アリス十番最強メンバー 藤崎麻美がついに卒業! 期間限定復活の月村麗華を含む9人でのアリス十番ラストステージはピンク一色! | GirlsNews

アリス十番最強メンバー 藤崎麻美がついに卒業! 期間限定復活の月村麗華を含む9人でのアリス十番ラストステージはピンク一色!

アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • アリス十番 藤崎麻美卒業ライブより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

6月1日、アイドルユニット アリス十番に所属する藤崎麻美さんの卒業式が秋葉原・アリスプロジェクト常設劇場P.A.R.M.Sにて行われた。

この日は、アリスプロジェクトを初期から支えてきたアリス十番のメンバー藤崎麻美さんの卒業式。若干数の当日券が出たのみで、会場となるP.A.R.M.Sは藤崎麻美さんの卒業式を盛り上げようと集まったファンで超満員になった。

この日卒業する藤崎麻美さんは私服も私物も全部ピンク・ピンク・ピンクのピンク一色。もちろん藤崎麻美さんの大好きなカラーはピンク。そこで、ファンはピンクのTシャツに、ピンクの法被、ピンクの帽子、ピンクのハチマキ、ピンクのウィッグ、ピンクの手ぬぐい、ピンクのジェイソンマスクなど思い思いのピンクを身にまとって本日の藤崎麻美さんの卒業式に臨んでいた。

そして、会場は藤崎麻美さんの横断幕やのぼりや藤崎麻美さんと期間限定復活した月村麗華さんのポスターでアリスプロジェクトらしい卒業ムードを醸し出していた。

冒頭、藤崎麻美さんの歴史を振り返る卒業メモリアルビデオが流れると涙ぐむファンの姿も。

ビデオが終わるとアリス十番SEに合わせて、ジェイソンマスクを装着したアリス十番が登場!集まったファンは皆ピンクのサイリュームを点灯させ、会場は藤崎麻美さんのピンクで埋め尽くされた。

「アリスのロッキン・ホラー・ショー」など3曲を披露して、麻美コールが響き渡った後の自己紹介MCで藤崎麻美さんは「うわー!すっごいピンクだー!最後にこんなに祝ってもらえて、私は幸せ者のウサギさんです!藤崎麻美うさぎ!」と卒業式でもいつもと変わらぬ自己紹介。ライブ後のインタビューでこの日の感想を「いつもと何ら変わらない感じです。普段のライブが終わった感じです。」と言っていた通りだ。もちろんパフォーマンスは自他共認めるようにアリス十番最高で最強である。

7曲目の「Love&Joy」で藤崎麻美さんがかっこいい落ちサビを披露。その直後のMCでは藤崎麻美さんのエアギターが話題に!実は藤崎麻美さんは日本エアギター界で女性ナンバー1なのだ。映像でしか見たことがないから生で観たいとの声に応えて、ここで藤崎麻美さんがエアギターを披露!X JAPANの「Silent Jealousy」を髪を360度振り回してプレイする姿は圧巻。最後は天空に舞い上げたギターを見事にキャッチ。このエアギターに会場中がしびれた。

その後の卒業セレモニーでは、藤崎麻美さんの卒業を記念して「贈る言葉」をメンバーとファンが熱唱。すると、藤崎麻美さんのファンの方々が用意したクロミちゃんのケーキが登場!まずはケーキを囲んで記念撮影。その後はもちろんケーキの試食。自身が希望したというチョコレートケーキに藤崎麻美さんは「おいしい!」と満足そうな表情。直後に、森カノンさんが「一人じゃ食べられないから、あさんたん食べさせて!」と欲しがる。欲しがりな森カノンさんには藤崎麻美さんが絶対にひと口では食べきれない量のケーキをすくって「あ~ん♪」と食べさせてあげる。さすがに入りきらず、口の周りをケーキで汚しながらも嬉しそうな森カノンさんだった。さらに、ファンからは恒例となっているヲタ図鑑や藤崎麻美さんの写真が詰まった写真集のプレゼント!また、メンバーからはジェイソンマスクに寄せ書きをしてプレゼント。その他にも、大量の花束やメッセージカードのプレゼントがあり、もちろん藤崎麻美さんの卒業記念Tシャツのプレゼントもあった。卒業Tシャツはメンバー全員分用意されているが、他のメンバーの卒業Tシャツの文字が黒色であるのに対し、藤崎麻美さんの卒業Tシャツだけは特別仕様のゴールド!これには藤崎麻美さんも嬉しそうな様子だった。

