足立梨花 紅白歌合戦に「アメ女として出れたらすごく幸せ!」 | GirlsNews

足立梨花 紅白歌合戦に「アメ女として出れたらすごく幸せ!」

写真集, 女優
足立梨花
足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • 足立梨花
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

6月29日、女優の足立梨花さんの4冊目の写真集「ADAJIRING」(ワニブックス)の発売を記念し、福家書店新宿サブナード店で握手会が行われた。

今回の写真集は4月に湘南で撮影が行われ、「美尻」を大フィーチャーされビーチでお風呂で・・・といろんな場所で魅せるキュートな笑顔とヒップを堪能することができる。

撮影中の思い出として足立梨花さんは「シラスをいっぱい食べれたのがすごい嬉しかったです。その中でシラス茶漬けって言うのを食べたんですよ。想像した通りのシラス茶漬けがすごく美味しくてそれも楽しかったなと思ったし、二十歳になって初めての写真集なので、スタッフさんと一緒にお酒(梅酒のソーダ割り)が飲めたのも一つの思い出になりました。」とニッコリ。

タイトルの「ADAJIRING(アダージリング)」の意味について「最後が“ING”になってるので、現在進行形ということで、足立梨花自身もそうだし、お尻もまだまだ成長中ですよと、そういう意味が込められているタイトルになってます。これから私はこの写真集の通りにお尻ももっともっと成長していけたらなと思いました。」と語る。

お気に入りのカットについて「最初に見て欲しいものがあって、写真集を開いて1ページ目の写真は実はお尻に人形がくっ付いてるんですね。しかも人形の手を伸ばした先がちょうど私のお尻にあるホクロのところに手を伸ばしてるんです。ホクロを取りに行くんじゃないかという写真がお気に入りなんですけど、これだと顔が写っていないので、(もう1つのページを見せて)私の中では定番になりつつある、バックショットというか振り向きのショットがあるんですけど、これは光もすごく良い感じになっていて、私の大好きなカットでもあります。今回の写真集はポップに撮ってもらって、最初の方はファッション誌っぽくオシャレに撮ってもらった部分もあるので、そういうところも見どころです。」とアピールしていた。

定番の点数を付けたらの質問には「4冊の中で始めていろいろと写真を選ばせてもらった部分があるので100点以上の120点満点です。自信作です!」と大満足。

七夕の願い事について質問されると「毎年毎年言ってるんですけど、もうちょっと胸が成長して欲しいです。今回の写真集を見て思ったんですけど自分胸無いなぁと思ったので、ちょっとこのお尻という素敵なものをいただいたので、ちょっとずつ胸の方も素敵になってくれたら嬉しいなと思います。」と語っていた。

そして、現在放送中のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の現場の雰囲気について質問されると足立梨花さんは「最初の頃はGMT側とアメ女側に結構分かれてた感じなんですよ。固まって話すのもその2チームに分かれてたみたいな感じなんですけど、一ヶ月くらい経ってくるとGMTのみんなとも話すようになってきて、実際の学校みたいな感じでワイワイと話しをさせていただいたり、楽屋で後輩の優希美青ちゃんの自己紹介の“ずんだずんだ”の合いの手をうちらが入れてやるということもしてたりして楽しいです。」とコメント。

また、足立梨花さんはアメ横女学園のセンターを務めることについて「私でいいのかなと最初は思ったんですよ。実際、撮影の時にセリフでアキちゃん(能年玲奈)に“めんこい 顔ちっちゃい 脚長い”って言われるんですけど、そっくりそのまま言葉を返したいくらいアキちゃん(能年玲奈)も顔ちっちゃいし、可愛いしと思ってて、私で大丈夫なのかなと不安な部分も多かったんですけど、実際放送されて観てくださった方が“意外とセンターぽい”って言われたのですごい嬉しかったですね。今は自身を持ってセンターをやらせてもらってます。」と語っていた。

能年玲奈さんの印象について質問されると「結構静かな人見知りする方と聞いていたので、どんな方なんだろうと思っていたんですけど、撮影が進むにつれて喋れるようになってきて、(楽屋で)“ずんだずんだ”みたいな感じで遊んでいる時もアキちゃん(能年玲奈)ノリノリでやってて、ちょっと打ち解けられた感があって嬉しかったですね。ドラマではバチバチしてるのですがドラマとは違って実際ではちょっとずつ仲良くなれてて嬉しいなと思いました。」と明かす。

CD出してみたいとか歌番組に出てみたいか質問されると「1回は挑戦してみたいなと思うんですけど、実際に1曲歌うだけでもすごく大変で、もしもそういうチャンスがあるんだったら、もっと練習してその場に臨みたいなと思います。」と、歌手として実際にCDデビューすることについても興味がある様子。

NHKと言えば年末の紅白歌合戦だが、足立梨花さんは「アメ女として出れたらすごく幸せだなと思うので、オファーをお待ちしております!」と笑顔でアピールしていた。

足立梨花さんの4冊目の写真集「ADAJIRING」はワニブックスより大好評発売中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

足立梨花オフィシャルブログ

関連商品