織田かおり ファーストソロライブ「PLACE」で抜群の歌唱力を披露しファンを魅了! | GirlsNews

織田かおり ファーストソロライブ「PLACE」で抜群の歌唱力を披露しファンを魅了!

アーティスト, 音楽
織田かおり
織田かおり
  • 織田かおり
  • 織田かおり
  • 織田かおり
  • 織田かおり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌手の織田かおりさんが4月14日(日)、ファーストソロライブ「PLACE」を六本木morph-tokyoにて開催した!

 2月6日(水)にリリースした1stソロアルバム「PLACE」を引っ提げ行われた今回のライブ。当日、morph-tokyoは昼公演が「女性限定」、夜公演が「男性限定」で行われ、超満員の計400人ものファンで埋め尽くされた!

 織田かおりさんは、抜群の歌唱力により早くから注目され、10代の頃より梶浦由記のソロプロジェクト『FictionJunction』やサウンドクリエイター“Revo”の主催する幻想楽団『Sound Horizon』に参加する傍ら2006年よりソロとしても活動をはじめる。

 また現在ネットを中心に活躍している気鋭のアーティスト等と『アナザーユニオン』を結成しライブ活動を行うなど、さまざまな音楽ユニットに参加してきました。そしてついに今年2月6日に待望のファースト・アルバム「PLACE」を発売し、「織田かおり」としてソロ活動を本格的にスタートさせた。

 記念すべきファーストライブは開演時間を迎え、暗転したステージ、逆光となる強烈なライトによって、織田かおりさんのシルエットが現れると、会場の熱気は一気にヒートアップ!アルバムの表題にもなっている自身が作詞した「PLACE」で「織田かおり ファーストソロライブ“PLACE”」はスタートを切った!

 「いい汗かいて、いい笑顔になっていただきたい。16時からのは、女性限定で女子会ノリだった。19時からの男子限定はスタッフさんが『男性限定ですけど、大丈夫ですか』っていうから、大丈夫! 男より男らしくやるからって言ってきた」と、盛り上げる。

 また、ファーストソロアルバムについて、「7年間の歴史を詰め込んだといっても言いすぎじゃない。いろんなタイプの楽曲が散りばめられている。」と、込めた思いを語り、「AMNESIA ドラマCD ~AMNESIA OF THE DEAD~」テーマソング「My Destiny」をはじめ、ニンテンドーDS用ソフト「ルミナスアーク」主題歌「Brilliant World」などのロックテイストのアッパーな曲で会場を“タテノリ”にしたり、持ち前の歌唱力をタップリと聴かせるTVアニメ「バッカーノ!」エンディング「Calling」などの、しっとりしたバラード曲でファンを酔いしれさせた。

 そのアルバムに収録されている、「今の織田を歌っておきたくて4曲の新曲を作りました。3曲は、自分で作詞しました。自分と向き合う恥ずかしい時間を過ごし、自分の奥底にある乙女ちっくな部分を引っ張りだして詩を描いて、曲は(織田の)見た目が強そうじゃんという部分でロック調にしました。」などと、トークでもファンを惹きつける。

 今回のプログラムの中で自身が“ロックゾーン”と呼ぶ楽曲で会場全体をノリノリにし、PSP用ソフト『AMNESIA CROWD』オープニングテーマで、4月24日(水)にリリースされるニューシングル「暁のバタフライ」など、約1時間半で全13曲を熱唱!

 終了後、織田かおりさんは、ファーストライブについて「自分の名前でこういう場所をつくっていきたいなぁという思いを込めて、“PLACE”というタイトルを付けて、そういう歌詞にしていきたいなぁと願って、制作して、生むことが出来たので、このライブをやって、シングルスが発売して、第一段階。みんなとつながる第一歩が築けたような気がします。今日、来た人たちが楽しかったと、ちょっとでも思って、また来たいと思ってくれれば・・・。」と、ホッとした表情で思いを語った。

 今日の出来としては、「まだやれるなっていう期待を込めて70点ぐらい。今日、女子だけ、男子だけっていうのは初めてだったので、その場に立ってみないと、どうなるかわからないなぁと、私のほうが最初は受け身だったんです。でも、次につなげるという意味では、女子は女子の楽しみ方、男子は男子の楽しみ方があるなと。スタンディングだから、余計わかりやすく感じたので、今後いつか男女が融合するときがくる時に、自分がどういうふうに、みんなに届けられるかなかなという課題もありますが、自分への期待を込めて、お客さんが満足してくれたという願いを込めて70点です。ちょっと高いかな・・・。」と、今後の自身の成長も含めて、“余地”を残した。

 
■織田かおりライブ・イベント出演情報■

・「織田かおりセカンドソロライブ“暁のバタフライ”」
2013年9月1日(日)
六本木morph-tokyo

・「OTOMATE PARTY 2013」
2013年6月9日(日)昼公演の出演
東京国際フォーラム ホールA
オトメイトパーティー2013 公式ホームページ(http://www.otomate.jp/event/party2013/

・梶浦由記/FictionJunction
「20th Anniversary Yuki Kajiura LIVE vol.#10 “Kaji Fes. 2013”」
2013年5月11日(土) 14時00分開場 15時00分開演
東京国際フォーラム ホールA

 
情報提供:(C) スペースクラフト・エンタテインメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

織田かおりの動画を観る

関連リンク

織田かおりオフィシャルホームページ
織田かおり オフィシャルブログ

関連商品