この後は卒業Tシャツを着用してパフォーマンスを披露。なかでも「アリスの時間」は藤崎麻美さんが作詞した曲というだけあって、メンバーはもちろんファンの中にもこの曲の間、泣いている方が散見された。また、森カノンさんのソロ曲の「Summer days」も藤崎麻美さんが作詞したとのことで、この日は藤崎麻美さんがソロで歌うというサプライズもあった。

恒例のメンバーからの手紙は桜のどかさんから。

桜のどかさんはまず(麗華さんが2週間限定で復帰したことを念頭に)「今日で9人でライブができるのは最後。1回卒業して、その後まさかこうやってまたこの9人でライブができるとは思ってなくて、この2週間は本当に奇跡のような凄く凄く素敵な2週間でした。あの頃毎日毎日汗を流してライブしてたのが今思うと夢なのかなって思うような。一緒にステージに立てている時間って貴重なんだなって思いました。(月村麗華さんに対して)明日からはアリスのマネージャーとして私たちを引っ張っていって下さい。よろしくお願いします。」とコメント。

そして、藤崎麻美さんへの手紙


あさたんへ

とうとうこの時が来てしまったね。卒業おめでとう。

いつかはこの時が来ると思っていたんだけど、(卒業は)もっともっと先で、ずっと一緒にステージに立てると思っていました。

あさたんと出会ったのは初代トッピング☆ガールズのステージ裏で、ひとりとびっきりパワフルに動く小学生がいるなと思っていました(笑)。そして、突然決まったぴゅあふる。最初は何を話しかけても応えてくれなくて、何を話しても無視されて、本当に怖くて先が不安でしょうがなかったです。

でも、次第になんでも話してくれるようになって、振りも、あさたんが考えた振りを、最初は何回も何回も聞いたんですけど、最後まで絶対に諦めずに教えてくれました。ぴゅあふるという名前はピュアとパワフルの造語だけど、初めて見たあさたんの印象が忘れられなくてのどかが付けた名前なんです。バラバラだった初心者たちが色んなステージに立たせてもらったり、いっぱいいっぱい怒られたりしたり、喧嘩をしたり、挫けそうになりながらも、励まし合って頑張り続けて、ぴゅあふるであることを誇りに思えて、いっつもぴゅあふる最強って思えたよ。

それから、アリス十番が結成されて、最初はなかなか変化が受けいれられなかったよね。自分をしっかり持っていて、頑固なあさたんはこれまで周りの人に誤解されることも多かったと思う。でも、そんなアーティスト気質なあさたんがすっごくかっこよくて、実は本当はとっても心優しいあさたんにみんないつも魅了されてばかりでした。

メンバーがちゃかされたときは、『そういうのやめなよ』とって言ってくれたりとか。メンバーが傷ついて思わず泣いてしまったときも、一緒になって自分のことのように腹を立ててくれたりとか、ちょっとしたメンバーの変化にも敏感に気づいてくれるあさたんが好きです。

突然、仲間を失った時やどんな気持ちでステージに立てばいいだろうってみんな思ってしまうときも、出番前のあさたんのよっしゃいくぞー!と言う気合いで、すっごくパワーがみなぎってきたし、あさたんの背中を追いかけていたら間違いない、アリス十番敵なしって思えました。ライブ中のパフォーマンスもライブ中の突然のハプニングにも何があってもあさたんは全てを味方にしていて、あさたんがいてくれたら何もかも安心でした。あさたんのライブ中の煽りでどれだけメンバーが安心できたことか。

とあることをきっかけに、あさたんが突然やめるって言い出したことがあったよね。その時ほんとうにもういやでいやで、あさたんが他のメンバーを気遣って自暴自棄になってることも分かったし、なんとしても一対一で話がしたくて、初めてあさたんとあんなに話をしました。あれほど自分の中で、全力で引き止めなきゃって思えたことはあれが最初で最後です。

あの時、本当に向き合って良かった。きっとあの時あさたんになんにもいえなかったら今すっごく後悔していると思う。そんな大切なことに気づかせてくれたのも、人と向き合うことや、きちんと何事にも逃げずにいる大切さを教えてもらったのもあさたんです。私達があさたんからもらったものはすごくすごく大きくて、絶対にこれからも引き継がれていくと思います。

