土岐麻子 meets Schroeder-Headz「お!も!て!な!し!」ツアーファイナル終了! | GirlsNews

土岐麻子 meets Schroeder-Headz「お!も!て!な!し!」ツアーファイナル終了!

アーティスト, レポート, 音楽
す!ば!ら!し!い! Toki Asako meets Schroeder-Headz お!も!て!な!し!より
す!ば!ら!し!い! Toki Asako meets Schroeder-Headz お!も!て!な!し!より
  • す!ば!ら!し!い! Toki Asako meets Schroeder-Headz お!も!て!な!し!より
  • す!ば!ら!し!い! Toki Asako meets Schroeder-Headz お!も!て!な!し!より
  • す!ば!ら!し!い! Toki Asako meets Schroeder-Headz お!も!て!な!し!より
  • す!ば!ら!し!い! Toki Asako meets Schroeder-Headz お!も!て!な!し!より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガー土岐麻子が、12月10日(火)ビルボードライブ東京にて、「す!ば!ら!し!い! Toki Asako meets Schroeder-Headz お!も!て!な!し!」と題された東名阪ツアーのファイナル公演を行った。

年末恒例となっている土岐のライブハウスツアーだが、今回は土岐麻子としてのライブではなく、キーボード奏者渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト「Schroeder-Headz(シュローダー・ヘッズ)」とのコラボレーションライブであり、“土岐麻子 meets Schroeder-Headz”名義によるもの。

渡辺シュンスケは、数多くの著名アーティストのサポートをつとめる売れっ子ミュージシャンであり、過去何度も土岐のレコーディングやライブへ参加している。当初 “土岐麻子 meets Schroeder-Headz” は、今年の夏のJAZZフェスティバル出演時にイベント用に組まれたコラボレーション・ユニットだったが、ライブを重ねる内に2人とも想像以上の手ごたえを感じ、今回のツアーを実施するに至った。

土岐は「今日は土岐麻子のライブでもなく、Schroeder-Headzのライブでもありません。“土岐麻子 meets Schroeder-Headz” として普段出来ないことをやってみたいと思います。」と語り、最新アルバム「HEARTBREAKIN’」からの楽曲を中心に、Schroeder-Headzのリリースしたばかりの新曲「Sleepin’ Bird」など、それぞれのオリジナル曲を新しいアレンジのスペシャル・バージョンとして披露。

渡辺は普段サポートミュージシャンとしてシンガーを引き立てる役目に徹することが多いが、今回は土岐麻子、Schroeder-Headz(渡辺シュンスケ、ベース・須藤優、ドラムス・千住宗臣)が対等に個性をぶつけあうコンセプトの元、「声」と「楽器」が華麗に、時には過激に、JAZZYなアドリブとインタープレイを繰り広げた。

アンコールで披露した「(土岐と渡辺が)同世代ならではのカバー曲を選んでみました」と語るブレッド&バターの「ピンク・シャドウ」やスタンダードなクリスマスソング「Christmastime is Here」などのカバー曲も含め全13曲、今回だけの貴重なスペシャル・パフォーマンスで集まった観客を魅了した。

中盤から艶やかな真っ赤なチャイナドレスに身を包んだ土岐は「この歌詞にちなんで今回の衣装を用意しました」と語り、ライブを重ねる中で渡辺が作曲し、土岐が作詞した「杏仁ガール ~Far Eastern Tale~」という完成したばかりの新曲をこのツアーで初披露。80年代の日本のシティポップが大好きという2人の手による「実在するようなしないような異国の街角で、杏仁豆腐を売っている女の子に旅人が一目ぼれをする」というオリエンタル・ムードたっぷりなこの楽曲に、初めて耳にした観客からは一際大きな拍手と歓声が上がった。

東名阪ツアーとしてはこの日が最終日だったが、好評につき来年も「Toki-Headz! 真冬の夜を暖める 大人の、マッドネス!土岐麻子 meets Schroeder-Headz」と題し、土岐麻子として約5年半ぶりとなる開催地や、ワンマンライブとしては初めて訪れる場所で、全国7公演が決定している。

ツアーファイナルは、東京・キネマ倶楽部2デイズ。尚、すでにソールド・アウトの会場や、チケット残り僅かの会場もあるのでお見逃しなきよう。

土岐麻子 Vocal

 渡辺シュンスケ Piano, Cho. /須藤優 Bass, Cho. /千住宗臣 Drums

[セカンドステージ演奏曲目]

01. LINUS AND LUCY
02. Baby’s Star Jam
03. トーキョー・ドライブ
04. heartbreak
05. 僕は愛を語れない
06. Sleepin’ Bird
07. newdays
08. It Don’t Mean A Thing
09. 杏仁ガール ~Far Eastern Tale~
10. Gift ~あなたはマドンナ~

<アンコール>
11. Mr.Sandman
12. ピンク・シャドウ
13. Christmastime is Here

[ツアースケジュール]

Toki Asako meets Schroeder-Headz TOUR 2014
Toki-Headz!
真冬の夜を暖める
大人の、マッドネス!土岐麻子 meets Schroeder-Headz
心と体が動きっぱなしだ 1月の、ポップ・オルタナティブ!

2014年1月12日(日)宮城・仙台retro Back Page
2014年1月13日(月・祝)新潟・ジョイアミーア
2014年1月17日(金)兵庫・神戸cafe* Fish!
2014年1月18日(土)香川・高松SPEAK LOW
2014年1月19日(日)広島・Live Juke
2014年2月14日(金)東京・東京キネマ倶楽部
2014年2月15日(土)東京・東京キネマ倶楽部

[土岐麻子最新アルバム]

「HEARTBREAKIN’」

NOW ON SALE

[CD+DVD] RZCD-59361/B ¥3,465(税込)

[CD] RZCD-59362 ¥2,415(税込)

[オフィシャルHP] http://tokiasako.com

[Schroeder-Headz最新アルバム]

「Sleepin’ Bird」

NOW ON SALE

VITO-119 / ¥1,890

[Schroeder-Headz プロフィール]

渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト。ピアノとベース、ドラムスによるインストゥルメンタル・トリオ。その名前はアメリカのアニメ “PEANUTS”(日本名: スヌーピー) に登場するトイピアノを弾く男の子、シュローダー君に由っている。クラシック、ジャズ、ダンスミュージック、エレクトロニカなどを通過した現代の耳を持つ、リリカルな男子の脳内イメージ、そして同アニメの音楽を担当したビンス・ガラルディ・トリオへの敬愛の意も込めて。

[オフィシャルHP] http://schroeder-headz.com

情報提供:(C)avex

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

TOKI ASAKO OFFICIAL WEBSITE

関連商品

CUT_DVD For Long Tomorrow Tour 2010 02 15 / toe

/ DVD SPACE SHOWER MUSIC(2010-07-14)

定価:¥ 2,940

Languages