングしたばかりということでこの日はダンス無しのパフォーマンスだったが、かえってそれが曲のインパクトを強めていたともいえよう。マイペースな藤田あかりさんが「手と足が震えてた、ずっとマイクが落ちないか心配だった」と語ったり、歌唱後吉木悠佳さんが菊地史夏さんのタオルを使ってしまう場面も見られるなど、メンバーも大きな緊張を持ってのパフォーマンスとなった今回。今後振りつきのフルバージョンも公開間近ということで、楽しみは広がる。

後半は怒涛の人気曲ラッシュ。「RAINBOW!」「Let’s Go!!」「日常ドリーマー」「弾丸ハイジャンプ」と繋いだ盛り上がり必至のセットリストで、フロアの温度もさらにヒートアップしていく。そして、最後は「セツナソラ」で締めくくり。大興奮の1時間で、会場に詰めかけたファンも明日への活力を得たかのように大きな笑顔と声援を送っていた。

定番曲あり、思わぬカバー曲あり、待望の新曲ありと、大満足の初回を終えた3人。この夏は様々なイベントへの出演や地元仙台でのライブも決まっており、新生パティロケの名前を売る絶好の夏となる。もちろん、その総本山はここ、秋葉原での定期公演。「皆さんの憂鬱な月曜日をハッピーにチェンジします」(藤田あかり)という3人のロックなパフォーマンスが、AKIBAカルチャーズ劇場の新名物になるだろう。

●セットリスト
M1 初恋ロケット
M2 好きすぎて生きるのがツラいよ
M3 MIRAIE
M4 輝くあなたが好きだけど
M5 nerve    
M6 KASABUTA
M7 RAINBOW!
M8 Let’s Go!!
M9 日常ドリーマー
M10 弾丸ハイジャンプ
M11 セツナソラ

Party Rocketsの動画を観る

関連リンク

Party Rockets オフィシャルサイト

関連商品

KASABUTA(Type-A) / Party Rockets / CD ( Music )

Rocket Beats( 2014-08-27 )

定価:¥ 1,080 ( 中古価格 ¥ 1 より )