ものまねタレントが映画「ヒロイン失格」でスクリーンデビュー!福田彩乃インタビュー | GirlsNews

ものまねタレントが映画「ヒロイン失格」でスクリーンデビュー!福田彩乃インタビュー

ニュース, 女優, 映画・ドラマ, 注目ニュース, 特集記事
福田彩乃
福田彩乃
  • 福田彩乃
  • 福田彩乃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

ものまねタレントの福田彩乃さんが、27歳にして映画「ヒロイン失格」で女子高生役に挑戦している。ヒロインである桐谷美玲さんの親友役”オナカ(愚かなる中島の略称)”こと中島杏子役を好演中。モノマネタレントや幅広いジャンルで活躍する彼女に、最新作についてやお芝居、タレント業について語っていただいた。

●今回、高校生役に挑戦し制服を着られたとのことですが
福田彩乃:今年27になるんですけど、正直ちょっと苦しいなと思っていて(笑)。衣装合わせの時に何着か来たんですけど、「監督、これ大丈夫ですか?」って感じで。私はすごいソワソワしていて。高校はブレザーだったんですけど、この映画よりも長く膝下くらいで着ていたので、こんな膝上で太ももを出してスカートを穿くってことがなかったのでそれがすごく不安で。でも監督も笑いながら「大丈夫じゃない?」って言ってくれて。撮影が始まったらそれが自分の中ですごい馴染んできて、周りのスタッフさんとかも良いねって言ってくれたりしてそれでテンション上がっちゃって。

●高校生役に挑戦すると聞いた時にはどう思いましたか
福田彩乃:私が高校生なのはどうしてだろうっていろいろ疑問に思って。原作を読ませていただいたときに「あ、この子の役を私がやるんだ」って思って、私こんな落ち着いた感じなのかなとか思っていて。監督とかといろいろ喋ったときに、「私ってオナカの要素がどっかにあるんですかね」って聞いたら、見えない心の中の福田さんの中に、冷静沈着な部分があるからそこを出してほしいとかそういうことを言っていただいたので、私も社会人を経験して、リストラとかもあったので(笑)、そういうのが見え隠れしているのかなって。現実と対処してきた
(女子高生の日常については)すごく気になりました。みんなどんな会話してるんだろうとか。撮影に入る前とかは結構渋谷とかを行くようにして、みんなどうして制服着てるんだろうって。そういうのは自分の職業の人間観察を生かして、ちょっといろいろ見たりして。でも「ヒロイン失格」の映画の中の高校生と、今の高校生って私の中ではギャップがあったので、現実結構すごいので(笑)。この中はこの中で、暴走しがちなはとりを押さえられるような。私がやらせていただいた”オナカ”は現実の高校生って感じじゃないので、そこらへんも含めて等身大の自分でいいのかなって思って演じました。

●主演の桐谷美玲さんも25歳と女子高生役に「挑戦する」年齢でしたが、そうした中での現場はいかがでしたか
福田彩乃:とにかく、ただただ明るいって現場で、監督がものすごい明るい方で、びっくりしたのが監督が自分で「ヨーイスタート」と「カット」をかけるんですけど、「カット」っていう前に監督が笑ってるっていう。その声が入っちゃってるんじゃないのかなって、そこはすごい驚きましたね。

●桐谷美玲さんの変顔や奇抜な恰好なども見どころだと思いますが
福田彩乃:ずっと撮影の待ち時間とかも原作を持ってきて真似したりされていて、なんかそこに対してはすごくご本人がノリノリで、楽しんでやっていらっしゃったので。変顔だけど可愛かったですね。(スキンヘッドに関しては)びっくりしました。

●苦労したり難しかった経験はありますか
福田彩乃:私ははとりとテンポよく会話するシーンが多かったので、そこのテンポをいかに見ている人が気持ちよく見れるように、私も自分のセリフを絶妙な間ですけど遅れないようにするとか、食い気味で行くとか。ハトリはずっと暴走しているので、そこでどれだけ冷静にオナカがスパイスを入れられるのかが自分の中で結構ここはちゃんとやらなきゃいけない部分だなと思っていたので。そこをやりました。映画自体も自分が出演するのも初めてだったので、その辺もちょっと不安に感じていたし役的にも私と重なる部分ってどういうところがあるんだろうって、役に対しても悩んでいた部分はあったんですけど、現場に入って監督に役に対してのそこら辺の気持ちを正直に話したら「福田さんの等身大な感じがオナカそのものだから、それがいいです」って言っていただけたので、それが唯一の自分の救いだったのでそのまんまやらせていただきました。

