9nine(ナイン) 東京ディズニーリゾートでワンマンライブ大成功! | GirlsNews

9nine(ナイン) 東京ディズニーリゾートでワンマンライブ大成功!

9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • 9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアターより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月04日(土)、5人組パフォーマンスガールズユニット9nine(ナイン)が、千葉県・東京ディズニーリゾート・舞浜アンフィシアターにてワンマンライブ『9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」』を開催した。

この夏、「ROCK IN JAPAN 2013」「SUMMER SONIC 2013」「GirlsAward」など、様々なフェス・イベントに出演し、短い時間の中でも、その高いパフォーマンスが評判を呼んでいたこともあり、9nineファンにとっては待望のワンマンライブだった。この日は、アンコール3曲を含む全18曲を披露。

会場のスペックを最大限に生かしたステージで、昼・夜の2公演に詰めかけた合計約4000人の観客を魅了した。パフォーマンスガールズユニットたる所以を魅せつけたステージになっていた。

会場に入った瞬間目に飛び込んできたのは、横に長く半円状に前に突き出たステージと扇形に広がるダイナミックな客席。その広さを目の当たりにし、会場は各地から集まった大勢のファンの期待感で溢れていた。

そんな中、新曲「Re:」の白い衣装で9nineが登場すると、熱気と共に歓声が湧き上がる。そうして、現メンバーになって初めてのシングル「Cross Over」から、ステージは幕を開けた。

ファンの中でも非常に人気の高い曲ということもあり、頭から最高潮の盛り上がりをみせ、そこから一気に4曲連続披露。「流星のくちづけ」では、突然メンバーがステージから降り、客席内にある通路に置かれた5つのお立ち台の上で歌うというファンサービスも。

そして、続く「Just A 恋」は新たなダンスが付いたスペシャルバージョン、「ダーリン、ダーリン」ではステージの下からスタンドマイクが登場するなど、ワンマンライブならではの、今までになく派手な演出で、序盤から盛り上げた。

そして、「9nineでーす!」という挨拶とともに簡単に自己紹介を済ませると、ここからは後ろのスクリーンを使った映像とのコラボレーション。

自己紹介ソング「9nine o’clock」では、映像とともに1人1人のキャラクターを、いつもに増して印象付けていた。ダンスコーナーでは、衣装を真っ赤なエナメル素材のものにチェンジし、スクリーンの映像に合わせた1人ずつのパフォーマンスを披露。

リアルなメンバーのダンスと、スクリーンに映し出されたCG映像、メンバーの映像が見事にコラボレーションし、5人5様、新たな9nineライブの一面を見た瞬間だった。この部分は、もはやライブというよりもエンターテインメントショーといった方が良いほどのつくりであり、その裏には、メンバーの努力が見えた。

さらに、今年6月にリリースした「Evolution No.9」ではクオリティの高い映像と照明で演出し、5人のパフォーマンスに厚みを持たせていた。ミドルテンポの「koizora」では、ステージ中央に現れた5つの椅子を使い、しっとりと歌い上げ、その歌唱力の高さを際立たせていた。

この曲の最後には、メンバーそれぞれの手書きのメッセージがスクリーンに。「このまま時間が止まればいいのに。」など、メンバーの気持ちが目いっぱい現れた文字に、共感し、涙をしたファンも少なくなかっただろう。

そして、続いて黒の衣装にチェンジし披露したのはドラマ「リーガルハイ」のオープニングテーマにも起用されている新曲の「Re:」(リ)。メンバーのインタビューを基に作詞を行い、メンバーの“今”の想いが散りばめられているというこの曲は、一段と気持ちが入っているようで、メンバーの顔はとても輝いていた。「koizora」から「Re:」という緩急は、曲の魅力を最大限に引き出していたのではないだろうか。

そして、ラストスパート。「Romantic moon」「I am…」「少女トラベラー」といった低音の効いた楽曲を連続披露すると、定番曲「SHINING☆STAR」では観客と一緒にサビを歌うシーンも。観客の声だけで会場内に響き渡る「SHINING☆STAR」は、9nineに対する愛に溢れていた。

本編最後は、「colorful」。“何が起こっても絶対大丈夫だから”という歌詞が印象的な、力強い曲でステージを締めくくった。

メンバーがステージから去るやいなや巻き起こった“ナイン”コールが鳴りやまない会場。

「One Kiss」のイントロが流れ始めると、観客内の大きな通路脇から、メンバーが3台のトロッコに乗って登場。こちらも後方のファンにも嬉しいサプライズ演出であった。この夏幾度となく披露し、フリコピしやすいダンスで会場の一体感を作り上げてきたこの曲。会場全員が一緒に踊る光景は圧巻だった。次の「困惑コンフューズ」でも、会場全員がタオルを回し、素晴らしい一体感を生み出していた。そして会場は多幸感に包まれていった。

そして最後にもう1つサプライズが。「今日初めて披露する曲です。」と紹介された曲は、新曲「Re:」のカップリングとして収録されている「つづくつづく…」。メンバーはスクリーンに映し出された歌詞とともに、振り付けなしで自由に歌い上げた。会場全員が初めて聴く曲ということだったが、“今日は終わるけど 楽し過ぎたから 明日はもっといい日だ” といったまさにライブの最後に相応しい歌詞は、未来を見据え、前向きな雰囲気を醸し出していた。

