Study☆Stars projectプロデューサーの小村一孝さんインタビュー | GirlsNews

Study☆Stars projectプロデューサーの小村一孝さんインタビュー

Study☆Stars project
Study☆Stars project
  • 小村一孝
  • 金澤希美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドル戦国時代に、新しいコンセプトでマネジメントをするプロデューサーにインタビュ企画。
第二回は「受験」をコンセプトにしたStudy☆Stars projectの小村一孝さんに話を聞いてみました。


Q:なぜ、アイドルのプロデュースをしようと思ったのですか?

小村:社会人一年目にAKB48を知り、第一回総選挙をみて、「スゲェことやってるな」と思ってハマっちゃったんですよ。
そのあとは、ももクロにいって、東京女子流、9nineが好きになってという流れです。
だから、自分でも「アイドルのプロデュースをしたいな」と思っていました。
そんな時、GEMの 『Speed up』という曲を聴いて、最後の一押しをされました。
もう、心にズシンとくるくらい衝撃的な曲で、こういう曲を自分の作ったグループでやろうと決心しました。

Q:受験をコンセプトにしようと思いついたきっかけは?

小村:私立恵比寿中学のなっちゃん(杏野なつ)が、真面目に勉強していて、エビ中の活動も大変そうで、両立難しそうでした。
その時に「もしなっちゃんと一緒に自習するイベントがあったら行きたいな」と思ったのがきっかけですかね。
実際、学業が理由でアイドルを辞めていく子も多いですし、ファンも受験生だと、好きなアイドルグループのイベントに行きにくい。
だったら、逆に自分の好きなアイドルと世代がかぶったことによって、受験勉強自体が楽しいイベントになるんじゃないかと考えたんです。

Q:実際に募集してみてどうでしたか?

小村:応募してくれたメンバーは、いままで芸能活動をやったことのない子がほとんどです。
やはり、「勉強もしなきゃいけない」ということで、アイドルの道に踏み込めなかった子が応募してきました。
普通は、あちこちにエントリーするようですが、うちにはピンポイントで来た子が多いです。
ですから、アイドルを目指す子にとって、意義があったと思います。

Q:実際のイベントでファンの反応はいかがでしょう?

小村:よい反応としては、「予想以上に集中できる」とか「仕事や勉強がはかどる」ということですね。
また、休み時間にメンバーがわからない問題を質問すると、受験生のファンが答えを教えてくれました。
このような交流もイベントの良さだと思います。
しかし、トークや企画のコーナーで成功しているとはまだ言えません。

Q:逆にメンバーの反応としてはいかがですか?

小村:メンバー的にも、アイドルの活動としては、物足りないという意見もあります。
今の地下アイドルの子だと、イベントをやった上で、特典会の時間なども凄く長いんです。
さらに、立ちっぱなしで体力も使うので、なかなか勉強はできないだろうなと思います。
ですから、私たちのイベントでは、4時間の中に勉強とライブを盛り込み、特典会自体は30分くらいで終わらせていました。

Q:楽しいエンタメと大変な勉強を融合させるのに苦労したことは?

小村:うちの場合は、イベントの中で「英単テストをやります」といって、メンバーがそれに合わせて勉強をしていくという形にしています。
たた、それを「見て楽しいのか?」というのがあるんで、最近ではリアルさや緊迫感を煽るために「負けたら脱退」などを掲げています。
そういった、過激なこともしないと、エンターテイメント性は成立しないのかなと思います。

Q:これから、やっていきたいことは何ですか?

小村:ちょうど、高校2年が二人居るので、1年間をドキュメントタッチでコンテンツ化し、受験生活に共感してもらいたいですね。
あとは、よそのグループで受験を理由に辞める子がいるなら、うちのメンバーが1年間その子のポジションを守る交換留学制度みたいなことができたらいいですね。
よそのグループのファンも喜んでくれるし、きっと元のグループに戻るときに泣けるんじゃないかなと思います。

Q:ファンやアイドルを目指すためにひと言

小村:3月21日(土)にイベントがあるので、ぜひ来てください!
また、2次メンバーを募集しているので、受験とアイドルを両立させたい人はぜひ!

<金澤希美さんプチインタビュー>


Q:このプロジェクトに応募しようと思った理由は?

金澤:可愛くて、キラキラしたイメージがあるAKBのぱるる(島崎 遥香)さんに憧れていて、私もそんなアイドルになりたいなと思っていました。
でも、アイドルというのは凄く大変そうなイメージがあったし、勉強が苦手だったので諦めていました。
でも、「受験とアイドルがコラボ」というのが心の中に響き、「やってみよう!」と思ったのがきっかけです。


Q:成績は上がっていますか?

金澤:イベントの時に勉強の成果も発表するので、凄くプレッシャーだったんですけど、そのおかげで総合順位もあがりました。国語は習熟度別のクラスで一番上のクラスになりました。


Q:やってみてよかったことは?

金澤:メンバーの四宮さんが英語の勉強を教えてくれました。また、苦手な問題をツイートしたりすると、ファンの人が教えてくれたこともあります。また、私の勉強の記録をみて「励みになった」と言ってもらったこともあり、嬉しかったですね。

【Event Information】
スプクロの月一定期学力検査 Vol.2

<開催日時>
3月21日(土)13 :00~15:30

<開催場所>
EDITORY 神保町 (神保町駅A4出口より徒歩1分)
東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル

<イベント詳細など、活動内容はコチラをチェック!>
公式Twitter @studystars00
公式ブログ http://ameblo.jp/studystars/

【新メンバー募集中】
現在新メンバー募集中。
フォームより、エントリーをお待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

の動画を観る

    関連商品

    Languages