●キャラクターと高校生役、どちらにプレッシャーを感じましたか
福田彩乃:キャラクターですね。オナカは高校生なんですけどちょっと大人びてる部分があったので、そこらへんはタダものじゃないなっていうか、普通の女子高生よりはマセてて結構いろんなことを客観で見れる、大人びたタイプの子なんだなと思っていたので。そこよりははとりとのやりとり、どれだけはとりのことを思えていて、はとり愛っていうのをどれだけ冷静沈着な部分から滲み出せるのかっていうのは監督にアドバイスをいただきながらやってみました。

●普段のものまねをやる時と女優をやる時との違いについて教えてください
福田彩乃:たぶん私自身が起用されている部分も、別に芝居を求められるとかそういうところではなくて、普段のバラエティを見てくださっていて、そこでたぶんモノマネするから面白い子を入れてみようと思っていただいていると思うので、そこは現場に行った時もみなさんと話すときもモノマネを入れて話したりとか、現場の畑が違うのでモノマネを逆に現場でやったりとかしてそれでみんなが楽しんでもらえたらいいなという気持ちでやっています。仕事上バラエティの現場が多いので、どうしてもちょっとオーバーにやってしまうことがあったりとか、性質的に笑いを取りに行きたいとか、そういうことがあると役を殺してしまうことがあるので…役をいただいてお芝居をするので、出さないように出さないようにと思ってこの役を意識して集中してやるようにしてますね。今回みたいにラブコメだと、すごく私は現場とかで楽しくやらせていただいたので、そういうところは凄くリラックスできてやれましたね。

●モノマネのプロとして普段演じる強みになっているなと感じる部分はありますか
福田彩乃:悲しい気持ちではとりを見つめるシーンだったりとか見守るシーンだったりとか、そういうところは私が今まで見てきたドラマで女優さんが演じてきたのをなんとなく思い出して、「あの女優さんはあの時こういう気持ちでああやって見ていたな、ああいう角度だったな」っていうのを思い出して、なんとなくそれを意識してみるとか、そういうのは現場ではありましたね。もういろんな方を参考にさせていただいて、芝居の稽古だったりとかレッスンっていうのも私は経験がないので、そこは自分のやり方というか、ドラマを見たり作品を見たりしてっていうのが今では一番自分に合ってるなと思っているので、それでやっています。コミュニケーションをとるのが苦手な方なので、現場行ったときにそれじゃダメだなって思って、今回は監督はじめみんな明るい方が多かったので、皆さんに救われたという感じで。待ち時間の間の中でのモノマネとかもやりやすいって言ったらなんですけど、友達みたいにやれたので。

●キャストの方の受けも良かったのではじゃないですか
福田彩乃:山﨑賢人さんは天然っていうか。「ちょっとオナカローラやって」「ハーイオッケー」とかってやるんですけど、振ったわりにリアクションが薄くって(笑)。そういうのも一つ現場でネタになっていて。

●公開を直前に控えて今のお気持ちは
福田彩乃:やっとこうジワジワと実感がわいてきたというか、撮影が結構前だったので、寒い時期(2月)にやって最近はこんなことやったなあと思い出しながら。私はもう見たんですけど、素晴らしい作品だなあと思ったので早くいろんな方にみていただきたいと思っています。

●作中に登場する寺坂利太(山﨑賢人)と弘光廣祐(坂口健太郎)、選ぶならどちらを選びますか
福田彩乃:私は本当はどちらでもなくて、食堂のおやじ、竹内力さん(笑)。一番スマートでクールでカッコいいのは竹内力さんなので。ダメですかね?自分を好きよりかは自分が好きっていう方が好きですね。あと弘光廣祐くんはモテモテの役なので、あんまりモテモテだと周りに注目されて嫌だな、と。