Zepp Tokyoで、各ユニットがサマーソングを作詞することになった時も、あさたんと過ごした日々のことしか考えられなくて、絶対にあさたんとの思い出を残したいと思って、みんなで考えました。あさたんと過ごした日々は何よりも最強でずっとずっと永遠です。

これからアリス十番に藤崎麻美という最強のメンバーはいなくなってしまうけれど、あさたんの教えてくれたことや、ダンスの振りやアリスの時間の歌詞も、何よりもあさたんの存在そのものがずっとずっと私たちの中にあり続けます。

いつかあさたんがこんな最強のユニットにいたんだって自慢できるような、そんなもっともっと最強なユニットになりたいです。

辛さとか一切見せないあさたんだから、これからは体に気を付けて、精一杯やりたいことをやって、楽しんで、いつまでもピンクが大好きで、パー子さんを超える人でいて下さい(笑)。

あさたんはずっと私たちの神です。本当に本当にこれまで4年間アリスを支えてくれて、私達をここまで導いてくれてありがとう。お疲れ様でした。本当に卒業おめでとう。桜のどかでした。


その後、卒業証書授与式。桜のどかさんから卒業証書を授与されると藤崎麻美さんはファンへ向けて最後のメッセージを次のようにコメントした。


私、藤崎麻美の卒業式にこんなに沢山お越しいただきありがとうございます。1月の初めに卒業を決めたんですけど、絶対に卒業式になるとしんみりしたり悲しんだり泣いたりすると思って、本当はこういう卒業式をやりたくないなって思ってたんですけど、でも急にぱったりいなくなるより、やっぱりちゃんとみんなとお別れをして綺麗に卒業をした方が、今は、良かったなって思ってます。

初めは、別にアイドルをやりたくなかったんだけど、でも私以外のメンバーが経験が少ないから、私がどうにか引っ張っていかなきゃってずっとやってきて、初めはこんな四年もアイドル続くとは思ってなかったです。でも一人また一人とファンが増えていって、今ではこんな沢山の人に見送ってもらうことができています。

しかも、その四年ほど前からずっと応援してくれてる方も来てくれたりしていて、本当に人と人との繋がりは凄いなって思います。みんながいるから続けて来れたっていうのも大きいです。そして、このアリスプロジェクトというのは、小さいところから始まったんですけど、今ではZepp Tokyoというとても大きな会場でワンマンライブができちゃったりして、本当に見たことがない光景で、アリスのファンだけが集まって、歓声を目にして、本当にアリス大きくなったなって感動しました。

去年末にはワンマンではないけれども、日本武道館という夢のステージに立つこともできて、ずっと色んなライブを見に行っていた場所なので、そんな場所に立てたことが本当に光栄で、私の夢が叶ったって思いました。なので、もうアイドルに未練はないというか、私がしたいことは叶ったので、ここでこうして卒業することになりました。本当にもう悔いはないです。皆さんがたくさん応援してくれたおかげで私の夢が果たせました。ありがとうございます。

そして、ずっと一緒にやってきたアリス十番のメンバーにメッセージを送ります。

桜のどか、リーダーだから一番大変な役割ばかり押し付けられてしまっていつも凄いと思っています。辛いこともあるだろうし逃げ出したいこともたくさんあったと思います。でも、リーダーは逃げないで、しっかりと役割を果たして、アリス十番、仮面女子、アリスプロジェクト全てのリーダーとして頑張っています。リーダーとは長いことやってきたので、これからも自分の夢を諦めずに上を目指していって欲しいです。本当に心から感謝しています。

なべさん(渡辺まあり)、見た目は本当にか弱い乙女みたいな感じだけど、意外と将来のことまでしっかり考えていてよく周りを見ていると思います。そんな女の子らしさを生かして、男子の心をつかんで、これからもアイドルらしく、上を目指して、夢のクッキー屋さんになって欲しいです。

森(森カノン)、森はいつもくっついてきたり、だいぶうざいことがあるけど、でもその馴れ馴れしさというか、誰にでも親しんでいけることころがとてもいいところだと思います。その面白さを生かしてゆくゆくはアイドル芸人として、お茶の間をたくさん沸かして欲しいです。

立花(立花あんな)、立花は怪我したりすることもなく、いつも元気な顔で休んだりもせず、とっても凄いと思います。その向上心でずっとずっと駆け上がっていって欲しいです。

あむにゃん(早瀬愛夢)、ネコみたいに、とてもかわいいキャラだけど、人のことを気にかけてくれたり、あさたんにお菓子をわけてくれたり、とっても優しくしてくれたね。これからもアリス十番の妹キャラとして、あむにゃんにしかできない笑顔を振りまいて頑張ってね

