梶浦由記が東京・台場「Zepp DiverCity」で『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』を開催!! | GirlsNews

梶浦由記が東京・台場「Zepp DiverCity」で『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』を開催!!

アーティスト, レポート, 音楽
『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』
『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』
  • 『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』
  • 『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』
  • 『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』
  • 『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』
  • 『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』
  • 『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

9月20日に、自身初となるアジアライブ『Yuki Kajiura LIVE in Hong Kong』を成功させ、また、平成26年度前期に放送される第90作目となるNHK連続テレビ小説『花子とアン』の音楽を担当することを発表したアーチストで作曲家・梶浦由記さんのソロプロジェクト『梶浦由記/FictionJunction』が25日、26日の両日、東京・台場「Zepp DiverCity」で『Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場2days』を行った。

テレビアニメだけではなく、劇場版も大人気となっている『魔法少女まどか☆マギカ』や『Fate/Zero』、また9月28日より劇場公開が決定している『空の境界』の以前のシリーズからテーマ曲、挿入歌など21曲を披露。2日間で2,500人のファンを魅了した。

会場が暗転し、ブルーのライトがステージから放たれると、1人の歌姫のシルエットが浮かび上がる。WAKANAさんがステージ上に作られた数段の階段の上に立ち、静寂の中、ソプラノをワンフレーズを響かせた後、梶浦由記さんの奏でるメロディーでライブがスタート。『the beginning of the end』~『the battle is to the strong』(『Fate/Zero』より)、『the image theme of XenosagaⅡ』(『XenosagaⅡ』より)と、3曲続けて披露する。

冒頭のMCで梶浦由記さんは、9月20日に行われた香港でのライブと東京・台場「Zepp DiverCity」での2daysの3回が「Yuki Kajiura LIVE」として番外編であること。その3回が海のそばの“港町”という共通点から、ロゴマークが、「梶浦だけに、“カジ”つながりで、船の舵」になったと説明し、会場を和ませる。

さらに、「4ヶ月前に演った“Kaji Fes”(5月11日に東京・有楽町の東京国際フォーラム ホールAで行ったスペシャルライブイベント『20th Anniversary Yuki Kajiura LIVE vol.#10“Kaji Fes. 2013”』)で、5時間30分もやったので、今日はどんだけ演っても『短い』と言われることを覚悟してきました。通常サイズですが、いろいろ(な楽曲を)詰め込んでいこうと思ってます」と、ファンを笑わせて盛り上げる。

この後、梶浦由記さんの手から紡ぎだされたメロディーに、WAKANAさんのソプラノ、YURIKO KAIDAさんの高音から低音までカバーする音域の広い声、ロートーンのKEIKOさん、パワフルなKAORIさんの4人の歌姫たちの声が、独唱から二重唱、三重唱と厚みを増していく。また、二重唱、三重唱のパートナーが曲ごとや一曲の中でもめまぐるしく入れ代わり、さまざまな“音色”を奏でていく。そして、四重唱でのダイナミックにして厚みのあるハーモニーが圧倒的な迫力で響き、ファンを魅了。

ライブ後半には、『デュラン召還』~『目覚め』(『舞-HiME』より)、『stone cold』(『セイクリッドセブン』より)で、1階席、2階席のファンが総立ち。掛け声とともに、拳を突き上げる。梶浦由記さんも、鍵盤から手を放し、会場を見渡しながら、右手、左手、両手、両手と突き上げる振りで、さらにファンを煽っていく。歌姫4人もステージいっぱいいっぱいまで出てきて、何度も拳を突き上げるポーズをするなど、ステージと会場が一体となって、盛り上がりも最高点に達した。

アンコールのMCで、梶浦由記さんから、2014年2月8日、9日に『FictionJunction YUUKA』の2daysがあり、「2日間かけて全曲」を披露することや2月22日から4月20日まで全国8ヶ所を回るライブツアー『Yuki Kajiura LIVE vol.#11』が行われることが発表された。

さらに、サプライズとして、ライブツアーにフルートの赤木りえさんが参加すること、ツアー前には待望の『FictionJunction』の2ndアルバムを発売されることなどが発表された。

