SUPER☆GiRLS 日本青年館メモリアル公演で1年前のリベンジ達成 | GirlsNews

SUPER☆GiRLS 日本青年館メモリアル公演で1年前のリベンジ達成

SUPER☆GiRLS
SUPER☆GiRLS
  • SUPER☆GiRLS
  • SUPER☆GiRLS 秋田恵里
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

2月5日(日)、SUPER☆GiRLSが日本青年館にてワンマンライブを開催。約2600人のファンが駆け付けた。

今回の公演は昨年1月に集客不足のため公演中止となった「SUPER☆GiRLS ファーストコンサート ~超絶少女が止まンないっ!~」日本青年館公演(2011年1月9日)のリベンジ公演。

「SUPER☆GiRLS ファーストコンサート ~超絶少女が止まンないっ!~」は、2010年年末~2011年年明けにかけて行われたSUPER☆GiRLSのコンサートだったが、「SHIBUYA-AX(2010年12月21日)」「なんばHatch(2010年12月23日)」「日本青年館(2011年1月9日)」の3会場で実施を予定するも、集客不足のため「SHIBUYA-AX」を除く2会場が中止となっていた。

当時は約500名の申し込みであった日本青年館がこの1年でなんと9倍の4,500枚の申し込みとなり、一般発売開始から1分で即完となった。

メンバーは、「1年前は予定人数に達せず、公演中止になって悔しかったけど、こうやってリベンジが果たせて幸せ」とコメント。アンコール含む計17曲のパフォーマンスを行った。

ライブの冒頭に、リーダーの八坂沙織が「日本青年館の皆さん、盛り上がってますか~!」と発すると詰め掛けた超満員の観客からは大声援が沸き起こった。

ライブ中のMCでは、日本青年館でライブを行える喜びを八坂沙織が「スパガのライブも汐留AXから始まって、新宿BLAZE、日本青年館と会場がどんどん大きくなってきました。こんな素敵な場所でライブが出来て本当に嬉しいです。」、志村理佳が「初めのa-nationの握手会の時はお客さんが5人でしたが、今ではこんなにたくさんの方に支えられて本当に嬉しいです。」と答えた。

昨年の日本レコード大賞新人賞受賞に対して渡邉ひかるは「結成してからの目標が日本レコード大賞だったので、受賞できるか本当に不安だったので本当に嬉しいです。皆さんありがとうございました」と答えた。

また、本公演は、メンバー秋田恵里の卒業公演となり、秋田恵理を送り出すファン発信の演出も行われた。

秋田恵里を送り出すサプライズ演出として、当日の昼間から会場の外に寄せ書き用の垂れ幕が設置され、ダブルアンコールの時に2階席から垂れ幕が広げられた。

さらに、運営サイドにファンから「秋田恵里さんのイメージカラーである緑色を、コンサートのアンコールのタイミングで一斉点灯をして、ファンから卒業してゆく秋田さんへの恩返しの意味も含めて行いたいと思っております。」という問い合わせが入ったことから実施が決定したファン企画提案の「サイリウムお見送り企画」が行われた。

まさに「みんなが育てるアイドル」をテーマに掲げているSUPER☆GiRLSらしい卒業公演となった。

秋田本人は「メンバーと過ごして来た日々の中で、人の絆の大切さを実感した。将来は、人に喜びを与え、笑顔を届けられる仕事をしたい。今は前しか見ていません。ファンの皆さん、メンバー、スタッフ、関係者の方々には本当に感謝しています。次の道へと笑顔で進んでいこうと思います。ファンの方からはたくさんの愛を感じています。最後まで笑顔で頑張りたい。メンバーとは卒業をしても連絡は取りあったりします。大学を卒業したらスパガの活動のように皆に笑顔や喜びを与えられる仕事をしたいです。」と前向きなコメントを残した。

当日、4月4日からスタートする動員数約1万人、3ヶ所全7公演となるSUPER☆GiRLS初となる全国ツアーの詳細が発表された。4月4日はSHIBUYA-AX(東京)、4月6日はBOTTOMLINE(名古屋)、4月7日はamHALL(大阪)、4月29日は日比谷野外音楽堂(東京)にて実施される。

取材中、今後の目標について春のツアーの成功、紅白出場、武道館でのライブなどを語ったまだまだ急成長中のスパガの活躍に注目である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SUPER☆GiRLSの動画を観る

関連リンク

SUPERGiRLS(スパガ) Official Website

関連商品