●告白はする方ですか、される方ですか
福田彩乃:学生の頃はよく告白をしてましたね。自分から言ったりしてましたけど、成人して以降は臆病になって。相手が何を考えてるか読んじゃうクセが出てきて、「この人たぶん私に気が無いな」って思ったらもう会わないでおこうとか、被害妄想に入っていて。(人の恋愛については)幼稚園くらいから悩みを相談されるタイプでしたね。自分の思うことを、白黒はっきりしているので、はっきり言うのが優柔不断だったりどうしていいかわからない子からすると刺激になっていいのかなと思うんですけど。役的にもオナカも結構冷静にはとりのことを見守っていて今はこうしたら、ああしたらって言ってるんでそれは普段の自分と重なるなと思いました。

●作中と同じく、福田さんは高校時代に三角関係になったことはありますか
福田彩乃:ありますね、どの三角関係がいいですか(笑)。代表的なものは結構皆あると思うんですけど、二人仲がいい人がいて、私は最初Aが好きでそれをBに相談してたら、Bとつきあっちゃったっていう。Bのことが気づいたら好きになってたっていう。(胸キュンエピソードを訊ねられ)一緒に自転車で帰るんですけど、さっと私を歩道側にやってくれたこと…ほかのエピソードがいいですかね?(笑)

●竹内力さんとの共演のエピソードはありますか
福田彩乃:竹内さんは結構ご本人が白目に凄いこだわっていらっしゃって。劇中でイジメをしていた生徒を食堂で持ち上げるシーンがあるんですけど、そこで力さん自らが志願されて白目をやるっていう。そこは監督に「こんな感じですか」ってやっていらっしゃったので、結構こだわっていらっしゃいましたね。それがすごい印象的でした(笑)。打ち上げの時にみんなでお酒とか入っていて酔っぱらっていたんですけど、私学生の頃に竹内力さんに似ているって言われたことがあって、それを力さんに話したんですね。力さんが「だったら次は俺の妹役でよろしく」って言われて「ぜひお願いします」って言ったら「スケジュールいつ空いているんだ」って言われて。急にスケジュールの話になって怖くなったので「すみませんずっと空いてないです」って言ってその場を去るっていう(笑)。

●男性のキュンとする仕草はありますか
福田彩乃:私は車がすごい好きなんですけど、自分が助手席に乗っていてバック駐車をするときに、サイドとバックミラーだけでできること。できれば一発でできる人。なんども切り返して入れると、その時にかかる縦Gがあんまり好きじゃなくて(笑)。助手席に手をかけてバック駐車をする人がいるんですけど、あれは世界一ダサいと思っているので。それやられた時点で「ないな~」と思ってしまいますね。

●これからも女優としてやっていきたいという気持ちがあるのでしょうか
福田彩乃:今回もこういうお話をいただいたので、またお話しいただけたらやってみたいなという気持ちがありますね。

●目標にされている女優の方はいらっしゃいますか
福田彩乃:女優さんを目指すというよりは、みなさんやっぱり役を演じるって言う部分があるんですけど、実際にはご本人の人柄が役にも出ているなっていうのを数少ないですけどこういう現場でご本人の方と喋ってみて感じたので、そういった面では菅野美穂さんとかは役柄でもそうだったんですけど、ドラマの現場でお話しさせていただいた時にとにかくドラマのスタッフや共演者の方に対する心配りが素晴らしくて。一番お忙しいはずだけどご飯食べましたかとか、常に周りに気配りができていて、役柄的にも自分のことより人のことっていう役柄だったので、菅野さんご自身の優しさっていうのが出ているんだなって思って。

●自分がヒロインをやるとしたらどんな映画に出演したいですか
福田彩乃:車物がいいですね。レースをして勝つっていう。(共演してみたい俳優さんは)マッチ(近藤真彦)さんですかね。レースをして、私が勝つ(笑)。

映画「ヒロイン失格」は9月19日より新宿ピカデリー他全国でロードショー。ヒロインを支える福田彩乃さんの好演にも注目だ。

ヘアメイク/松田美穂 , スタイリスト/福田春美

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画「ヒロイン失格」 オフィシャルサイト

関連商品