Chu’s day. 甘酸っぱい青春の香りに胸のドキドキが止まらない!! ハートビートが加速し続けたワンマンライブ!! | GirlsNews

Chu’s day. 甘酸っぱい青春の香りに胸のドキドキが止まらない!! ハートビートが加速し続けたワンマンライブ!!

Chu's day.
Chu's day.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

8月12日(水)に発売する1stアルバム『Have a nice Chu’s day.』の先行発売も兼ね、2回目となるワンマンライブ「Chu’s day. ワンマンライブ-Have a nice Chu’s day.-」を7月27日(月)に代官山NOMADで行ったChu’s day.。今年2月に行った1stワンマンライブに引き続き、同じ会場を舞台に実施。1回目も2回目もチケットはSOLD OUTを記録。

この日のライブは、1stアルバム『Have a nice Chu’s day.』に収録した楽曲を軸に展開。序盤には,Chu’s day.らしい甘酸っぱい青春の香り抱かせる楽曲を立て続けに演奏。ライブの幕開けを飾ったのが、先行配信やMVとしてHP及び動画サイトで流れている『Cycling』。軽快に、光を感じながら心地好く走る歌と演奏に誰もが飛び乗り、一緒に熱狂のロードを駆けだした。演奏が進むごとに気分も弾んでゆく。まさに、ハートビートが加速してゆく気分だ!!

頭上高く舞い上がる拳やタオルの数々、サビでは「愛の光」の合唱も。心をキュンとした甘酸っぱい青春の舞台へと連れだした、ポップロックチューンの『愛の光』。甘い甘い乙女の心模様を映した『Chocolate days』が届けたのは、ドキドキとした刺激的な想い。恋したときに感じるトキメキとは、こんな気持ちなのかも知れない。

中盤には、カヴァーコーナーを設置。YouTube上に「演奏してみた」と題し、いろんなカヴァー曲をUPしているChu’s day.らしいブロックだ。エレクトロな香りも加え、原曲以上にカラフルでチャーミングな色合いを増加。LINDBERGの『もっと愛し合いましょ』を通して作りあげた、互いの心の距離をグーンと縮めた楽しいパーティムード。軽快に走り出したKyleeの『IT’S YOU』に乗せ、会場中の人たちが一緒に手拍子しながらステップを踏み出せば、ライブでは、この日が初披露。DREAMS COME TRUEの『大阪LOVER』では、甘えた雰囲気のERIの歌声に胸がドキドキソワソワしっぱなしだった。

MCコーナーでは「忘れられない夏のメモリー(思い出)」話を披露。KEITAが「毎年夏になると食らうのが、蝉との正面衝突」と語れば、AKARIは「今日ですね」と綺麗に返答。YU-NAが「小学生の夏に神社で肝試しをクラスのみんなでやったときに、お化け役の男子を驚かそうと思いきり神社の鐘を鳴らしたら、鐘が落ちてしまい、呪われると焦り、呪いを封じようとハイチュウをお供えした」思い出を語れば、ERIは「バナナボートの一番後ろに乗ったら、出発と同時に落ちて、そのままおいてけぼりにされた」切ない思い出を語っていた。

後半には、熱狂一体化した風景作り出す楽曲を次々と演奏。ライブ初出しとなった『GAME』は、Chu’s day.の中でもひと際激しさを抱いた楽曲。挑発するような歌とザクザクとした音をぶつけ走ってゆく演奏に刺激され、観客たちも「HEY!HEY!!」と大声張り上げ、昂る想いを舞台上へぶつけていた。まさに、ライブで一体化描き出すキラーチューンの誕生だ。ブルーズなグルーヴあふれ出た『COUNTDOWN!』を通し、チューザー(ファン)たちを心地好いまどろみの渦の中へ巻き込めば、ERIの「ねぇねぇねぇ」の歌に合わせ、会場中の人たちが頭上高く掲げた右手を大きく揺らし『ねぇ』を一緒に歌いだした。ウキウキとした気分が止まらない。ワクワクとした想いが、たまらなく愛おしい。

本編最後を飾ったのが、ライブで熱狂描くに欠かせない『Rocking Shoes』。暗い気持ちさえ一気に吹き飛ばしてしまう、胸を熱くときめかせるキラキラとした楽曲に身を預けていると、自然と笑顔が生まれてゆく。なんて、まぶしい希望の光を身体中に注いでくれる歌なんだ。そんな嬉しいときめきを与えてくれる楽曲の数々こそが、Chu’s day.の魅力なのは間違いない!!

アンコールで演奏したバラードナンバーの『雨』では、ERIがピアニカを担当。揺れ動く気持ちのまま切々と歌い上げるERI、哀切さを醸しだしてゆく演奏。今にも涙の滴零れそうな雰囲気に、終始、心が釘付けになっていた。

ここで、10月12日に下北沢MOSAiCでワンマンライブを行うことを発表。その興奮の声を受け、最後に奏でたのが、この日のために作った新曲の『GLORY DAYS』。触れた瞬間、感情が熱く熱く昂りだした。なんて気持ちに力を与えてゆく歌なんだろう。未来へ進む強い意志や意識を詰め込んだこの『GLORY DAYS』は、これからのChu’s day.を支えてゆく楽曲になりそうだ。

メンバーとチューザーたちとの熱い想いのやり取りにより、熱気に包まれ続けたこの日のワンマンライブ。それだけ大勢の人たちが、Chu’s day. に笑顔と元気をもらってるということ。

8月8日には、ZEPP TOKYOで行われるイベントにも出演。他にも、これからいろんなイベントで熱狂を振りまいてゆくChu’s day.。10月12日に下北沢MOSAiCを舞台に行う、Chu’s day.結成から1年8ヶ月の歩みを集大成したワンマンライブ「Chu’s day. ワンマンライブ Have a nice Chu’s day.~Special day~」のチケットも、今のバンドの勢いを考えれば即完しそうだけに、こちらも急いで手にしていただきたい。もちろん、8月12日(水)に発売する1stアルバム『Have a nice Chu’s day.』もお忘れなく。

『C.H.U.S.D.A.Y~』(SE)
『Cycling』
『愛の光』
-MC-
『Chocolate days』
『もっと愛し合いましょ』(LINDBERGカヴァー)
『IT’S YOU』(Kyleeカヴァー)
-MC-
『大阪LOVER』(DREAMS COME TRUEカヴァー)
-MC-
『GAME』
『COUNTDOWN!』
『ねぇ』
『Rocking Shoes』
-ENCORE-
『雨』
-MC-
『GLORY DAYS』

情報提供:(C)長澤智典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

    関連ニュース

    関連ニュースはありません。

関連リンク

Chu's day. オフィシャルサイト

関連商品

Languages