元 乃木坂 46・大和里菜、初舞台出演で初主演決定 笑いと感動のスポコメ作 | GirlsNews

元 乃木坂 46・大和里菜、初舞台出演で初主演決定 笑いと感動のスポコメ作

大和里菜
大和里菜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

元 乃木坂 46・大和里菜さんが初舞台で初主演をつとめることが決まった。お笑い芸人・サミットクラブの静恵一さんが作・演出を務めるコメディ舞台『シズゲキ』の第三弾『ストライド』(仮)で7月に上演される。廃部寸前の陸上部を舞台にした、笑いと涙、感動が詰まったスポコメ作品となっている。

カバーミニアルバム『sakura』をリリースし、歌手として好調なスタートをきった大和さん。今回主演する舞台 シズゲキ 3『ストライド』(仮)は、かつて全国大会で優勝した高校「私立清水川高校」通称シミコウが舞台。

現在では廃部寸前の陸上部に一人のコーチが就任することになる。「福本裕子」、シミコウでエースとして全国大会を制覇し、日本代表として世界陸上マラソンで銅メダルをとったランナーだった。福本は早速、陸上部を見に行くのだが、かつての活気はなく、それぞれの練習をしているだけで、駅伝チームを編成する人数すらいなかった。そこに一人の生徒が現れる。赤星尚子(大和里菜)。ただ走るのが好きな彼女だが、フォームは無茶苦茶、ペースや駆け引きなどを全くできないランナーだった。

しかし、彼女の走る姿を見た福本は高校時代の自分の姿と重ね合わせるのだった。「走ることが楽しかったあの時代…」。福本は赤星を中心に駅伝チームを作り上げることを決める東京都大会に出場するには最低でも5名の選手が必要…。福本と赤星は駅伝出場に向け奔走するのだった。彼女たちは何を思い、何に向かって走るのか…。

舞台 シズゲキ 3『ストライド』(仮)は7月6日(水)~10日(日)、東京・築地本願寺ブティストホールで上演。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

Languages