川村(川村虹花)、川村はアリス十番に初めて昇格してきたメンバーだね。最初は不安もあったと思うけど、今は立派にアリス十番のメンバーとして活躍しています。川村は少しあさたんに似ているところがあるので、私を受け継いで気合いで激しく頑張って欲しいです。

桜雪、まだアリス十番に入ってきたばかりで、まだ十番カラーに染まりきれていないところもあると思います。でも東大という頭脳を生かして、MCだったりそういった場で才能の花を咲かせて、十番にも無くてはならない存在になっていって欲しいです。

ねえちゃん(月村麗華)、ねえちゃんは先に卒業していっちゃって、置いてかれちゃったと思ったこともありました。でも、あさたんが卒業とともに戻ってきてくれて、二週間素敵なステージができて、こうして一緒にアイドル活動を終えられるのがとっても嬉しいです。明日からマネージャーになってもねえちゃんの誰からも好かれるキャラクターを生かして辣腕マネージャーになって欲しいです。

そして、たくさんのファンのみなさん。こんなコミュニケーションが苦手で、お話するのが苦手で、ちょっと人と違う私を応援してくれてありがとうございます。みんなと出会えたことが人生の宝物です。卒業しても、ずっとずっとこの濃い四年間を忘れません。みんなには最後まで笑ってて欲しかったけど、しょうがないね。ということで私、藤崎麻美は6月1日をもってアイドルを卒業します。本当に今までありがとうございました。

コメントを終えると、最後の締めの挨拶。

藤崎麻美さんは「本日はこんなにたくさんのピンクに囲まれて本当に本当に幸せでした。以上、私達最強のアリス十番でした。ありがとうございました。やっぱアリス十番だね。」と挨拶。そして、アリス十番の他のメンバー全員がはけると、辺りは暗くなり藤崎麻美さんにスポットライトが当たる。スポットライトに照らされた藤崎麻美さんはチェーンソーを大事そうに掲げた後、ステージに置き、仮面を大事そうに抱えた後、それもステージに置き、自らもステージから去っていった。

公演後、改めて卒業公演の感想について、藤崎麻美さんは「いつもと何ら変わらない感じです。普段のライブが終わった感じです。全てサヨナラって感じです。(ピンクの卒業記念の)Tシャツも半分以上くらいの人が着けてくれて、私がピンクじゃないと入場させないって言った甲斐がありました。」とニッコリ。

チェーンソーや仮面をステージに置いた最後のシーンの心境について、藤崎麻美さんは「チェーンソーと仮面というのがアリス十番のトレードマークだったので、凄い長い間お世話になったし、愛着もあるので、可愛いなと思いながら子どもとお別れするような感じでいました。」とコメント。今後については「今のところは休みたいです。しばらくは遊んで暮らします。アイドルになる前は週三回くらいライブを見に行ってたので、バンドとかのライブを見に行きたいです。」と語っていた。

また、この2週間限定でアリス十番に復帰していた月村麗華さんは「2週間もやってると昔に戻ったかのような気に途中からだんだんなってきて、夢のような感じ、タイムスリップしたみたいなふしぎな感じで、ああまた明日もここに来れる、みんなに会えるという感じで過ごしてきました。長いと思ったらあっという間だったんですけど、一度離れた後に、ステージに上がって改めてステージの素晴らしさとか凄さを感じました。やっぱり努力しないとステージにはいれないので、幸せでした。そして同じステージで、麻美ちゃんの卒業式を迎えられて幸せでした。」とこの2週間について語った。

また、藤崎麻美さんに後継者として実質的に指名された川村虹花さんは「私が事務所に入ってからずっとずっと憧れてきた先輩なので、アリス十番に入って同じステージに立っただけでも凄い幸せで、(藤崎麻美さんから)後は任せたって言われて、アリス十番から麻美ちゃんが抜けて最強のラッパーがいなくなっちゃうんですけど、(藤崎麻美さんに)追いつけるようにこれから頑張って行きたいな思います。」と、自己紹介MCのときに「(藤崎麻美さんのことが)ずっと憧れで、一緒にステージに立って幸せものです!」と言っていた通りの回答をしてくれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アリス十番の動画を観る

関連リンク

アリス十番 オフィシャルサイト
藤崎麻美 オフィシャルブログ

関連商品