【出演者】
梶浦由記/FictionJunction
Vocal:KAORI、KEIKO、WAKANA、YURIKO KAIDA
Guitar:是永巧一、Drums:佐藤強一、Bass:高橋“Jr.”知治
Violin:今野均、Manipulator:大平佳男

【「Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場 2days」Set List 2013.9.25(wed) / @DiverCity】
M-01.『the beginning of the end』(『Fate/Zero』より)
M-02.『the battle is to the strong』(『Fate/Zero』より)
M-03.『the image theme of XenosagaⅡ』(『XenosagaⅡ』より)
—MC—
M-04.『vanity』(『FICTION』より)
M-05.『liminality』(『.hack//Liminality』より)
M-06.『in the land of twilight,under the moon』(『.hack//SIGN』より)
M-07.『花守の丘』(『真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝』より)
M-08.『Parallel Hearts』(『PandoraHearts』より)
M-09.『salva nos』(『NOIR』より)
—MC—
M-10.『in the garden of sinners~from paradigm』(『空の境界』より)
M-11.『Distance』(『機動戦士ガンダムSEED HDリマスター』より)
M-12.『時の向こう 幻の空』(『おおかみかくし』より)
—MC—
M-13.『Credens justitiam』(『魔法少女まどか☆マギカ』より)
M-14.『Luminous Sword』(『ソードアート・オンライン』より)
M-15.『デュラン召還』(『舞-HiME』より)
M-16.『目覚め』(『舞-HiME』より)
M-17.『stone cold』(『セイクリッドセブン』より)
—MC—
M-18.『maybe tomorrow』(『Xenosaga III』より)
—Encore—
EC-01.『the world』(『アクエリアンエイジ』より)
EC-02.『zodiacal sign』(『.hack//SIGN』より)
—MC—
EC-03.『ユメノツバサ』(『ツバサ・クロニクル』より)

【「Yuki Kajiura LIVE 番外編 in 台場 2days」Set List 2013.9.26(thu) / @DiverCity】
M-01.『the beginning of the end~』(『Fate/Zero』より)
M-02.『the battle is to the strong』(『Fate/Zero』より)
M-03.『the image theme of XenosagaⅡ』(『XenosagaⅡ』より)
—MC—
M-04.『my long forgotten cloistered sleep』(『XenosagaⅡ』より)
M-05.『I swear』(『FICTIONⅡ』より)
M-06.『everytime you kissed me』(『PandoraHearts』より)
M-07.『I reach for the sun』(『エル・カザド』より)
—MC—
M-08.『Distance』(『機動戦士ガンダムSEED HDリマスター』より)
M-09.『eternal blue』(『戦律のストラタス』より)
M-10.『時の向こう 幻の空』(『おおかみかくし』より)
M-11.『花守の丘』(『真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝』より)
M-12.『in the garden of sinners~from paradigm』(『空の境界』より)
—MC—
M-13.『Credens justitiam』(『魔法少女まどか☆マギカ』より)
M-14.『Luminous Sword』(『ソードアート・オンライン』より)
M-15.『デュラン召還』(『舞-HiME』より)
M-16.『目覚め』(『舞-HiME』より)
M-17.『stone cold』(『セイクリッドセブン』より)
—MC—
M-18.『maybe tomorrow』(『Xenosaga III』より)
—Encore—
EC-01.『the world』(『アクエリアンエイジ』より)
EC-02.『zodiacal sign』(『.hack//SIGN』より)
—MC—
EC-03.『heigen』(『FICTIONⅡ』より)
EC-04.『ユメノツバサ』(『ツバサ・クロニクル』より

情報提供:(C)スペースクラフト・エンタテインメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

梶浦由記 公式サイト

関連商品

Yuki Kajiura LIVE vol.#11 elemental Tour 2014.4.20@NHK Hall + Making of elemental Tour 2014 [Blu-ray] / 梶浦由記/FictionJunction

/ Blu-ray フライングドッグ(2014-09-24)

定価:¥ 7,020

Languages