Bitter & Sweet、二度目の本格生バンドライブ!レゲエ、ボサノバなど新たなサウンドに挑戦 | GirlsNews

Bitter & Sweet、二度目の本格生バンドライブ!レゲエ、ボサノバなど新たなサウンドに挑戦

Bitter & Sweet
Bitter & Sweet
  • Bitter & Sweet
  • Bitter & Sweet 田﨑あさひ
  • Bitter & Sweet 田﨑あさひ
  • Bitter & Sweet 田﨑あさひ
  • Bitter & Sweet 田﨑あさひ
  • Bitter & Sweet 長谷川萌美
  • Bitter & Sweet 長谷川萌美
  • Bitter & Sweet 長谷川萌美
  • Bitter & Sweet 長谷川萌美
  • Bitter & Sweet
  • Bitter & Sweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

田﨑あさひさんと長谷川萌美さんによる二人組ガールズボーカルユニット・Bitter & Sweetがライブ『Twinkle Show』を28日、原宿La Donnaにて開催した。昨年12月以来となるこのスペシャルライブは、彼女らの通常の公演とは異なり生バンドをバックに、ひと味違うBitter & Sweetサウンドで魅せるライブ。「バンドのミュージシャンの方に『こういうサウンドで歌いたい』とわがままを言ってアレンジしてもらい」(長谷川)、レゲエ、ボサノバなど、これまでの彼女たちにはない曲調も含め聴かせた。

アコースティックサウンドにアレンジされた2ndシングル『誰にもナイショ』から軽快にスタートしたこの日のライブ。今回はカバー曲なし、“オリジナル曲だけでサウンドを変えて歌おう”というコンセプトで行われた。

1stミニアルバム『#ビタスイ』収録曲の『オレンジライン』はレゲエ・アレンジに。長谷川さんは「レゲエは最近よく聴くようになったので、こういうアレンジになって素敵だなと思いました」と嬉しそうに語った。同じく1stミニアルバム曲の『バイバイメトロ』はオリエンタル調サウンドで生まれ変わるなど、それぞれがオリジナル音源とは全く違う魅力を放ち、二人もその新しいサウンドに実に楽しそうな表情でチャレンジしていた。

『泣いて泣いて恋してる』では、通常ボーカルのみの長谷川さんがギターを弾きながら熱唱。終盤は『Rolling Days』『DREAM GIRL』の“盛り上げ鉄板曲”で元気いっぱいに締めくくった。そしてアンコールの『ハレルヤ』まで全13曲を歌い、一部内容が違う昼夜公演合わせて、Bitter & Sweetとしてのオリジナル曲は全曲披露、満足そうな二人だった。

なおBitter & Sweetは、LoVendoЯの岡田万里奈さん、魚住有希さん、宮澤茉凛さんとコラボしたツアー『ラベビタEXツアー 2016春』を3月5日(日)の神奈川・F.A.D YOKOHAMA公演からスタートさせる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

“BITTER SWEET MUSIC BIZ” LIVE IN BUDOKAN 2002 [DVD] / ポルノグラフィティ

/ DVD ソニー・ミュージックレコーズ(2003-03-26)

定価:¥ 5,400

Languages