そして約2時間にわたる密度の濃いライブは幕を閉じた。

今回のライブは、舞浜アンフィシアターという会場の特性を生かした様々なサプライズで今までになかった演出があり、訪れた観客に驚きと感動を与えていた。もちろん演出だけではない。この夏をかけて様々なフェス・イベントに出演し、経験をつみかさねてきた9nineの“実力”があったからこそ、今回のライブが完成したのだろう。半円状のステージに合わせて、ダンスをきちんとアレンジしてきていたところも素晴らしかった。

このようなライブパフォーマンスを総合的に見ると、“パフォーマンスガールズユニット”という、アイドルというよりもアーティストに近いこの呼び名が、まさにふさわしいグループであると感じざるを得ない。“武道館”でのライブ開催を目標として掲げている9nineだが、武道館を彷彿とさせるような形状の今回の会場は、“武道館の予行演習”のようなものでもあったのかもしれない。

次回のワンマンライブは4月26日(土)、中野サンプラザにて開催される。メンバーの村田寛奈はMCで「2014年の9nineの大きな目標に繋がるライブにしたい。このライブを見て、次の9nineを見てほしい。」と熱く語っていた。それだけ、次のワンマンライブにかける想いは大きいのであろう。

これから半年かけてつくる次回のサンプラザ公演。今回のワンマンライブからどのような成長が見られるのか非常に楽しみである。その先に、9nineの武道館が待っている。

□9nine 2013 LIVE「be!be!be!-キミトムコウヘ-」 in 舞浜アンフィシアター セットリスト

M-1 Cross Over
M-2 流星のくちづけ
M-3 Just A 恋
M-4 ダーリン、ダーリン(1回目)/やさしい雨(2回目)

M-5 9nine o’clock
M-6 チクタク☆2NITE
M-7 アネモネもね
【DANCE】
M-8 Evolution No.9
M-9 koizora
M-10 Re:

M-11 Romantic moon
M-12 I am…(1回目)/Brave(2回目)
M-13 少女トラベラー
M-14 SHINING☆STAR
M-15 colorful
【アンコール】
EN-1 One Kiss
EN-2 困惑コンフューズ
EN-3 つづくつづく…

次回のワンマンライブ
日時:2014年4月26日(土)  OPEN: 17:15/START: 18:00
会場: 中野サンプラザ http://www.sunplaza.jp/access/
チケット料金:5,500円
※4歳以上要チケット
※1人4枚まで
○チケット販売スケジュール
●「ファンクラブの9nine」チケット先行会員様先行
受付)11/7(木)21:00~11/13(水)21:00
抽選)11/14(木)
当落発表)11/15(金)13:00~11/21(木)21:00
●「ファンクラブの9nine」無料会員様先行
受付)11/16(土)10:00~11/24(日)23:59
抽選)11/25(月)
当落発表)11/26(火)13:00~12/1(日)21:00

9nine OFFICIAL SITE
http://9nine-fan.net

9nine公式Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/lespros9ch

9nine × 2.5D  定期番組「F9GBP」
(Fan 9 Global Broadcasting Program)
9nine5人での久しぶりのレギュラー番組!
出演:9nine、and more!!
配信日:vol.2 11月7日(木)
番組ページURL:http://2-5-d.jp/schedule/20131107/

□11/20(水)リリースシングル「Re:」 リリースイベント

11/9(土)フリーライブ&ハイタッチ会@神奈川・ラゾーナ川崎 13:00/16:00
11/10(日) <個別サイン会>仙台・HMV仙台ロフト 店内 12:00/14:30
11/16(土) <個別サイン会>名古屋・HMV栄 店内 12:00/14:30
11/17(日) <個別サイン会>京都
11/19(火) フリーライブ&ハイタッチ会@東京・東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ 18:00
11/20(水) フリーライブ&ハイタッチ会@東京・ヴィーナスフォート 18:00
11/23(土)
<個別サイン会>広島・タワーレコード広島店 店内 11:00
<個別サイン会>兵庫・HMV三宮 店内 17:00
11/24(日)
<個別サイン会>東京・タワーレコード渋谷店 店内 10:30
<個別サイン会>大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 店内 11:30

11/20(水)リリースシングル「Re:」 商品形態
【初回生産限定A盤】 ¥1500.-
CD+DVD
【DVD内容】
1. Music Video
2. Dance Shot ver.

【初回生産限定B盤】¥1500.-
CD+DVD
【DVD内容】
『CUEレコ発!9nine全国百聞<一見TOUR2013 at Zepp Tokyo/2013.5.6』Live DVD 1. Evolution No.9(Full Size) 2.Love me? (Full Size) 【初回生産限定C盤】¥1500.- CD+DVD 【DVD内容】 『CUEレコ発!9nine全国百聞<一見TOUR2013 at Zepp Tokyo/2013.5.6』Live DVD 1. 困惑コンフューズ(Full Size) 2.少女トラベラー(Full Size) 【初回生産限定D盤】¥1500.- CD + 16Pフォトブックレット 【通常盤(初回仕様)】¥1000.- CD 情報提供:(C)LesPros entertainment (C)SMEレコーズ 写真:鈴木さゆり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

9nineの動画を観る

関連リンク

9nine OFFICIAL SITE
9nine公式Youtubeチャンネル

関連商品