人気モデル 菅野結以がウルウル涙しちゃう映画とは? | GirlsNews

人気モデル 菅野結以がウルウル涙しちゃう映画とは?

モデル, 映画・ドラマ
映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • 映画『大統領の執事の涙』涙活試写会イベントより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

1月30日、リー・ダニエル監督の最新作 映画『大統領の執事の涙』の公開を記念し涙活試写会イベントが都内で行われ、モデルの菅野結以(かんの ゆい)さんが登場した。

本作は2013年公開作品としては初の全米興行収入3週連続1位の快挙を挙げた大ヒット作。ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた、1人の黒人執事の“知られざる”人生を巡る物語。あのオバマ大統領が「目に涙があふれた…」とコメントするほど、思わず熱い涙がこぼれてしまう泣ける映画である。

今回のイベントではコラボ企画が行われ、“泣ける映画”ということで今もっとも注目の1ヵ月で2,3分だけでも泣いてデトックスをしようという“涙活”が行われ、“涙ソムリエ”の嵯峨崇司さんと“なみだ先生”こと感涙療法士の吉田英史さんが映画で涙した観客からさらに涙を搾り取る話を披露した。

映画で感動したシーンについて菅野結以さんは「やっぱり、あそこですよね!ルイス(主人公セシルの長男)が公演をしていて、そこにセシルが通りかかって、ずっと違う方向を見続ける人生だった二人がすごい長い年月をかけてやっと向き合えたっていう瞬間が…ちょっと思い出しただけでしゃべりながらウルウルしちゃうくらい、やばかったです。心の中で拍手しました!」と語った。

感涙療法士の吉田英史さんから“涙活”についての説明が行われ「泣くということは睡眠や運動よりストレス解消に効果的で、一粒涙を流すだけで1週間ストレス解消が続くと言われています。」と説明されると菅野結以さんは「確かに泣くと浄化される感がありますよね。なんかもう悪いもの流したからよし頑張ろうみたいな気持ちになる感じはすごいあります。」と感心しきり!

いよいよ“涙活”が行われ、“涙ソムリエ”の嵯峨さんから泣ける勇気の出る詩ということで、昨年亡くなった黒人大統領ネルソン・マンデラ氏が獄中に投獄されていたときに支えとしていた詩が披露されると菅野結以さんは「ちょっと時間が欲しいです。自分の中で噛みしめて、ずっととっておきたい感じがします。ずっしり来ました。」と感動を口にした。

また“なみだ先生”こと感涙療法士の吉田英史さんが行った“涙セラピー”ではイベント前に観客や菅野結以さんから集められた「泣き言」が書かれた涙レターが紹介され、それぞれの涙レターに的確なアドバイスを披露した。

菅野結以さんの「泣き言」は“雨女”。「モデルなのに大事な撮影やイベントの時に、気合が入っている日に限って本当によく雨が降るんです。沖縄での撮影では行ったときに台風が直撃して、帰る日に台風もいっしょに東京の方に行くっていうことがあり“嵐を呼ぶ女”と言われています。」と雨女ぶりを披露した。

感涙療法士の吉田英史さんは「これはたたき上げの雨女ですね!そういう運命なので雨女として一生を生きていくしかないです。しかし雨女を考え方によってどう捉えるかなんです。ぜひ干ばつの地域に行ってあげてください!」とマイナスをプラスに考えるアドバイスをした。

思わぬアドバイスに菅野結以さんは「“雨モデル”ですね。雨が降って沖縄に行ったのに、ほぼホテルの中でずっと撮影で、東京でも撮影出来たんじゃないかと話になったんですけど、沖縄のそのホテルでしか撮れない表情があったかもしれないですもんね!ポジティブに捉えて行こうと思いました。あと休日は干ばつの地域に行きたいと思います。」と納得のコメントをした。

映画『大統領の執事の涙』は2月15日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画『大統領の執事の涙』公式サイト

関連商品

Languages